『KINGSGLAIVE FINAL FANTASY XV』について感想。まるで実写!とかいらんねんハゲ

KINGSGLAIVE FINAL FANTASY XV

例えば昨年話題になったSayaがある。

これは言うまでも無く、実写とのボーダーを無くしていく作業であり、最終的には2つを同一化させる目標がある。
「実はCGなんです」と説明されなければ気付かないレベルが一旦の終着点。

なのでSayaに対しての「実写みたいだ」と言った感想や感嘆は正しく評価であり、かつ求められるものである。

次に、Sayaと似たような例の先駆けとして、1996年に登場した伊達杏子や98年のテライユキがある。
■伊達杏子
Cyzo_200807_post_679_1.jpg
・元祖デジタルアイドル伊達杏子は何度でも蘇る!? - エキサイトニュース(1/3)

■テライユキ
WS000067_20160921045946b79.jpgWS000066_20160921045944030.jpg
・くつぎけんいちの二次元倶楽部
・【創刊200号記念】『TERAI YUKI』〜テライユキとの再会〜(前篇) | 特集 | CGWORLD.jp

彼女らは、実写に近付けたCGと相性の良いVRを主とし実際に活躍したタレントだが、必ずしも写実的である必要は無く、初音ミクのようにアニメ調をベースとしたCGでも問題は無い。
どちらでも順応可能なのがヴァーチャルアイドルの特徴であり利点でもある。

また少し違うが、2011年の江口愛実の例もある。

こちらは早々にネタばらしした(それ含む)プロモーションだったが、Sayaを更に進めたアプローチとしては当然タレント業などの人間的な活動がチューリングテストのそれぞれで必要になってくる。

江口愛美のレベルでは、まだまだリアルとの境界が深く、明らかに不気味の谷にすら近づけていない出来だったが、それでも専門的な人以外は「100%CGである」とは言い切れない微妙さを併せ持つポジションの事例である。
 ※判別可能かどうかでは無く、根拠を以って断定出来得るかどうか。大抵の人は実在を疑っていた。
これは人工知能の分野で言う、1966年のELIZAに近い。

ELIZAの件は、初めからユーザーは相手が人工無能だと言う事を知っていた為、厳密には逆の事例だが、製作者の意図しないレベルの反響は、虚実バランスの造形が如何に難しいかを物語っている。
例えば、不気味の谷を攻略する為に、リアルに近付けるものとは、ほぼ間逆のアプローチを取るケースもある。
上記した初音ミクなどに適応されるデフォルメがその回答例の一つなのだが、ELIZAの件でも解るとおり、リアルで無いからこそ自然に受け入れられる部分はリアリティの追求と言う点に於いて、本当の意味で参考にはならない。
そう言った研究最大のジレンマだと思う。

特にアニメーションなどで動きを付けた場合、静止画で現在最高のパフォーマンスを誇るSayaですら、速攻で不気味の谷に吸い込まれるだろう。

前置きが長くなったが、要するにこのキングスグレイブは、2001年の『FINAL FANTASY:The Spirits Within』、2005年の『FINAL FANTASY VII ADVENT CHILDREN』と同じく、デフォルメを駆使したCGモデルを使用していると言う事である。
決して実写とのボーダーレスを狙った作品では無い。
特に2001年作のFF映画では、公開前日のTV特番で、坂口博信氏やスタッフが「敢えてリアルとアニメの中間点を狙った」とコメントしていたのを覚えている。
2016年現在でもリアルと相違ないCGは動画において完成されておらず、2001年当時では、アニメ的デフォルメを取り入れて中和させる試みが現実的であった(もしくはそうするしか無い)と容易に想像出来る。
 ※それでも汗をかかない等々、どちら側から見ても違和感が多過ぎた映像作品ではあったが。

少なくともこのキングスグレイブを見て、実写と見紛う人は居ないだろう。
前提としてCGだと知っている点は確かに大きいが、単純な視覚からの比較として、この映画を実写だと本気で思う人は、眼科などの病院をお薦めする。

勿論「まるで実写!」と感想するのは、褒めているからであって、他意はないだろう。

しかし実写感覚を狙って製作された映画でない事は明白なこの作品に対し、褒める要素として実写と比べるのはいささか幼過ぎないだろうか。
 ※これに関しては2001年のFF映画の時点で、うんざりするほど沢山あった。
『ズートピア』や『ファインディング・ドリー』を見ても、やはり同じコメントをするのであれば何の文句も無いが。


