スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パンズ・ラビリンス 感想

パンズ・ラビリンス

綺麗で切なくてドリフで。

=以下、多少ネタバレです。=

妄想に逃げるしかなかった少女オフェリア。
映画を観て誰もが解る通り、ただでさえ時代が時代、環境が環境である。
年端も行かないいたいけな少女が、ああいった御伽噺に没頭する事は必然とも言える。

果たしてこの映画がファンタジーであったかどうか、つまるに夢オチであるのか否かは、さして求める所でもない。

私はこの映画を観て、リュック・ベッソン監督の「ジャンヌ・ダルク」を思い出したが、それと同じく真実がどうであれそれで何か変わるものでは無いと思う。
ジャンヌが本当の意味で神の言葉を聴いたのか、そんなん知らん。兎に角彼女をフォローすんねん。
オフェリアがハッピーエンドなのかどうか、そんなん知らん。本質はそこじゃねぇ。

可愛そうかどうか。

そんなん?

そんな映画?
違うだろう。

強いて言えば”可愛そう”一択である。それ意外無い。
仮にオフェリアが死の間際に妄想による幸せを勝ち得たとしても、それはそうせざるを得なかった、と言う切実な彼女の環境が先にあるからだ。追い詰められての選択だったのだから。
果たしてそんな理不尽で一方的な結末をハッピーエンドと言えるだろうか。
勿論、オフェリア本人は、周囲の感想など全く関せず、幸せを噛み締めているに違いないが。

感想への感想になってしまうが、見たい方向にしか見ないのは感想として有りとは思う。
だがそれで「この映画はこうである」と完結するのは、おかしい訳だ。
少なくともこの映画では、どっちにも見えるように構成されているし、「100%こっち」だと決定出来る材料は登場しない。(私が気付いていないだけかも知れないが。)

物語が綺麗に描かれていた事は確か。
映像美もそうだが、特にモンスターの造形は(特にペイルマン)、御伽噺のテーマの1つでもある”裏の怖さ”を顕著に物語る、最高の役割を果たしていたと思う。

そしてそこで、出されるドリフ感。
日本人にとって出オチやベタが、様式美と取れるように、ここでのオフェリアの行動、それの演出もまた観客の苛立ちと焦燥感を駆り出される秀逸な、まさにドリフ。新喜劇でもいいけど。
ベッタベタである。




・パンズ・ラビリンス - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%91%E3%83%B3%E3%82%BA%E3%83%BB%E3%83%A9%E3%83%93%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%B9

=参考=
・撮影監督の映画批評 「パンズ・ラビリンス」
http://pointbreak.blog66.fc2.com/blog-entry-142.html
・パンズ・ラビリンス評価
http://www.tcp-ip.or.jp/~iwamatsu/bbs_log07/pans_labyrinth.html
・パンズ・ラビリンス(El laberinto del fauno/Pan's Labyrinth) | 映画感想 * FRAGILE
http://fragile.mdma.boo.jp/?eid=667405
・「パンズ・ラビリンス」の映画レビュー・批評 | Movie Walker
http://movie.walkerplus.com/mv36289/review/
・【感想】パンズ・ラビリンス : しろくまこ・映画を語る
http://blog.livedoor.jp/shirokuma22/archives/20952472.html
・ノラネコの呑んで観るシネマ パンズ・ラビリンス・・・・・評価額1750円
http://noraneko22.blog29.fc2.com/blog-entry-126.html
・『パンズ・ラビリンス』本来童話とは現実の残酷さを教えるもの: 新・よろ川長TOMのオススメ座CINEMA
http://yologawa.cocolog-nifty.com/osucine/2009/11/post-3fba-1.html

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

怪談新耳袋 殴り込み!劇場版 <北海道編> 感想

怪談新耳袋 殴り込み!劇場版[北海道編]

