FC2ブログ

映画『アントマン&ワスプ』感想 ごちゃごちゃぬかす奴はドラえもん100億回読んで出直せ!

変換 ~ 9c6ad26518826319

映画自体は面白かったです。

職業病じゃないけども、気になっちゃ負けなんだけども。
分かっちゃいるんだよ。ファンタジーファンタジーっつって毎回自分にビンタしながら見るもんだ。

ただね。
なんかちょっとだけでもくれと。ギブミープリーズと。

アントマンだけじゃないんだろうけど、特にアントマンは顕著だから。
重さの不思議をどうにかしてくれと。あと速度とかにまつわる抵抗。

何で大きくなったら重くなって、小さくなればなるほど軽くなるん?と。
何かくれと。
スポンジ潰しても軽くはならんだろと。空き缶潰しても軽くはならんだろと。

ファンタジーでいいんです。そのファンタジーな理由くれと。簡単でいいから。くれと。

んで、こういうこと書くと、キチガイのうんこちゃんが沸いて出て「嫌なら見るな」とか「ネタにマジレス」言うてふぁびょるんだけども、違うんだけどね~。
何で疑問しただけで質問しただけでそれを否定や喧嘩と取るのか解らん。

マジで某掲示板とかで質問書いただけでボッコボコにされたからね。
「他所でオナニーやってろ」とか言われたことあるけど、思考停止イエスマンが輪になってちんこ見せ合いながらシコシコキャッキャやってんのお前らの方だからね。気持ち悪い。

閑話休題。

いや、でも気になるやんか。車とビル。めっちゃくちゃやんあの辺さぁ。
これがストレンジおじさんやったら気にならんのよ。
まあ、流石にサノス絡む規模でグチグチ言うのもアレやけどなんか一個言い訳欲しいねん。
いやいやもう魔法かな。うん、魔法か。魔法だね。せやね。オレが悪かった。

でも、ラボを圧縮してキャリーケースみたいにころころすんの思わず「出来るか!」って笑いながら突っ込むのは許して欲しい。
ピム粒子だっけ?それ使うとただの圧縮とは違うんやろね。重さとかも変わるよと。ラボ内の装置とか物とかもええ感じになるからキャリーケース振り回しても動いたり壊れたりせんよと。
車も圧縮してもええ感じにスピード変わらんし、スーツ着たアントマンとかもアリに乗ったり出来るくらい軽くなるけど、人に体当たりする時にはええ感じに重くなるよと。

兎に角ええ感じにコントロール可能な装置やねん!と。
ドラえもん100億回読め!と。

そんな映画でした。

あと、初代ワスプな嫁さんの界隈も、口あんぐりなったけど、映画それ自体は面白かったし楽しめましたよ。
主人公の元嫁の現旦那のあの感じも最高。スタン・リーのセリフにも爆笑。


ただ、Cパートのアリ、絶対いらんと思う。くどい。




・アントマン&ワスプ|ブルーレイ・DVD・デジタル配信|マーベル公式|Marvel
https://marvel.disney.co.jp/movie/antman-wasp/home.html
・アントマン&ワスプ - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%9E%E3%83%B3%26%E3%83%AF%E3%82%B9%E3%83%97
スポンサーサイト

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

映画『アクアマン』感想

変換 ~ 92a0861c3b658348

非常にオーソドックススタイルの映画。に見える。

『ワンダーウーマン』の時もそうだったのだが、基本的なストーリーにおける展開は、ザ・王道
ある種、古臭さすら感じるものだが、特にアクアマンと言う神話やファンタジーがゴリゴリにベースにある話なので、徹底して分かり易いキャラやストーリー、演出は必須なのだろう。

その中で唯一、序盤の悪に自業自得を突きつける場面に違和感を感じた。
原作でもそんな感じなのかも知れないが、ブラックマンタを生み出す為だけに用意された歪な揺らぎに見える。後にあれを反省して、悪でも助けるとか描写あったかなぁ。