基本的な感想はここが良質です。
・『KINGSGLAIVE FINAL FANTASY XV』感想…3度目の挑戦は見応えあり : シネマンドレイク:映画レビュー
http://cinemandrake.blog.jp/KINGSGLAIVE_FINALFANTASY_XV

ただ結構調べてある割には
”おそらく見た人の多くが言及するであろうCG映像のクオリティですが(中略)褒めるべきは製作期間です。なんでも製作をスタートしたのは2015年夏、つまり1年でここまでのクオリティのものを作ったということになります。”
と書かれてて、ああ、知らねぇんだな…と。いやぐぐりゃ一発なんだが。

確かにこの映画の企画から完成までの製作期間は1年足らずなのかも知れないが、そも彼の語るCGのベースは、っつーか世界観や何やかんやのベースはFF15な訳で、FF15つったら2013年に発表されてっから、そこから数えても3年掛かってる訳。
で、その前にFF15っつったら更にヴェルサスっつー下敷きがあって、これは2006年に発表されてから期間だけで言えばキングスグレイブまでは足掛け10年。


勿論これはあくまでFF15の製作期間であって、決して映画キングスグレイブのでは無い。
それでもCGに限って言えば一旦完成された雛形さえあれば、例え映画オリジナルのキャラクターであっても完成させるに1年と言う時間は決して短くない。
FF15と開発チームが同じであるキングスグレイブで、本当の意味で製作期間が1年だった訳では無いんだよね。




・KINGSGLAIVE FINAL FANTASY XV
http://kingsglaive-jp.com/
・ファイナルファンタジーXV - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%8A%E3%83%AB%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%82%B8%E3%83%BCXV

=参考=
・CG女子高生「Saya」が超リアル 「不気味の谷」超えた執念の手描き - withnews(ウィズニュース)
http://withnews.jp/article/f0160517000qq000000000000000W03610701qq000013252A
・3DCG女子高生Saya2016がヤバい出来に。完全に不気味の谷を超えた(世永玲生) - Engadget Japanese
http://japanese.engadget.com/2016/09/09/3dcg-saya2016/
・伊達杏子 - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BC%8A%E9%81%94%E6%9D%8F%E5%AD%90
・テライユキ - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%86%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%A6%E3%82%AD
・江口愛実 - エケペディア
https://48pedia.org/%E6%B1%9F%E5%8F%A3%E6%84%9B%E5%AE%9F
・江口愛実 - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B1%9F%E5%8F%A3%E6%84%9B%E5%AE%9F
・ELIZA - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/ELIZA
・ELIZAの語るもの
http://www.ycf.nanet.co.jp/~skato/muno/eliza.html
スポンサーサイト

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

『シャッター アイランド』感想

シャッター アイランド

テディと奥さんにはしあわせになってほしかったです。
めっちゃ感動しました。


知らん間にリメイクしてたとかじゃなくてレオ君主演の2010年作です。
ええ、今更ですね。
『インセプション』を最近見まして、その後ぐぐった感想でムカつく暴言吐いてるクソを見かけたんですね。

そしたら以下の発言も出てまして。

見事に引っ掛かってレンタルですよ。

で、巷の感想群では予告が予告がと広報のやり方に疑問を感じる方々がわんさかおいでなんですが。
よっぽど酷かったんすね。

私は予告動画とか基本見ないので、日本の映画予告なんざ見る方が悪いとか思っちゃうんですが、このシャッターアイランドに関しては前座として劇場で何か動画が流れたみたいです。
逃げられんやないかww流石に同情しますわ。

つかこの手の映画でそんなに初動って大事ですかねー。
むしろ口コミとか利用した方が良かったんでね?


=以下、ネタバレです。=


・映画『シャッター・アイランド』ネタバレ 感想 | 俺のシネマ
http://www.oreno-cinema.com/shutter-island.html
ここ↑の感想が面白かったので読んで下さい。

ぶっちゃけ書く事無いので、気になった箇所をば。

・カーンズおばちゃんが水飲むときコップ無い(消えてる)の何で?

これ何度も見直したんだけど、意味が解んなくて。
右手で飲んで(飲むアクション)、でもコップ置くのは左手。
構図とかで、かなり解り易くやってるから何か意味あるんかなーって。

ぐぐったら映画「シャッターアイランド」徹底解説サイトってとこに載ってて。

【謎30】
カーンズという女性患者が水を飲む瞬間、コップが消えているのは何故?
  => このシーンがテディ(レディス)の幻想と現実が入り混じっているから。


へ?そんだけ?
いやまあそんんんんんんなに重要とは思ってないけど、えええ?

