THE NEXT GENERATION パトレイバー 第3章 感想

poster2 (2)

ガンアクションとおっぱい。

人気あるのかないのかよく解らん実写シリーズ第3弾。
どのシリーズから見ても大丈夫と謳う割りに3章にしてもう、前後を章で別けちゃってるし。まあ商法展開としては解らんでもないんだが。

この3章見て改めて思ったんだけど、動いてない方のレイバーってやっぱオモチャみてーな質感だね。
パトカーとかと比べるとどうしてもチャチさが目立つ。CGだとそんなでもないんだけど。

・エピソード4「野良犬たちの午後」
軍ヲタが光る内容っぽい。
監督の辻本貴則氏は第6回ガン・アクション・ムービー・コンペティションで受賞するほどのそっち系能力者ではあるらしく、ep2でもある種の拘りを見せてはいるんだけど。

これは軍ヲタ云々とは別個なんだろうな~。
いや寧ろヲタだからこその、このチープさ加減なのか、アクションもそうなんだけど、C4やライフルの特殊的な使い方諸々が、想像のっつーか中二妄想の域を出てないっぽいんだよね。
要は詳しい人が見れば失笑レベルの演出。
主役の1人である佑馬が軍ヲタで、出てくるC4やM240について造詣を披露する場面があるんだけど、それ以降の展開と対比させる為の演出としか思えない。
つまりミリタリー要素はあくまで全体像のコメディを満たす小道具の1つであって、軍ヲタや本職を唸らせる、本格をジャンルとした話じゃないんだな、と。
いや、知らんけど。

話としてはかなり好き。
好きだけど、突っ込み所満載。
テロリストがコンビニに立て篭もるっつー話なんだけど、そも警察に見つかったっぽいからって立て篭もる必要性ゼロじゃんよ。とっとと逃げりゃいい、じゃなくても指名手配犯なのに。訳が解らない。
絶対あのコンビニでなくてはならない理由が欲しい。

上記したけどアクションも、1つ1つは面白いと言えるけど、やっぱ必然性に乏しいんだよなー。突入すんの1人だし。
格闘だってやる必要無い。カーシャがライフル以外に銃を装備していれば済む。何で?確かに特殊部隊じゃないけど、AK用意出来るんなら他も揃えられるだろし。
何故そうであるのかの説明1個も無い。

勿論、タイトルからもお察しの何かしらオマージュは散りばめられている模様なので、全部そうなのかも知れないが。

・エピソード5「大怪獣現わる 前編」
ゲストにして主役の松本圭未氏がやたら身体を張ってて(セミヌード)もうちっと若かったらなーという感想は野暮として、なんか良かった。
真野恵里菜や太田莉菜に乳見せろやとまでは言わないが、お色気を一手に引き受ける役が大御所ってのも、何かこう、これも演出?なんかのオマージュなのか。解らない。

後編見てじゃないと感想は纏まらないので、今回は、やっぱもうちっと若くておっぱいぼいんな主役が良かったと思いました。いや松本圭未さん悪くないすよ?




・THE NEXT GENERATION パトレイバー
http://patlabor-nextgeneration.com/
・THE NEXT GENERATION -パトレイバー- - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/THE_NEXT_GENERATION_-%E3%83%91%E3%83%88%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%83%90%E3%83%BC-
スポンサーサイト

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

THE NEXT GENERATION パトレイバー 第2章 感想

poster2_201408221534477a3.jpg

エピソード3大嫌い。

どの章から見ても大丈夫シリーズ第2弾。
本作はオッサン向けと若い子向けに、対極された話が内容されている特徴的な章である。

・エピソード2「98式再起動せよ」
今更なんだけど、これオッサン向けのシリーズだね。
パロディ元知らん子が見るとも思えないけど、解らなくても味付け程度なのでまあ問題ないのか。

・エピソード3「鉄拳アキラ」
この話だけ、あからさまに若い子向けにシフトしてる。
全然押井監督っぽくねぇなーと思ってたら、押井監督じゃなかった。⇒湯浅弘章監督。
まあEP0もEP2も押井氏じゃないんだけど。

シリーズ中でも特に好き嫌い別れそうな内容。
出演陣がそれぞれ思想を語るんだけど、それだけならまだ楽しめたと思う。
んだけども、竹中演じる”強い親父”がこれでもかと終始自論を展開するストーリーなので、若干辟易する。