とうとう、やっちゃいかん事をする。
命知らずとはよく聞くが、しかして彼らにその言葉が当て嵌まるのか、疑わしいw

=以下、ネタバレです。=

本作で、ギンティ小林と市川力夫、両氏がついにやっちゃう。
基本的にやっちゃいかん事をして霊を挑発し、その御姿を撮影しようというのがこの映画のコンセプトではある。

しかしどんな無謀な輩・団体・企画・命令でも、まあそれなりのブレーキは掛かるものと思う。
今回は彼らの悪ノリ延長上の独断という訳でなく、平山夢明氏の命令なのだが、あろう事か青木ヶ原樹海の樹木に打ち付けられた”藁人形”をむしり取るのである。
本シリーズでは中山市朗氏や木原浩勝氏も解説やアドバイスと提案で活躍するが、これ程の無茶振りは初めてではないだろうか。流石平山氏、紹介にキティGUYと書かれるだけはある。

丑の刻参り自体、方法が諸説ありまた本来のものとは変化している事から、厳しく型を要求される呪術ではなく、まだフランクでポップな方といえるのだが、それでもメジャー故に強力なツールとして禁忌的な扱いは健在と言える筈。
それをむしり取った挙句、”わらびん”として仲間に加え、あまつさえ霊を挑発する遊びの道具として利用するこの外道っぷり。
無事で済むとは思えない。

そして無事では済まなかったwww
そうでなくては殴り込みではない。

それでもあの程度で済んだのは、”穴二つ”と言う呪いの効果が既に相手と術者にシフトした後だったからなのか。定かではないが。

ところで東海道編でも記したが、やはり出現する怪奇現象は本作も弱い。どうしても弱い。
ただ、怖さを追求すると言うオカルトホラーの本質が、慣れてしまうことで徐々に薄れつつある、特にシリーズものによくあるこの流れを、鬼畜なアドバイザーやゲストを招く事で補完修正している本作を、結構評価したい。




・怪談新耳袋 怪奇 公式サイト
http://www.actcine.com/sinmimi/
・怪談新耳袋 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%80%AA%E8%AB%87%E6%96%B0%E8%80%B3%E8%A2%8B

=参考=
・藁人形 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%97%81%E4%BA%BA%E5%BD%A2
・丑の刻参り - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%91%E3%81%AE%E5%88%BB%E5%8F%82%E3%82%8A

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

怪談新耳袋 殴り込み!劇場版 <東海道編> 感想

怪談新耳袋 殴り込み!劇場版[東海道編]

ガチだからこそフェイクでかまわん。

=以下、少々ネタバレです。=

今回はゲスト多めで、お得感有り。
下手糞なラップもさることながら、怖くてキレるという、リアルなビビリを見せてくれる。

そしてブリーフも健在。
民間信仰の聖地とも言われる洞窟へ侵入し、ブリーフを脱ぐという暴挙。
これには流石の霊もクレームを入れ、安心のオチを作る。

いつも通りのドンちゃん騒ぎだが、如何せん観賞側の慣れとは怖いもので、一定の楽しさを感じるものの、微妙な音声やちょっとした光程度では、最小限のカタルシスに留まってしまう。
ガチを売りにしているだけあって、その辺は、頑張りが必ず行為に応じた報われ方をする訳では無いという現実性が如何ともしがたい。

ただ、選りすぐりのスポットに挑発を繰り出すスタイル故か、大なり小なり何かしらの結果を残す彼らである。
その事が、むしろ若干のアンリアルを匂わす表現とも取れなくもない感じはする。
これ自体は私の邪推に違いないだろうが、最悪、それでも良いのである。

ぶっちゃけ綺麗にこちらを騙しきってくれさえすれば、何の問題も無い。
彼らGメンのびびり具合はとても演技とは思えないが、それも含め、或いは裏スタッフが仕掛ける片ヤオでも良い。

自論だがエンタメのガチとは、真にガチであるかどうかではなく、視聴者がガチと判断するか否かにある。
「ブレア・ウィッチ・プロジェクト」然り「ノロイ」然り。
この2つはどちらもフェイクだが、観客にガチだと思わせたら製作サイドの勝ちであり、そしてガチになるのである。そう判断されるからだ。

そう言った意味で、この殴り込みシリーズも後々にフェイクでしたとスタッフに白状されるかも知れない。
仮にその時「なんだクソかよ」と感想する人がいれば、その人はこのガチを全く理解出来ていない人間である。
フェイクドキュメンタリーというジャンルには、そういった観客側の無理解から生じる稚拙な弊害が多くあるが、そんな一方通行で本当に楽しめているのか不思議である。
 ※勝手に期待し、勝手に是を決めつけ、勝手に落胆し、勝手に非を決めつける。この一連こそ顧客としての遊びであるとするなら実に潔いのだが……。

