fc2ブログ

映画『Mr.タスク』感想

変換 ~ poster2
何なんだよマジで。


=以下、ネタバレです。=

まあ、ラストがああじゃなかったとして。
仮に納得できるだけの説明があったとして、じゃあ満足出来たのかと問われれば、完全にNO。

正直キャスト以外、満足できる箇所を探すのに苦労するレベルの駄作。
B級として、個人的に最も嘆息する作りだった。

何にも無い。

しょぼい冒頭に思えたキルビルキッドが一番クオリティ高いとか、誰が想像するだろうか?

あと、演技が良く見えるのは間違いなく相対的な問題。





・Mr.タスク - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/Mr.%E3%82%BF%E3%82%B9%E3%82%AF
スポンサーサイト



テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

TVアニメ『ゴジラ シンギュラポイント』感想 本気出し過ぎやろ円城さん。。。

3ad5dfae9cd45ee0.jpg
傑作と言って差し支えない。

リアタイで見るべきだったなあ。
サジェストで「つまらない」「クソアニメ」とか出まくるから後回しにしちゃってたわー。

ゴリクソ面白かったです。

なんだろうね?
ミステリだとミリしらで鑑賞したエンタメ映画が、実は死ぬほどフーダニットだった時の驚きとか不意を突かれた感じに似てるかも。

いやーこのアニメを「つまらん」と言ってのける層ってのはSF嫌いっていう感じなのかね?信じられん。
何でなん?めっちゃおもろいやん!

んで、改めてぐぐったら褒めてる人いっぱいいたわ。感想エアプだったわ。


=以下、SF嫌いに対しての愚痴です。=

『ゴジラVSコング』の時も思ったけど、これタイトル詐欺って思われる懸念があるよね。
あっちは完全にコングが主人公だったけど、こっちはジェットジャガーが主役だもんで。

しかもやたらゴジラの登場少ないw

まあ新作ゴジラが出る度に、絶対叩かれるから仕方ないけど、自分のゴジラしか認めない尿石みたいなクソが多くいるし、ここはあるものと思うしかない。人気の裏返し。

ただ、そういう意味で本作は、SFギミックの本気度と合わせて、子供向けを期待した脳みそプリンの幼児たちにはキツいアニメだったと思う。
ましてやSF嫌いなんて奴は、白目向いて痙攣失神してても可笑しくない。

円城氏、マジで本気出し過ぎ。
勿論それでもエンタメアニメとして、めっちゃよく頑張ってたし、実はかなりそのバランスはいい。

これがハリポタとかディズニーとかのファンタジーだったら難解な言葉も呪文としてすっ飛ばすクセに、SF用語ってだけでバリアしちゃう訳だよクソが
同じだろうがよ!

まあ、いいや。

あと、ラストね。

割とこれもSF映像作品あるあるっちゃあそう。
「ん?」ってなるやつ。

正直、アニメに落とし込んだなとは思ったけど、東宝特撮だったとしてもイメージは出来る。
クドい説明セリフとか。


アニメ映画のゴジラもシンゴジもそうだったし、本作もそうだし、初代もそう。
ハリウッドが違うとは言わんけど、日本人にとってゴジラってやっぱSFなんだなー。


あと、クリフハンガーについては、様式美だと思う。
すぐ2期への匂わせとか言っちゃう奴いるけど、流石にミーム汚染まみれ過ぎじゃね?
そりゃ反響と金あれば2期アリアリだろうけどさ。





・完全新作TVアニメシリーズ「ゴジラ シンギュラポイント Godzilla Singular Point」公式サイト
https://godzilla-sp.jp/

・ゴジラ S.P <シンギュラポイント> - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B4%E3%82%B8%E3%83%A9_S.P_%EF%BC%9C%E3%82%B7%E3%83%B3%E3%82%AE%E3%83%A5%E3%83%A9%E3%83%9D%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%88%EF%BC%9E


テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

TVアニメ『歌舞伎町シャーロック』感想 う~ん。。。つまらん!

unnamed.jpg
カタルシスの薄いミステリ。
オススメは出来ない。



ハッキリ言って、落語がノイズ。
落語すれば脳みそフル活動するが、そうしなきゃ推理できないとか制約あればまだ意味もあったけどね。
面白くもねぇし、意味もねぇ。クソじゃねえか。