私は嫌い。

主人公のアキラの方から親父に突っかかっていく構図ではあるんだけど、それは語りたいオッサン(監督云々)がそういった構成にしたからそうであるだけで、ほんとめんどくさい。
ポスターのキャッチも”若さゆえの~”って逆だから。”オッサンの”だろうがよ。
結果アキラが何か成長する訳でもなく、ただ犬に噛まれただけで終わる所も、果たしてパトレイバーアイコンを使ってまで撮る必要があったのか疑問すら感じる。

パトレイバーや押井関連に特に詳しい訳でも何でもないので、実は重要な話なのかも知れないが。




・THE NEXT GENERATION パトレイバー
http://patlabor-nextgeneration.com/
・THE NEXT GENERATION -パトレイバー- - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/THE_NEXT_GENERATION_-%E3%83%91%E3%83%88%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%83%90%E3%83%BC-

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

戦慄怪奇ファイル コワすぎ!劇場版・序章【真説・四谷怪談 お岩の呪い】 感想

n_628pwad3560rpl.jpg

ちょっと卑怯な領域。

「市川お前またちょっと雰囲気変わったな」
久々に会った市川貧乳に工藤Dが突っ込む。

市川貧乳の変遷
WS000071_2014083014431194b.jpgWS000087.jpg
WS000088.jpgWS000062b.jpg
1⇒2
3⇒4
WS000093_20140830144340335.jpg
おっぱいちょっと盛ってる?

WS000090_20140830144316c86.jpg
前回のDVDを見るの図。
あのラストを真剣にwww
あかんwwこれはあかんでwwずるいwww

直後に霊能姉ちゃん出てきてどっかん、矢継ぎ早に投稿動画でどっかん。
これもずるいわーw

WS000091_2014083014433933d.jpg
REPLAYでズームすんねんけど、今回こういう卑怯なカット多いんかな?
WS000092_20140830144339536.jpg
過去最高かも知れん。


で、その後もフルスロットルでいつもの展開なんだけど。
出来ればFILE-01位のフェイクドキュメンタルな要素に戻って欲しかったけど、もう突っ走るんですねw
劇場版もすげぇ楽しみ。






・戦慄怪奇ファイル コワすぎ!劇場版・序章【真説・四谷怪談 お岩の呪い】 - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%88%A6%E6%85%84%E6%80%AA%E5%A5%87%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB_%E3%82%B3%E3%83%AF%E3%81%99%E3%81%8E!%E5%8A%87%E5%A0%B4%E7%89%88%E3%83%BB%E5%BA%8F%E7%AB%A0%E3%80%90%E7%9C%9F%E8%AA%AC%E3%83%BB%E5%9B%9B%E8%B0%B7%E6%80%AA%E8%AB%87_%E3%81%8A%E5%B2%A9%E3%81%AE%E5%91%AA%E3%81%84%E3%80%91

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

戦慄怪奇ファイル コワすぎ!FILE-04【真相!トイレの花子さん】 感想

n_628pwad3170rpl.jpg

あーあ。あーーーーあw

これ、あの、あれです。
もう、ドキュメントタッチで貫けば良かったんです。

インタビューなら耐えられたのに、なんでドラマにしちゃうかなー。
好きな人は好きなんだろうけど。
いや、面白いには面白いコントだけども。

設定もスペオペ並みにぶっとんでて最早ホラーじゃねぇしw
霊能者姉ちゃんの能力凄過ぎだろ。美人でおっぱいもデカイし。攻撃特化の防御紙だったけど。
移動シーンの連続はだるく、花もしつこい。の割りに首飾り出ないしビンタも無い。
タイトルに「真相」とあるけど、別に花子さんの真相が判明する訳でもない。
うんこスィーツたちの真相ってことだろうか。。。。冒頭の要らないカット(投稿映像前半のクソだべり)はそれを示唆??