だからこそ思うんだけど、この完全フェイクのパッケージだと損してね?
メタファーなのかなぁ。




・怪談新耳袋 怪奇 公式サイト
http://www.actcine.com/sinmimi/
・怪談新耳袋 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%80%AA%E8%AB%87%E6%96%B0%E8%80%B3%E8%A2%8B

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

怪談新耳袋殴り込み!劇場版 <沖縄編> 感想

怪談新耳袋 殴り込み!劇場版 <沖縄編>

罰当たり度MAX。

ガチ心霊スポット取材劇場版第2弾。
今回の舞台は沖縄。
かの「ひめゆりの塔」など誰もが知るスポットに殴り込む、非常識にも程がある彼ら。
神を祀る「御嶽」と呼ばれる聖域に土足で立ち入り、英霊が眠る海へブリーフで入水するという、恐れ知らずの蛮行である。

ぶっちゃけ罰当たって死んでも可笑しくない。
むしろ死んだら伝説。

だが、彼らの映画を観賞し楽しむ私達もまた彼らと同じ穴の狢である事は忘るるべからずである。
心霊作品によっては”見るだけで霊障”などと謳うモノも存在するほどで、その影響足るや推して図るべし。
思い込みの激しい人や、こういったジャンルが大好き過ぎる人は、御祓いなどで安心を確保する事を強くお薦めしたい。


=以下、少しネタバレです。=

しかし意外に今回は何も起きないので、罰当たり度に反してホラーが苦手な人にも観賞可能な領域ではないだろうか。
起こる現象もそれほど恐怖を煽るものでもなく、現場を訪れた彼らをして「怖いと言うより神聖な感じ」「迎え入れてくれているような」と思うほどである。
これはこれで視聴者としては残念な点ではあるが、流石は神に英霊、寛大な慈悲と言える。

そして他にも残念な点がある。
劇場版を2つ観て解った事だが、本シリーズは、ガチ(最悪片ヤオ)であるが故に予算などの製作側の都合がモロに影響を受ける類である。(普通そうだけど。)
まだ芸人顔負けに突っ込む方ではあるものの、どうしても多角的検証と言うには遠く、とてもではないがアカデミックな期待は持てない所が所謂オカルトホラーの域を出ない。
勿論、あくまでエンターテインメントであるからそこは当然であるものの、それでも勝手贅沢を言うならば、怪奇現象の再現性を確かめる程には取材濃度を高めて欲しいと思う。

ただ、バジェットが大きくなればなるほど、恐らくはクソ商業主義のクソ野郎たちがクソ下らないクソ仕込みをクソほど仕掛けるだろうから、そこは身体を張らず高みの見物を決め込める視聴者の代償としてアンビバレンツなジレンマを感じ続けるしかないのだろうか。




・怪談新耳袋 怪奇 公式サイト
http://www.actcine.com/sinmimi/
・怪談新耳袋 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%80%AA%E8%AB%87%E6%96%B0%E8%80%B3%E8%A2%8B

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

怪談新耳袋殴り込み!劇場版 <関東編> 感想

怪談新耳袋 殴り込み!劇場版 <関東編>

エンタメ志向のドキュメント。
”もっと評価されるべき”とは彼らにこそ相応しい。

TVSPなどでよくある心霊スポット取材モノのドキュメントなのだが、凄まじく良く出来ている。
こういったジャンルの作品で、観客が何を見たいのか、何を求めているのかを彼らスタッフは正しく理解しているし、そしてそれらを満足させる為の映像レベルや企画はいずれもその基準をクリアしていると言っていい。
日本はおろか世界でも稀に見る水準の作品なのではないかと過言でなく思える。

CG等の映像加工を簡単に施せるこの時代において、恐らく全くそれらに頼っていない本作品は、薄汚れたフェイクを垂れ流すだけの某シリーズ系列などとは一線を画す、ハイクオリティなリアルを提供してくれる貴重な1本でもある。

もっと評価、そしてもっとメジャーに知られるべき逸材である。




・怪談新耳袋 怪奇 公式サイト
http://www.actcine.com/sinmimi/
・怪談新耳袋 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%80%AA%E8%AB%87%E6%96%B0%E8%80%B3%E8%A2%8B

