映画『JUDGE/ジャッジ(2013)』感想

JUDGE ジャッジ

あれ?おもろいやないか…。

原作漫画を立ち読みした時には全く感じなかった、何をどう騙されたのか解らないが、結構面白かった一本。

=以下、若干のネタバレを含みます。=


ドラマで主役を張るガリットチュウの人が主演してたからか、はたまた仏が出ていたからか。あ、ヒロインも有名な方なんですね知らないです。
個人的に意外なツボを突くキャスティングは面白さの一端を担っていたとは思う。

こういった劣化クソパクリ死遊は飽きに飽きている筈なのに、何ともすんなりと状況を楽しめたのは何故なのか。
むしろ一周も二周もしていて耐性が付いちゃったのか、イライラもあんまりしないというこの不思議。やっぱ俳優力かなぁ。安心感ですかねぇ。

結構面白く最後まで中々楽しんで観た筈なのに、何が良かったのかさっぱり解らない。

いや内容なんか何も無く、いつも通りのクソに間違いない。
強いて言えばヒロインにイライラしたくらいで、しかも終盤も終盤。それも面白さ故にイラついたのであって、演技や演出などの不備に対してではない。

おかしい……そんな筈は無い。

総評としてはクソです。
そこらへんに転がっているデスゲームと遜色ない駄作のうんこ映画です。
 ※ぐぐったら酷評の嵐www

ただ何故か個人的には楽しめました。多分俳優の力です。




・映画『JUDGE/ジャッジ』公式(@judge_seyo)さん | Twitter
https://twitter.com/judge_seyo
・JUDGE/ジャッジ - 映画・映像|東宝WEB SITE
https://www.toho.co.jp/movie/archives/judge2013.html
・ガンガンNET | JUDGE
http://gangan.square-enix.co.jp/introduction/judge/
・JUDGE - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/JUDGE

スポンサーサイト

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

映画『ストレイヤーズ・クロニクル』感想

ストレイヤーズ・クロニクル

コケろコケろ。こんなもん。

20年前ならまだウケた可能性のある映画。
この内容を実写映画で今時分にやる意味を理解しているのだろうか、製作者たちは。

精々が人気若手俳優のネームバリューに惹かれる女子()くらいしか客入らないんじゃないかと思う。
結果はこう⇒主演映画が超絶大コケ!-アサ芸プラス-

原作となった小説はベストセラーらしいのだが、それは小説だからであり、映像化してしまえばひとたまりも無い。
ギリギリで漫画ラインの内容である。実写映画なんかウケる筈が無い。
お金の掛かったハリウッドですら食傷気味の超能力物で、邦画バジェット程度がこんなお粗末な脚本を映画化してどうするのか。

岡田将生(スバル)、染谷将太(学)ら若き出演者たちが華を添えているお陰で、まだ、見てしまった人に対してささやかなお持て成しにはなるかも知れない。
男性陣には成海璃子(沙耶)の活躍も嬉しい。

しかし、それだけだ。
この映画の魅力と言う魅力は、搾りに搾り出してそれのみである。

せめて超能力バトルに演出工夫や映像面での掘り出し感でもあればまだ、高い入場券を払った甲斐もあっただろう。
勿論、そんなものはこの映画の中には1ミリも存在しない。
全てがチープで二番煎じ、既視感まみれで苦笑いすら出ない、本当に酷いものである。

例の如く私はBDでのヘタレ視聴だが、こんなクソとも言えない映画を劇場で見てしまった人の真顔が推し量れて余りある。

こんな映画はコケて当然、むしろコケていなくては今後の邦画の未来は無い。




=以下、ネタバレです。そして愚痴です。=






突っ込み所は最初から最後まであるが、中でも最高にムカ着火ファイヤーが以下である。


生きたまま丸焼きなのに、苦しまない。

研究所?のデータに”ウイルスの体外への放出を防ぐ方法としては、死後ではなく生体のままの身体焼却を推奨する。”と書かれてあった。
楽にしてからの焼身では無いにも関わらず、焼かれた学のもがき苦しむ描写は無い。

映さないだけの配慮?それは断じて違う。
いくら学が意志の強固な人間だったとしても、想像を絶する苦しみにうめき声すら挙げない訳が無く、苦しむ彼の姿を見て主人公らが、あの画の通りに立ち尽くすだけで済むとは全く思えない。
碧などは追いすがろうとして引き止められるか、最低でも泣き崩れる位は描かなければ、割りに合わない。

焼身ですよ?