逆に、巨大な死亡フラグの数々を全て叩き折って腕力でハッピーエンドに持っていった部分には、驚きと賞賛を送りたい。あそこまで徹底されれば何の文句も無い。
強いて言えばブラックマンタ。強いて言えば。

そして世界観も中々秀逸。
ほぼ全編が海中の話なので、息苦しさを感じる危惧は視聴前にあったのだけど、全然問題なかった。
それどころか、割と理想的な演出や表現が多く、呼吸や水圧をクリアすれば、生身の生物が縦横無尽にアクションする事において、水中の方が自由度が高くまた動きに無理が無く見えて本当に素晴らしかった。

一応、前回ステッペンウルフが攻めてきた地球規模でヤバい時になんで海中の奴ら何もしなかったの問題も、取り合えずだけど説明付くので、その辺もまあまあ巧い逃げだと思う。

つーかドルフ・ラングレン出とったんかい。マジで全然解らんかった。




・映画『アクアマン』オフィシャルサイト
http://wwws.warnerbros.co.jp/aquaman/
・アクアマン (映画) - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%AF%E3%82%A2%E3%83%9E%E3%83%B3_(%E6%98%A0%E7%94%BB)

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

YouTube配信動画『【閲覧注意】生放送中に心霊現象。ガチ物【信じられない生放送2】』感想

変換 ~ maxresdefault

まあまあ。と思う。

最近たまたま、ようつべのCMで『隙間男』知って、はじめちゃしょーの映画より100倍はおもろそうやったんで、見てえと思ってぐぐったら、なんやごちゃごちゃいっぱい出てきて、まとめとか読んでなんか面倒臭くなっちゃった。

ようつべの配信動画は隙間男2まで出てて、そんで1の内容を映画化ってことでおkなのか、2の続きが映画化なのかよく分からん。
動画もいっぱいあってナンバリングされてねーし、1話っぽいの見たけど、信じられないほどクソしょぼかったんやけどこれ?じゃあ見んでええわ。いや話自体はおもろそーやねんけどなー。

で、ごく最近この隙間男を配信してるチャンネルの「劇団スカッシュ」がホントに先日(2019/01/12 にライブ配信)やってた生放送(らしい)がかなり怖くて面白いらしく知人の人妻Gカップが「見たっしょ?見たっしょ?」と大はしゃぎでデカパイをぐいぐいやってくるので、フロントホック外して両乳首ねじってやりましたわ。あぎぃ言うてね。
奴が言うには『怖すぎ』シリーズ好きならマジハマるとの事。

まあ無料ですので、とりま見ますわな。と言う訳で感想です。


=以下、ネタバレです。=

つべのこの界隈はよう知らんし、またこういったドラマ形式の動画も全く見ないので、う~ん、評価は難しいね。
ただ一応、劇団スカッシュと言うチームは、少なくともプロ(最悪セミプロ)の方々だと思うので、とりあえず素人さんの仕事と言う認識は外してます。


まあ、下手やなと。

勿論嫌いじゃないんやけど、これアレやんな。ガチで怖すぎ意識してんちゃうん?もうゴリゴリに。
特に、カップルが突然訳分からんなる感じとか、ラストのフリップ天丼の乱暴さとか。ギリでギャグを外してる感じの意識した下手感みたいな。
怖すぎ知らんとは言わせん。
いやでもこれはモキュメンタリーホラーの基本メソッドっちゃあそうか。

例えば、これがホンマに生やったら、結構凄い動画。間違いなく違うけど。
ガチ生やったら、特に後部座席のガラスに映り込む顔とか、中々難しいと思うし。いや大変ですよ。絶対無理って訳じゃないけど、いや難しいよ30分一本撮り。
ガチ生やったら凄い。

で、そんな訳無いから、つまりは録画作品で、至って普通の動画っちゅうことになる。
こうなると「生やったら凄い」が1ミリも凄くないどころか、逆にチープに見えてくるからちょっと問題っつーか、もっと生配信っぽく見えるギミックを入れるべきやった。