ただ、今回のオチは良かった。
シンプルイズベスト。




・戦慄怪奇ファイル コワすぎ!FILE-04【真相!トイレの花子さん】 - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%88%A6%E6%85%84%E6%80%AA%E5%A5%87%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB_%E3%82%B3%E3%83%AF%E3%81%99%E3%81%8E!FILE-04%E3%80%90%E7%9C%9F%E7%9B%B8!%E3%83%88%E3%82%A4%E3%83%AC%E3%81%AE%E8%8A%B1%E5%AD%90%E3%81%95%E3%82%93%E3%80%91

続きを読む

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

戦慄怪奇ファイル コワすぎ!FILE-03【人喰い河童伝説】 感想

n_628pwad3150rpl.jpg

より一層ストーリーがベタに面倒臭くw

危険だと解っている沼でジモティーが釣り中、河童に遭遇。
その動画を提供したカップルと共に現場へ赴く市川貧乳。
自主退院した工藤Dも加わり、河童捕獲作戦は動き出すのだが・・・。

もうね。
彼岸島並みに、ホラーをテーマにしたコメディになりつつあるw

あざとさも、何かわざとらしく雑。
喰い散らかされた何かの肉の周りにキュウリあったり。
それに近辺の農家のオッサンの舞台演技。何か急に役者出てこられると違和感ある。味なんだろうけども。
工藤Dも松葉杖使わず普通に歩くしw

そして、呪いの首飾り+ビンタ。
WS000066_20140830140118410.jpgWS000067.jpg
ここは耐えられんw吹き出してしまうw

WS000068_20140830140120fbf.jpg
市川貧乳までビンタばっしばっしw

そして紆余曲折を経て、農家鈴木がパーティに加わる。
WS000062a.jpg
陰w陽w道www

WS000070_201408301401590e7.jpg
なにこれ完全にマンガロープレじゃねぇか。

工藤「これ使えない?これ」
WS000069.jpg
鈴木「俺の呪術がおかしくなるからさ。はやく仕舞え!」
怒られる工藤D。
つーかいつまでコンビニ袋に入れてんだよwww

命かけて捕獲すると言った割には、すぐ逃げる工藤Dとか。
ほんの数メートル離れただけで「もう大丈夫だろ」とか安心したりとか。
あれだけの敵相手に五体満足で戻ってくる鈴木とか(即精神科に入院)
まあ、いつのも事なので、別に。

ただ、今までになくオチが酷いww




・戦慄怪奇ファイル コワすぎ!FILE-03【人喰い河童伝説】 - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%88%A6%E6%85%84%E6%80%AA%E5%A5%87%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB_%E3%82%B3%E3%83%AF%E3%81%99%E3%81%8E!FILE-03%E3%80%90%E4%BA%BA%E5%96%B0%E3%81%84%E6%B2%B3%E7%AB%A5%E4%BC%9D%E8%AA%AC%E3%80%91

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

戦慄怪奇ファイル コワすぎ!FILE-02【震える幽霊】 感想

n_628pwad2940rpl.jpg

絶対に家族や子供とは一緒に見てはいけない恐ろしい映画。

正直、ゾクリとした。
とんでもない映画だった。危険である。

警告である。絶対に家族で見てはいけない。

=以下、ネタバレ。=

絶対に出るという、開店直前のパの抜けたチンコ屋みたいな廃墟があるらしく、今回はそこのチーンと音のする、ぶるぶる震える金玉的なアレを捜しにアドベンチャーの市川貧乳。と工藤D。
動画を投稿したギャングと落ち合い、件の廃墟に不法侵入する。

今回のキーマンは彼女↓
WS000059_20140830125914d74.jpg
この手の心霊ホラーには付きモノの「泣いてばかりいるクソファッキンガールちゃん」
本作でもその痺れるイライラ感を発揮して観客の緊張を高めてくれる。

しかも2回も。
すでに投稿動画で役割を充分に果たしたと思われる彼女だが、市川貧乳たちと確認に行く際にも付いて来ると言うこのイライラ感。
好奇心旺盛なもう一人の子猫ちゃんは、連絡が付かないというフラグ。(とんでもないフラグだった。)

そして、幽霊が出たという3階の部屋でとあるギミックが発動する。
WS000060_20140830125915870.jpg
「こういうとこにさ、こういうもの置いたらどうなるか、俺は知りたいんだよ」
こういった前後の繋がりを直で示すクロスオーバー(厳密には違うが)大好物。
まだ持ってたの工藤Dwwよく今まで無事だったな。