うーーーーーん、その前後とかで幻覚みてーなシーンがそこそこ入ってるなら解らなくも無いんだけど。
序盤の方だと、夢くらいじゃね?現実と入り混じるとこ他にあったっけ?
コップだけなんか印象的になってて、観客は気になるだろうに、何もなし?
後半になって幻覚とか入り乱れてってのは解るけどさー。

ま、いっか。
他にもレイチェル実存説とか、陰謀説も可能性としては否定出来ない要素も残されてるから面白い。


=以下、どうしても紹介したい秀逸な感想=

・シャッター・アイランド 感想ネタバレあり|JOLちゃんのブログ
http://ameblo.jp/jolju/entry-10505839176.html
書いてる本人も言ってるけど、相当ハイレベルなバカ。
”1954年の私服連邦保安官なのに、銃がクロスドロウでない。(昔はクロスドロウ)”
”おばちゃん、なんと(演技するように指示されていた)事件に関しては瞳を右のほうに向け、テッドが想定外の話を切り出した時、本当のことを思い出す、瞳を左側に泳がせる動作をした。”

とか色々「ここに気付いたオレ凄い」を連発してのドドメ↓↓。

結局、ラストにテッドは自分がレディスだと認め認識し、ロボトミー手術を免れた……と思ったら、最後に相棒との会話でまたテッドになってしまい、手術?にいく……ということで終わります。


うん、そこまで行くと逆に素敵。

あとキリ無かったのでURL等は割愛するけど「開始○分で真相解った」系ね。
この映画はゴリゴリのミステリじゃないけど、こーゆー感想ほんと壊滅して欲しい。気持ち悪くてしょーがない。地獄のミサワかお前ら。

なんなんだろうか。
ちゃんと答えが解るような造りになっているんだよ?

タイムアタックのランキングでもやってんのかなー。

とか思ったけど、公式で散々「何分で解ける?」みたいなクソ煽りやってるんだね。そっかそっか。
みんな被害者か。

どんどん腐っていくね。日本の映画広報界。




・シャッター アイランド - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%83%E3%82%BF%E3%83%BC_%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%89

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

『インセプション』感想

インセプション

持ち上げたほうがいいに決まってんだろ。

たまたま蔦谷さんでエンカウントした、又知人の人妻AAさんに「映画好きなのに?」と驚かれました。
私のカゴの中身がほとんどポルノだった事に驚かれたのではなく、インセプションを借りている事にでした。

旬を逃して、なんかもういいやーって感じで見てなかったんですが、何となく見たくなったんです。


=以下、ネタバレです。=

まあ、手放しで面白かったんですけど。

何より、ダークナイトで評価ごりっとUPしたその後の監督作でこーゆーの作って貰える訳で。
最近のインターステラーもそうだけど、いや違うけど、要はお金をゴリゴリに掛けた大作でSF作品をね、これからもずんどこ作って行くには、売れないと駄目な訳ですよ。
そうなると商業的な見込みとして、柔軟な客層への”解り易さ”言わばエンタメ的要素は、不可欠な訳です。

大成功じゃねーの?インセプション。今となっちゃ結果論だけど。
バランスよく出来てると思うけどなー。

なんつーか大衆が把握したい箇所は、きちんと説明するし、どうでもいい(SFファンにとって知りたい)箇所は、結構オミットするっつー配慮具合とかw
ラストもそうなんだけど、映像として綺麗に残す類の謎もあるしね。そういう巧さがあると思う。

と言うのもね、感想とかで、たまに許せない発言とかあって。

・映画『インセプション』は持ち上げない方がいい 【ややネタバレ】 - Togetterまとめ
例えば、ここは基本ゆかいな大学生のだべりまとめに過ぎない内容なんだけど、以下の発言が気に入らない。


はぁ?
何でこう、上から目線気取りやがるかね。クソ自称クソ評論家クソ野郎は。
映画論としての評価ならまだ百歩譲って解らんでもないけど、「面白さ」なんざ究極の個人主義だろーがよ。
なんつークソバカなんだろうか。

ま、いいや。

謎や疑問、っつーか不備レベルの説明不足が多いこの映画。わかんない事だらけ。
6年も前の作品なので、ぐぐれば解るだろーと高をくくってBD返却しちゃったんだけど、誰も解説してないw
あーあ、もっかい借りようとは思わんしなぁー。まあいいや。