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

パラノーマル・エンティティ2 感想

パラノーマル・エンティティ2

便乗で続編という事。

=以下、ネタバレです。=

流行の恐ろしさを世に知らしめた内の1本で、タイトルパクリ便乗作品の続編という小銭第一の見本でもある。

内容は幽霊屋敷にアホたちが泊り込んで全滅するお話。
キング原作「IT」でお馴染みペニーワイズのモデルになった実在の既知GUYジョン・ゲイシーがテーマであるのだが、冒頭で彼ら撮影クルーの入る家は、跡地に建てられた別の廃墟であり、ジョン・ゲイシーの住んでいた家では無い事が説明される。

え?なにそれ。
ただの雰囲気じゃねぇか。

昔、ゴッホのひまわり飾ってた美術館はもう無いけどその跡地に建てられて廃墟化した建物に入って、ゴッホのひまわりパワーを感じるって事?

無理ww

もしかして便乗で続編と言う事を表現した、自虐的なメタファーだろうか。


で、おっぱい目当てで見たのに、どこにいるの?と。
WS000099_201408302047134d8.jpg
担当は霊媒師の金髪ちゃんらしーけど、え?この娘がおっぱい?みたいな。

うん、かなりのおっぱいでした。
WS000101_20140830204715d84.jpg
中盤で怪我するんだけど、箇所がおっぱいwで具合を見せる為にアウターめくるとぼいーん。
WS000105.jpgWS000106.jpg
その後も、霊?のデブおっさんにめくられ、おっぱい放り出しながらも懸命に何かしてる霊媒師さんをぐるぐる撮影するシーンあり。
でも、天然っぽくないのが残念。

そんな映画です。


・『パラノーマル・エンティティ2』 すきなものだけでいいです
http://sukifilm.blog53.fc2.com/blog-entry-785.html
このレビューがクッソ面白いw吹き出しました。




=参考=
・ジョン・ゲイシー - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%B2%E3%82%A4%E3%82%B7%E3%83%BC
・IT (映画) - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/IT_(%E6%98%A0%E7%94%BB)

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

ワールド・ウォー Z 感想

n_623dabr4537rpl.jpg

まあ大作ですし。

ゾンビさんが頑張る映画という部分をタイトルからも判るとおり、一応は隠してのリリース。
それが功を成したのか、まあそれ以前にブラピだし、大ヒットである。

流石ビッグバジェットなだけあって、基本、満足いく内容。
特にゾンビの群れが大量に流れる場面や、壁越えを果たす場面は、人海戦術とCGの成せる業であり、この映画における映像的な大きな見所の1つになっている。

他は普通。
あんまりワールドしてない。

大ヒット部分やこの映画を褒めちぎる層は、つまるにゾンビ映画というジャンルに疎い人の集合に過ぎないと予想出来る。
それくらい普通。
聞いた話では、映画の根源に相当する重要なロシアのシーンを丸々カットし、製作状況もかなりのボロボロ具合だったらしく、苦労を重ねた挙句の”普通部分”という事であり、成功したとは言え凄く勿体無い映画である訳だ。

続編もあるかも知れないという噂もある本作、是非タイトルに相応しい「ワールド・ウォー」を次回作では見せて欲しい。




・映画『ワールド・ウォーZ』オフィシャルサイト 大ヒット感染拡大中!
http://www.worldwarz.jp/
・ワールド・ウォーZ - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89%E3%83%BB%E3%82%A6%E3%82%A9%E3%83%BCZ

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

ほんとにあった! 呪いのビデオ Ver.X:4 感想

ほんとにあった!呪いのビデオ Ver X 4wd00024rpl

怖いか怖くないかで言えば怖い。

要はジェットコースターやお化け屋敷ではある。
解明されたシステムを知識や経験で知っているとしても、だからといって恐怖という感覚や感情の発露が人間から削除される訳ではなく、あくまで安心に至る要素に過ぎない。

勿論、ホラー映画という仕組みも予め飲み込んだ上で観賞するものであって、それ以上でも以下でもないのは周知で理ですらある。

しかし私は白石監督のチープをこよなく愛するいちファンではあるものの、ただそのチープさを羅列しただけのフェイクドキュメンタリーは剣呑を逆手に取っている感じすらしない。
ただただ欠伸が出るほど退屈で、無駄な時間を意味も無く潰した虚無感で滅入る。