はっきり言って尋常でない死に方である。
学が無痛であったと言う描写や説明は劇中無い。(可能性はあるが。)
確かに余命幾ばくも無い重傷の彼だが、それでも恐ろしい長く続く拷問の筈だ。
実際死に至るまでどの位苦しむのか解らないが、窒息死まで3分ほどだったにせよ、食後のコーヒータイムとは訳が違う。

つまり劇中にあったように、学が焼死するまで直立不動だった彼らは、その苦しむ姿を見ていないのである。
学は一切苦しむことなく、綺麗に死ねたのである。

そんな訳あるか。

私はてっきり、苦しまないご都合主義が展開されるのかと思っていた。
例えば近くに一瞬で焼却出来る施設があるとか、なんか薬的なアレで痛みか意識を消すとか、突然生じた能力でもいい。。。何も無いって。。。
ガソリンかけるとか生々しい事やっといてあのザマ。

エンタメ映画の雄である『るろうに剣心』ですらきっちり志々雄が苦しむ描写を入れている。
私は染谷将太が泣き叫ぶところが見たいと言っているのではなく、不必要な残酷シーンが見たいと言っているのでもない。
無いなら無いで、無かっただけの説得力を込めろと言っているのである。

それほど、生きたまま焼かれると言うのは本来筆舌に尽くし難いシーンの筈だ。

マジでバカじゃねぇのこの映画。




・映画『ストレイヤーズ・クロニクル』公式サイト
http://wwws.warnerbros.co.jp/strayers-chronicle/index.html
・ストレイヤーズ・クロニクル - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%83%A4%E3%83%BC%E3%82%BA%E3%83%BB%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%83%8B%E3%82%AF%E3%83%AB

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

『極道大戦争』感想

極道大戦争

デコトラに轢かれてブチ切れるカエルに爆笑ww

あー…マジかクソw
面白かったわこれ。

久々に三池監督全力のクレイジーな作品。
マッドマックスもそうだったが、監督のやりたいようにやるとこうなるって言う見本であり、非常に好みが別れるだろう一本。
 ※改めてマッドマックスはウケ過ぎだと思う。バランス悪過ぎ。

極端な話こんな映画を観ようってんだから、突っ込みをgdgd抜かすクソ評論気取りのカスは一人もいない筈。
事前情報で充分どんな映画かは判断出来る訳だ。
評価するなら面白かったかどうか、好きか嫌いかで語るべき。残念ながら私は大好物。ガチで騙された人はご愁傷様。
ただね、この映画、三池節としてはまだ弱い方ですよ。

=以下、ネタバレです。=


脚本と言うかストーリーラインの大まかなプロットは、映画を観なくても解っちゃうくらいなので、個人的には語る意味が無い。好きなとこ挙げるとキリ無いし。

先ず俳優陣が良い。
主役の市原隼人やヒロインの成海璃子がこの映画には場違いとも思える程がっつり熱演し、リリー・フランキーとでんでんは悉くフランク。それが役柄にマッチし、若者と大人の対比として、うん関係ないなこれ。
そして高島礼子やピエール瀧ら豪華な彼らを勿体無いとすら思える使い捨て気味の放り投げっぷりの監督。あと坂口茉琴ね、この存在感w

わるもん側もかなり良い。
特にチョイ役なんだろうと思ってたヤヤン・ルヒアンが割と最初から最後まで出ててかなりがっつり活躍するので嬉しい限り。
ザ・レイドで見せたシラットの切れ味抜群の格闘アクションを序盤からフルに堪能出来て、しかもラストでの市原との決選は、どつき合いのプロレスと言う、もう最高です。この勿体無さwww
しかも二人ともゴリゴリに鍛え上げてるから一撃の重みが伝わると言うか、説得力あるんだよね。無駄に尺あるけど、このシーン本当好き。
三元雅芸(KAERUくんの中の人)もかなり良くて、最強のテロリスト(テロリスト?)の二つ名に恥じぬ無双っぷり。キレッキレで容赦の全く無いアクション。バットフルスイング。
着ぐるみの時点で卑怯なのに、超強ぇわガドリングガンで撃たれても平気だわデコトラに轢かれても平気だわ手榴弾で飛ぶわ超能力使うわww最後脱いじゃうしねwww

クッソ寒いギャグもね。入れれば質下がるんだよ?でも入れちゃうw

最高でした。この映画。
締め方もすげぇ好き。

=他感想への愚痴=(クリック開閉)





・映画「極道大戦争」公式サイト
http://www.gokudo-movie.com/
・極道大戦争 - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A5%B5%E9%81%93%E5%A4%A7%E6%88%A6%E4%BA%89


テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

プロフィール

ねーやん

Author:ねーやん
さーせん。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
リンク