最悪ここが視聴者に伝われば、まだ良かったのでは。


=以下、ネタバレです。=

シナリオのバランスというか塩梅は悪くないと思う。
コメディとシリアスの緩急は、それなりに「大人向け」として機能しているように感じる。

キャラクターの配置も悪くないし、探偵たちの共闘とライバル関係性も面白い。
ほんとバランスは悪くないんだよな~。。。

ただ主人公のシャーロックに、1ミリも魅力が無いのは、もうどうしようもない。
弱点があるのは良いよ。

だけど、特に善悪に対しての矜持や線引きが曖昧過ぎるのは、見ててモヤりまくるし、スッキリせんのよ。
もう少し完全に金のため、もしくは正義以外の何かのため、とかあれば。

とは言え、見てられないアニメでは無かったのも事実。
個人的には終盤は惰性もあったものの、モリアーティで引っ張るギミックに最後まで期待したことも確か。

アイリーンの扱いが最期まで雑だったのは残念だけども、その他のキャラは、動きも及第点だと思うし、とりあえず風呂敷まとめた部分も悪くない。

まあ、総評としては「オススメ出来ない」訳だけども。





・オリジナルTVアニメ「歌舞伎町シャーロック」公式サイト
http://pipecat-kabukicho.jp/
・歌舞伎町シャーロック
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AD%8C%E8%88%9E%E4%BC%8E%E7%94%BA%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%83%AD%E3%83%83%E3%82%AF

テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

「ネタにマジレス」にマジレスについて

またコメが2件来たので(どちらも非公開コメ)、とりま、お気持ち表明しときます。
そのコメは2件とも例の名無しさんとは恐らく別の方なのですが、一応。

名無しさんも2件のコメさんも、私が「逃げた」と認識されているらしく、まあそれもどうでもいいのですが、今後のために注意しておきます。

先ず、そも件の記事確かに炎上記事に相当するネタ記事ですが、書いたのは5年以上前であり、その内容に最初に嚙みついたオカ信者のコメも記事作成から2年経過した今から3年前のものです。
単純にこの時点で、今更そんな昔の記事へのプロレスに情熱を注げませんし、再燃もしません。

ここが一番重要です。
もう一度言います。この記事に関し2度とプロレスする気はありません。

これは名無しさんにはコメ欄にて言いましたが、全く気にも留めていないようで、そこはクソめんどいなと感じました。流石です。

名無しさんが提示した私への批判に関しては、すでにコメ欄やここで反論しています。
ブロマガ自体は、正直別に読んで貰おうとも思わないし、多分名無しさんが気に入る内容ではないでしょうから、あの値段にしています。

反論に関しては置いといても、こちらがコメで最低限のヒントを出しても、自分のコメントの確認すらしていないようで、要するに言いたいことを言うだけのbotに過ぎねーんだなーと思いました。
本当にプロレスがしたいだけの人なのでしょう。

例えば、バケタンの構造についてのくだりは正にプロレスのそれで、もうそこで食傷なのです。
こちらの「あえて書かなかった」を引き出したいの見え見えというか。

これが5年前や最悪3年前なら、まだやる気はあったかも知れませんが、現在は全くありません。

念のためもう一度書きます。
プロレスに応じる気はこちらは全くありません。


あと2点、名無しさんの間違いについて反論には書いています。
それは本当に、論点をずらすことにすらなっていなく、そもそも「私はそんな話はしていない」系のものです。
マジでとことんこちらの都合一切無視でプロレスしたくて甘えて来ただけなんだろうなと戦慄しました。

と、いう訳で、本当にこれで終わります。

今後は、例の記事に対してのプロレスコメントは非表示にします。

ちゃんとした反論や記事内容への間違いの訂正など、誠意を感じるコメントに関しては通常通りに接しますので、コメント自体を禁じるものではありません。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

TVアニメ『Re:ゼロから始める異世界生活』2nd season 感想 んだこのクソボケヒモ太郎は……ええやんけ!0点!!

rz2.jpg
サブクエでパーティーのレベル上げや!!