追記:
映画「インセプション[INCEPTION]」徹底解説サイトに色々書かれてた。。。けどさ。

Q.第2階層が無重力になったとき、第3階層でそうならなかったのはナゼ?
A.第1階層でバンが落下中は、第2階層が無重力でしたが、第2階層では無重力とはいえ、ドリーマーの体は浮いているだけで、下の層に影響を及ぼすような力を受けているわけではないので、第3階層には影響しなかったと思われます。


へ?それで説明ついてる??
下に行くに連れ時間の流れが20倍になる(引き伸ばされる)っつー設定だし、無重量の影響も20倍に薄まってんのかなーとか思ったけど。。。
”ドリーマーの体は浮いているだけで、下の層に影響を及ぼすような力を受けているわけではない”って、えー?どういう力学だよ。浮いてるって凄くね?




・インセプション
http://wwws.warnerbros.co.jp/inception/dvd/
・インセプション - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%BB%E3%83%97%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

『劇場版selector destructed WIXOSS』感想

劇場版selector destructed WIXOSS

簡単に言うと、繋ぎの為の雰囲気アニメ。


楽しんで見たんですよ。TVアニメは。
魔法少女?見るかボケ!っつってバカにしてて結局話題性に負けて観賞してぶったまげてBD様に土下座して神棚に祀った『まどマギ』に似た感じのアニメあるよーって聞いて。

まあ面白かったんですよ。
何か設定とかすげぇ中途半端で徹底されて無ぇ印象はんぱなかったけど、面白かったんです。泣いたし。
あと販促アニメとしては(違うかも知んないけど)、アニメみても全くWIXOSSの魅力が解らないとことか、バトル風景も何がどうなってそういった戦略や勝敗に繋がるのか1ミリも解らないとこだらけだったけど。
 ※wikiによれば販促じゃないらしく、アニメで展開されたバトルの内容もゲームの方の公式サイトで詳しく紹介してるらしい。偉い。

面白かったんですよね。確か。

ええ、うろ覚え。



なに?2年後て。
TVアニメ終了から2年後に公開て何よ。マジで。

覚えてる訳ねーだろし!(厳密には1年2ヵ月後です)



=以下、ネタバレです。=


3期への繋ぎって訳でもなさそーだし、一応カードゲームの方は続いてるって事なんだろうけど、映画化の意味あったんだろうか。

あ、3期やるんや。
なるほどそーゆーことか。

総集編だろうとは思っていたけど、ゴリゴリに総集編だったし、まあそれでも新作カット含む、残された謎と後出しジャンケン的な設定での説明的内容。
全然覚えてないから、それらが辻褄合ってるのかも解らない。

総集編なのでダイジェストでストーリー追う流れなんだけど、巧い事編集出来てないのか、新作ストーリーが変にノイズになってるのか、よく把握出来なかった。
大体の全体像は掴めると思うけど、主軸の方が、全然理解出来ない。誰が誰なの?みたいな。
いやTV見てる人は、結構有利な筈なんだけどなー。マジわっかんねぇ。

TVアニメ見てて、それでもこんだけ解らないって事は、新規の人全滅じゃねぇかな。
悲しいかな総集編なので、何度も見る類の映画じゃ無ぇってのも、解り難さに拍車がかかってる。
確かに、私の記憶具合と処理速度の問題でもあるけどな。

ほんとぼんやりしてる映画。

ラストで主人公の”るー”が「涙でぼやけてタマが消えそうで怖い」とか言うんだけど、そんな感じ。
しっかりはっきりしてない。

ラスボスが何であんな感じになるのかもよく解らないし、またキーパーソンなキャラの言ってる事が説明的なくせにやたら抽象的だから、結局何なのか解り辛ぇしww

本当はTVシリーズのように時間を掛けてじっくり煮詰めながら議論し合って解決する解釈なんだろう。
総集編の映画91分では全く足りていない。

1時間半もあれば十分な気もするが、内容に全24話約12時間+新カットを詰め込んでいる訳だから、尺的に難儀であったのは想像するに易しい。

何より熱心なファンにとってはこれで充分満足な作品かも知れないし、繋ぎとして見れば、WIXOSSシリーズの雰囲気だけは伝わると思えなくもない。

それでも映画として、劇場版アニメとして、ジャンルとしても、出来は最悪。
総集編としても、3期への繋ぎとしても、新規獲得などへの宣伝としても、褒められる部分が少なく、単体の作品としての評価は、個人的に残念ながら低い。100点満点中5点くらい。