つか、もしかちょっとずつ装備増えていくのかなw

WS000061.jpg
って何してんねん工藤!!www
※廃墟で苦しみだした一般人(動画投稿者)の服の中に”鬼を呼ぶ”呪術道具をねじ込む工藤D。

そして
WS000063_20140830125920289.jpg
「オラオラオラオラァアア!!」
ビンタw
おいおいおいおいいいいいいwwww

WS000064_201408301259123ed.jpg
いいように書くなしww

何か、ぬーべーで召喚した悪魔と対決する話思い出した。

たまらんわ。
このシリーズ面白過ぎる。

、急にエロw
WS00006a2.jpg
もちっとおっぱいがなぁ。
つーかエロシーン長ぇなwモザイク邪魔だし。
※かなりの絶叫の為、音量に注意。

しかし後半は、そんなレベルでは無かったのである



今回は、まあそこまでネタバレしてないCM。

・戦慄怪奇ファイル コワすぎ!FILE-02【震える幽霊】 - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%88%A6%E6%85%84%E6%80%AA%E5%A5%87%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB_%E3%82%B3%E3%83%AF%E3%81%99%E3%81%8E!FILE-02%E3%80%90%E9%9C%87%E3%81%88%E3%82%8B%E5%B9%BD%E9%9C%8A%E3%80%91

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

戦慄怪奇ファイル コワすぎ!FILE01 【口裂け女捕獲作戦】 感想

n_603albsd1543pl.jpg

B級とはかくあるべし。

第6段の映画化記念に、初鑑賞。

「現代に蘇った口裂け女なんじゃねぇかな~と思って」
モキュメンタリーにしてはセリフの言い回しがやたら演技くさいっつーか、ベタ過ぎて演劇じみてるのは味なのか。
登場人物の市川氏は、地味目の顔でアシとしていい味出してる。
この市川氏が冒頭で全力坂をするのだが、もうちっとおっぱい大きければなぁ~と思ってしまうほど、スタイルも地味である。
そこが良いんだけども。

内容もいい。
足の速さ検証と称していちいち口裂け女と元陸上部とを比較している所とか、このバカで無駄なノリ、もう大好物。
基本は、直ぐにオカルト発言する工藤Dと、現実的な論理を展開する市川アシの対比で展開する様子。これもリアルで良い。
WS000599_20140517231559658.jpg
市川氏。何かてっぺん・・・薄くね?

気になるP音あるんだけど「ホームレス」って禁止用語?
にしては直ぐ後でテロップに普通に書いてあるし・・・。謎だ。
一緒に発言している「臭い」等暴言とセットなのが拙いんだろうか。

WS000600_2014051723160127c.jpg
「話くらい聞かしてくれたっていいだろこの野郎ォ」

ちょwwwくそわろたww

途中急に浮上する口裂け女の名前とか、胡散臭い占いとか、唐突感や中弛みあるけど、悪くない。
けど、最後がちょっと。

工藤Dが捕獲の為の策を用意してるっぽく発言してるのに、結局なんもなし。
俺がやるから見てりゃいいんだよとか、豪語してたのに、アレだけ?
先にオッサン轢かれてるし、もう一回車でドンはないだろうとか思ってたのに。何さー。

いや、面白かったけど。


観覧注意:ほぼネタばれwww


・戦慄怪奇ファイル コワすぎ!FILE-01【口裂け女捕獲作戦】 - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%88%A6%E6%85%84%E6%80%AA%E5%A5%87%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB_%E3%82%B3%E3%83%AF%E3%81%99%E3%81%8E!FILE-01%E3%80%90%E5%8F%A3%E8%A3%82%E3%81%91%E5%A5%B3%E6%8D%95%E7%8D%B2%E4%BD%9C%E6%88%A6%E3%80%91

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

THE NEXT GENERATION パトレイバー 第1章 感想

poster2 (1)

あ~……ダメだわ。こーゆーの。


超好きw

アニメ映画3作しか知らないので元々パトレイバーがこの映画系統の作品なのか解らないけども。
日常系最高。

そういった意味では映画というよりもドラマ向けの内容なので、TVシリーズでいんじゃね?って感想は否めない。
しかし、全7章の後に新作の長編が来年のゴールデンウィークに控えている事を考慮すると、撮影したからと言って安易にTVで連続放送してしまっては熱が持たない、勿体無いとも思える。

でも、うん。少なくともこの第1章て説明すげぇ多いんだよね。
映画館じゃ辛くね?