結論から言えば、抜群に面白かった。
1期から4年後という途方もない期間を経て、ほぼほぼ全てその内容を忘れて視聴したこの2期もまた、クソ面白かった。

故に、以下は「負けました」からの感想戦に過ぎない。


=以下、ネタバレです。=

うーんベアトリスねぇ……。
私が個人的に主人公スバルの好きになれない部分は、よくあるアニメ的記号なセリフ・演出や、ラノベなろう系あるあるも含めることは確かだが、結局は「ウザ絡みしてくる奴に押し負ける」という展開にある。
てっきりスバルは、試練にてその部分などを見直して修正・克服するものと思っていたが、真逆にそれを自分の強さとして登録してしまった。

極端な話、スバルは何一つ成長していない。
根本は全く変わらず、自己肯定が鬼になっただけだ。

このリゼロという作品が、何を言わんとしているのかは全く分からない。それはいい。
しかしラノベ・なろう系が、この手の無限自己肯定一生啓発装置であることを、助長するのは如何なものかとは思う。勿論「それがいい」は分かる。

ただ、シナリオの構成がそれを物語として機能させている点は、高く評価したい。
スバルは、死ぬほどウザいくそったれのヒモ野郎だが、だからこそ上手くいくよう、面白くなるよう非常に巧みに作られている。
ベアトリスの一件で、それが完成したと言っていい。
スバルのあのヒモ能力は、なくてはならないのだ。だからこの作品は面白いのだ。

分からない人は分からないだろう。嫌いな人は嫌いなままだろう。なにせスバルは変わらない。

この辺の免罪符は、当然のように劇中で、例えばエキドナや今回のラスボスであるロズワールのセリフなどに用意されているが、残念ながら彼らは負け確定組なのだ。
正論を言う人物が負ける。
いや、負け確定の人物に正論を言わせているのが、この作品なのだ。

さて、どうやら世間では評価は真っ二つに分かれている模様。
というかノイジーマイノリティがデカ過ぎて、評価でぐぐると真っ先に「つまらない」「爆死」などがサジェストされる始末。

ただでさえ、ラノベなろう系、異世界転生系、主人公クズ系、主人公補正系。
「面白さ」だけが視聴者を納得させる要素なのだから、そこに引っかかりを覚えれば「絶対無理」になってしまうのは致し方ない。そういう物語だ。

そして、もう1つ大きな問題がある。

この手のなろう系には、これもよくよくよくある問題だが「完結しない」という部分。よくよくあり過ぎる。
このリゼロ2期は、1期から4年経過して放送されている。4年だ。普通じゃない。

そしてその間、原作は全く完結せず、アニメ1期で定められた一旦のゴールすら達成していない。
2期に至っては原作既刊38巻(2021年11月現在)の内、約15巻までを描いたもの(wikipedia調べ)で、ひとまずのゴールすらしていない38巻の半分しか到達しない2期なのだから、2クール走って物語は何も進まないまま終了を迎えた訳だ。

そりゃあ文句言われて当然である。マジで何にも進んでない。
強いて言えばサブクエによるパーティのレベル上げを見せられただけ。

この2期に無理矢理点数を付けるなら、0点だ。
そも原作からそう言った仕組みだからどうしようもないが、展開が遅過ぎるし長過ぎる、それを披露していくテンポが悪過ぎる。4年も待たすな。

ただ、面白さだけで言うなら80点。
個人的にはここは十分満足出来た。

この2期が真の評価を受けるのは、この後の展開次第である。
3期があるのかどうか、そしてそれがいつ公開されるのか。一応注目したい。




・TVアニメ『Re:ゼロから始める異世界生活』オフィシャルサイト
http://re-zero-anime.jp/tv/

・Re:ゼロから始める異世界生活 (アニメ) - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/Re:%E3%82%BC%E3%83%AD%E3%81%8B%E3%82%89%E5%A7%8B%E3%82%81%E3%82%8B%E7%95%B0%E4%B8%96%E7%95%8C%E7%94%9F%E6%B4%BB_(%E3%82%A2%E3%83%8B%E3%83%A1)


テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

プロフィール

ねーやん

Author:ねーやん
さーせん。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
リンク