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

ほんとにあった! 呪いのビデオ Ver.X:3 感想

ほんとにあった!呪いのビデオ Ver X 3023rpl

好きな人は好き……なんだろうね。

投稿された動画を、出演者や関係者にインタビュー・ロケしながら、追っていく内容。
ドキュメンタリーを謳う訳でもなく(いや謳ってるけど)フェイクな構成を考えると何が面白いのかよく解らなくなる作品。

本物と信じている人が希少ながらもいるのか解らないが、そうでない人が殆どであろうから、果たしてどういったスタンスでこのシリーズを観賞しているのか疑問である。
本作は白石監督が関わっているらしいので見たのだが、チープな映像演出以外、これといって語るべき要素もない普通のクソ満載でしかなかった。

ただ、最後の動画でスタッフの言った「よくあるんですよぉ」「何かに見えたとかぁ」がムカ着火w
どの口がほざくねんw

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

戦慄怪奇ファイル コワすぎ!史上最恐の劇場版 感想

n_628pwad3650rpl.jpg

あれ。これクライマックスじゃね?

=以下、全力ネタバレです。=

WS000095_201408301833184db.jpg
サブカル界で知らぬ人のいない、アイドルコラムニスト。
WS000094_2014083018331652b.jpg
論文「ビルケランド電流による送電網の社会的応用」でヴィルゴダール?物理学賞を受賞した物理学者。
WS000096.jpg
ご存知自称浄霊師。
WS000098_2014083018332250a.jpg
動画投稿者2人。
WS000097_20140830183321d56.jpg
そして893と色気づいた貧乳。

全員が死ぬwww


以前File.10まで続けると言っていた(らしい)白石監督だが、これ、無理じゃね?

死亡確定してない行方不明扱いが何人かいるし、ぶっちゃけ工藤Dも貧乳も、まあ生きてるんだけど、あと田代カメラーマンも。
いや出来れば続けて欲しいけど、どーなの。
これまでの謎・伏線、殆ど回収しちゃったし。(全部?)

「第1部・完」てとこだろうか。

予告動画は出し過ぎなんじゃ?って危惧あったけど、全然大丈夫だね。
終始盛り上がる演出が散りばめられてて、ニヤニヤが止まらんw




・戦慄怪奇ファイル コワすぎ!史上最恐の劇場版 公式サイト
http://albatros-film.com/movie/kowasugi/
・戦慄怪奇ファイル コワすぎ!史上最恐の劇場版 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%88%A6%E6%85%84%E6%80%AA%E5%A5%87%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB_%E3%82%B3%E3%83%AF%E3%81%99%E3%81%8E!%E5%8F%B2%E4%B8%8A%E6%9C%80%E6%81%90%E3%81%AE%E5%8A%87%E5%A0%B4%E7%89%88

=参考=
・戦慄怪奇ファイル コワすぎ! 史上最恐の劇場版【ネタバレ|感想|評価|評判】怪奇・心霊現象や都市伝説をテーマに描く絶叫ムービー | 映画.net -ネタバレ|感想|評判 2chまとめブログ-
http://www.movient.net/archives/38819647.html
・超映画批評「戦慄怪奇ファイル コワすぎ! 史上最恐の劇場版」70点(100点満点中)
http://movie.maeda-y.com/movie/01856.htm
・「戦慄怪奇ファイル コワすぎ! 史上最恐の劇場版」に関する感想 / coco 映画レビュー
http://coco.to/movie/36493
・ジロッカーの世界征服計画:『コワすぎ! 史上最恐の劇場版』物理学者の斉藤 (ブログ)
http://blog.livedoor.jp/jirocker_guitar/archives/52060580.html
・プラズマ宇宙論 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%97%E3%83%A9%E3%82%BA%E3%83%9E%E5%AE%87%E5%AE%99%E8%AB%96
・賞の一覧 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B3%9E%E3%81%AE%E4%B8%80%E8%A6%A7
・大槻義彦 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E6%A7%BB%E7%BE%A9%E5%BD%A6

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

プロフィール

ねーやん

Author:ねーやん
さーせん。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。