・エピソード0「栄光の特車二課」
知りたい人・より楽しみたい人向け前日譚的説明。

・エピソード1「三代目出動せよ」
空手演舞でワロタ。なに太極拳みたいにやってんねんw
カーシャの演舞は、何だ、ダブルで良かったんじゃね。向いてない役者に無理矢理アクションやらせるのどうかなぁ。
格闘とか他が絡んだシーンならまだ誤魔化しが効くだろうけど、たった1人で特殊っぽい動きされると見てる側がいたたまれない気持になる。

兎に角マンガ的表現が目立つ。
突っ込み所満載ではあるものの、この映画を選んで見ている時点でギャグ漫画なのは百も承知だと思うので、何ら問題は無い、っつーか逆にそこが醍醐味の1つなんだろうね。多分。

肝心のレイバーは殆ど出番が無いので、次回以降に期待。






・THE NEXT GENERATION パトレイバー
http://patlabor-nextgeneration.com/
・THE NEXT GENERATION -パトレイバー- - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/THE_NEXT_GENERATION_-%E3%83%91%E3%83%88%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%83%90%E3%83%BC-

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

映画「ことりばこ」(2011) 感想

n_684bwd01712rapl.jpg

全国高校映画サークルコンテスト優秀賞。

都市伝説や洒落怖などネットで人気の「ことりばこ」を扱った本作。
俳優・舞台と低予算の醍醐味を生かした設定や物語に、昨今では珍しくない造りなので特に違和感なく割りとスムーズに映画に入っていける。
劇映画の中にPOVを持ち込む工夫もみられ、モキュメンタルな味も付加されている。
正直全体的な構成も脚本も、大まかに言ってTVの2時間ドラマの域を出ないが、学生グループがこれを撮ったのだと考えると十二分に頑張ったと言えるクオリティなのではないだろうか。

高校生でもこれくらいは出来る。
プロの映画屋ならば、この水準を軽くクリアして当然のホラー映画を期待したい所だ。

※注:本映画は学生作品ではありません。




=参考=
・【都市伝説電子本】~コトリバコ
http://www.ublegend.com/rumor/kotori.html
・【閲覧注意】コトリバコ【都市伝説】霊感の強い友達の話。 - NAVER まとめ
http://matome.naver.jp/odai/2133165505041533901
・コトリバコ
http://syarecowa.moo.jp/99/59.html
・コトリバコとは (コトリバコとは) [単語記事] - ニコニコ大百科
http://dic.nicovideo.jp/a/%E3%82%B3%E3%83%88%E3%83%AA%E3%83%90%E3%82%B3
・ネットで騒然のコトリバコとは?【怖い話。】
http://www.kowaihana4.com/gendai/kotori.html

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

映画「予言」(2004) 感想

n_620tdv15134rpl.jpg

如何せん弱い。

近い未来で起こる人の死が書かれ、その通りになる新聞。
偶然その新聞の切り抜きを見てしまった事から、奔流していく主人公の運命。
身の回りで次々と起こる不可解な事件。
身に迫る死期から逃げ切る為に「恐怖新聞」の真相に迫るが……。

恐怖新聞なる理不尽なパワーに翻弄される人々を描いたホラー作品。
要は幽霊やモンスターなどの出て来ないストーリーだけで怖さを表現する類である。
近い所では「オーメン」や「ファイナル・デスティネーション」などにあるように、人間にはどうしようも対抗出来ないパワーによる一方的な殺戮が、次々と起きていく。

しかし本作品では、事件が多く起こった(起こっている)という描写こそあるものの、それらは主人公達を執拗に狙ったものではなく、また近辺でない事が殆どであり、或いは近くで起きたとしても迫力ある映像でその状況が表現される事は無い。
ほんの少し直接的に”映像として見たいホラー部分”があるものの、オマケ程度の描写に過ぎない。

だからこそ他の部分で勝負しなくてはならないのだが、例えばストーリー展開や演出で怖さを感じるほど秀逸でもなく、リアルさも皆無な為、ホラーとして期待するよりはまだミステリーやサスペンスとして見る方がまだましである。
勿論、これはミステリでもサスペンスでも無い為、あくまでチックな風味の観賞をお薦めしたい。




・恐怖新聞 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%81%90%E6%80%96%E6%96%B0%E8%81%9E
・Jホラーシアター - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/J%E3%83%9B%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%82%A2%E3%82%BF%E3%83%BC

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

プロフィール

Author:ねーやん
さーせん。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
リンク