例えば、一番重要なのが、コメント。視聴者からのコメね。

これねー、生配信されてるからコメント来る訳ですよ。そのコメの印象強いやつを選んで何個か読むべきやったわ動画内で。
要するにアテレコすれば良かったんよ。編集で誰もしゃべってない時間を何秒か入れといて、そこに生配信中書き込まれたコメントをアテレコで生入れするとか出来た筈。
出来たら臨場感全然違うと思うんよね。

あたかもコメ拾ったようなセリフ何個かあったけど、クソつまらん予想コメでしか無いんよね。その辺が雑やった。

演技はまあ、別に普通。こんなん一々低評価するんは違う。ドラマや。
ここにギャースカ抜かす奴は何を見てんねんっちゅう話。
若干わざとらしさが強いけど、まあでも巧い方ですよ。最後のお兄ちゃんはド下手やったけども。

で、個人的に、これはクソ違うんか?と思ったのが、のっぺらぼう。

しつこ過ぎ。


多分、トータルで考えて、ああするのが一番やと、そーゆー演出やとは思うんやけども、いやでもしつこない?
恐らくは劇団スカッシュの動画は、むしろ子供向けなんやろうと思う。

でも、しつこいw
フリップは1回で良かったと思うよ。

脚本はあんなもんだと思います。




テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

TVアニメ『されど罪人は竜と踊る』感想 う~ん…駄作!

変換 ~ 116697

誰得だよなぁ。

わっち原作未読。

だからこそ逆にすげぇ楽しみにしてたんだけども、前評判通りの内容となってて、至極残念。
まあそれでも、私のように「じゃあやっぱ原作読むしかねぇな」となる輩も少なからずいるとは思うので、アニメ化自体に損はないんやろね。


=以下、ネタバレです。=

このアニメを見て、僅かでも面白いと興味を持つ視聴者はいるのだろうし、それは簡単に言えば好みだ。
そしてそれをもって評価「好きだし100点」とするのも一括りにレビューと言える。

しかしそれでも、このアニメが「出来がいい」と評する人は、いねぇんじゃねぇかな
それ位、基本、全方位でのクオリティが低い。あ、声優だけ最高。

全部だ。全部悪い。
それも最悪じゃなくて頑張ってるように見えなくも無いから、客側としては特に性質が悪い。こっちはもしかしたらとワンチャンを期待する訳だ。どっかでブースト来るかもよと。
なにせあの『され竜』なのだ。

で、結局なんんんんも無いって言うね。

これはTVアニメ化するって時点で散々言われ尽くした事ではあるが、され竜として死んでいる。
エログロ無いどころか、肝心のあのクドさが、悉く弱い。いや原作未読の分際で何言ってんのって話だが、それくらいされ竜はメジャーである。
正直主人公2人の漫才は、ほとんどにおいて終始寒かったし、テンポやセリフ回しの下手くそが、C級なラノベ感もしくはなろう感を出していて、虫唾が走った。もしかして原作どおりだったらごめん。
例えば、あの絵日記とかエロ動画のくだり、面白くなさすぎるでしょ。なんで突っ込みを入れない?面白くない意外性もない可愛らしさもない。最悪じゃねぇか。
ああ言うのはちゃんとした漫才か、ウェットに富んだかけあいだから面白い訳じゃんよ。引くほどセンスを感じない。やればやるだけ自分を面白いと勘違いしてる学生みたいで気持ち悪い。

あと、設定過多とも言える膨大な説明で、逆に言えばそれがあって初めて成立するレベルの世界観や戦闘描写もされ竜の売りの一つなのに、そこもまた悪い。
ここはTVアニメなんだから、そしてされ竜なんだから、怒涛の解説すべきやったでしょ。あんな申し訳程度の駄目よ絶対。
作画動画がどっちかっつーと下位なんだし、その売り飛ばした結果、既存のラノベアニメと全く遜色無い、くそつまんねぇバトルシーンの出来上がりだよこの野郎。

こんなもんじゃねぇんだよされ竜のポテンシャルはよ。知らねぇけどよ知ってんだ。

ギャグ回はね、良かったよ。あそこだけだなー正直。
あの人数で数取りゲームしてるのも面白かったし、っつーかあの上を100下をゼロとしてってやつ。何?2話のやつ。
下に手を置くほど叩かれる威力が増すってこと?にしては上に持ってったのに「引っかかった」みたいに言ってるし、謎。マジで分からん。

で、どうでもいいけどOPが「隣に豚汁」って聞こえてしょうがなくて毎回なんでだろう?とか思ってたんやが。


こっちはハッキリと聞こえるなぁ。「感じる」ですね。あとおで母音違うんやけど、何故だ。




・TVアニメ「されど罪人は竜と踊る」公式サイト|TBSテレビ
http://www.tbs.co.jp/anime/sareryu/

・されど罪人は竜と踊る - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%95%E3%82%8C%E3%81%A9%E7%BD%AA%E4%BA%BA%E3%81%AF%E7%AB%9C%E3%81%A8%E8%B8%8A%E3%82%8B
・されど罪人は竜と踊る Dances with the Dragons - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%95%E3%82%8C%E3%81%A9%E7%BD%AA%E4%BA%BA%E3%81%AF%E7%AB%9C%E3%81%A8%E8%B8%8A%E3%82%8B_Dances_with_the_Dragons

テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

TVアニメ『ゴールデンカムイ』感想 一番見たい部分がカットされのん

変換 ~ main_img3

覇権は無理だったとして面白い。

ぶっちゃけアニメ見てから原作漫画読んだ派。人気なのは無論知ってた。
故に結構ゴリゴリにカットされてる部分があって驚いた

つまりこのアニメは制作として、かなり優れた作品であると解る。

私が漫画の方を先に読んでいれば、間違いなく和製ボニー&クライドがどうなるのかワクテカで全裸待機だっただろう。
もしかしたらそれをもってこのアニメを「駄作」と評していても可笑しくない。それくらい好みのキャラクターである。

クソビッチとか悪女とか大好物の極みで、雷お新が活躍する、もりもと崇氏の『鳴渡雷神於新全伝』は何時アニメ化するのだろうと思っている。するわけ無い。
もりもと崇氏の新作まだかなぁ。


=以下、ネタバレです。=

いまいち作画に優れないこの作品で、それでも最後まで26話全て面白く視聴出来たのは、牽引力としての脚本だろう。
これは後追いで原作を読んだことで更にそう思ったのだが、大幅にカットされている(しかも主人公杉元にとって中々重要度の高い部分もある)のにも関わらず話の繋がりとしての無理が感じられない。
ひとえに巧い。
要は26話までの一連をどうしても描きたかったから、主軸を揺るがさない範囲で選び、丸々カットした。英断とも言える。

ただ、原作を読んだ今となっては、OVA(ODA)でいいからやってくんねぇかなと。⇒やってた。続けてくんねぇかなと。

あとは、演出と声優の演技だが。

アシリパさんが何か思ってたのと違ったけどすぐ馴れた。ちんぽ先生でどうしても笑ってしまう。

演出はスタッフとか原作とかなんやかんやのどっかしらで被ってるのか、特にギャグシーンで『宇宙兄弟』を思い出した。空気感が似てる。
顔芸はこちらが上(アニメではもっと頑張って欲しかった)だが、他はちょっと寒い箇所があった。あれ酔っ払ってるって設定だったかな。だったらいいか。

そんくらい。

何度も言うが原作を読んだ今となっては、原作の方が格段に上だけど、見て損は無い。十分面白いアニメ。




・TVアニメ「ゴールデンカムイ」公式サイト
http://www.kamuy-anime.com/
・ゴールデンカムイ - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B4%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%87%E3%83%B3%E3%82%AB%E3%83%A0%E3%82%A4

続きを読む

テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

プロフィール

ねーやん

Author:ねーやん
さーせん。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
リンク