・劇場版『selector(セレクター) destructed WIXOSS』公式サイト
http://selector-wixoss.com/
・selector infected WIXOSS - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/Selector_infected_WIXOSS

・TVアニメ『Lostorage incited WIXOSS』公式サイト
http://lostorage-wixoss.com/
・Lostorage incited WIXOSS - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/Lostorage_incited_WIXOSS

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

『キング・オブ・エジプト』感想

キング・オブ・エジプト

お子様の為の豪勢なエンタメ映画。

ハッキリ言って嫌いじゃないです。こーゆーの。
もう滅茶苦茶な映画。それをここまでお金掛けられるのがハリウッド。
考証?何それ?なバカ映画としては文句無い出来じゃないかなぁ。

ファンタジーと割り切って楽しめる人なら、お金を払う価値はある。

ぶっちゃけ邦題と日本版予告はあんまり好みじゃない。
この映画の個人的目線での悪い点はそれくらい。

突っ込み所や引っ掛かる点は、当然山程あるのだが、そう言う味、そう言う枠の映画だと思う。
この映画が少しでも過去の歴史的事実であるかのような振る舞いや、真面目っぽさを含んでいたら、総スカンの袋叩きにあっただろう。

小学生や中学生が世界史から妄想したファンタジー。いいじゃねぇの。




・映画『キング・オブ・エジプト』公式サイト
http://gaga.ne.jp/egypt/

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

『ゾンビーワールドへようこそ』感想

ゾンビーワールドへようこそ

初心者も大歓迎、徹底したB級グルメ。

あー、先ずね。
邦題www何でこうなるんだよw

誰?考えたの。誰?許可したの。
”タイトル”の意味解ってんのかね。
センス無いとかそーゆーレベルじゃねぇよこれ。バカじゃねえのホント。

これだけ質の良いゾンビ映画も中々珍しいと言うのに、とんでもないタイトルのせいで、誰も見てないんじゃないだろうか。
ただでさえ日本未公開と言う勿体無さを含んでいるのに、お前らクソ邦題考えるマンのせいで、誰も見てないんじゃないだろうか。


=以下、ネタバレです。=


質が良いとは上記したが、中身はB級ゾンビを徹底的に意識した造りの拘り映画である。
その為、新種なゾンビや、度肝を抜く新鮮な展開はこの作品には全く無い。

既存のゾンビ映画の良いとこ(バカ部分)取りをかなり軽めのランチ感覚でバイキングにしたような、すこぶるライトな内容でもある。
更にそれをティーンエイジャー向けにレイディングを引き下げ、敷居の低いB級グルメを展開している。

極めて丁寧に解り易いゾンビ料理を振舞っている店なのである。
邦題考えた奴マジでゾンビになればいいのに。

例えば、こう言ったお手本のような映画は、節目節目で作られるのだが、それは今の世代の人に向けてのベースを提示する目的があり、かつ製作側の継承度を計る為のものでもある。
その意味でもこの作品は純度が高く、完成されている。
特にこれまでの展開を全て台無しにする軍隊登場シーンは、デウスエクスマキナなアメリカバカ映画の基礎として鉄板である事を示している。

冒頭のつかみからの流れを見れば、あたかもA級であるかのようにセンス良くそれもクリアに演出され、やってる事は粗雑で乱暴なのだが、騙され引き込まれ易い。そんな安心感がある。
そしてヘタレ主人公達の等身大のアクションから、徐々にB級臭がだだ漏れ始め、どうやって組み上げたのか解らない恐らく対ゾンビ用兵器としてホームセンターに売ってあったのだろう武器を使い、人とゾンビが混雑し入り乱れる中どうやって判別してるのか解らないが兎に角的確にゾンビだけを相手に、何一つ苦戦する事も無く大量のゾンビたちを豆腐を潰すかの如く軽々と撃破していく怒涛の展開。
これぞB級である。

友達の姉に恋する主人公が、美人で巨乳のストリップバーで働いてるが脱がない仕事なので汚れてないエロいお姉さんと偶然出会い、自信をつける為にキスして貰えて、一旦別れるんだけど結局助けに戻って来て貰えて、最後には後腐れなく去って貰えて、友達の姉をゲットすると言ったファッキンな展開も魅力。

ゴアも適度にあり、勿論おっぱいもある。
そして欠かせないのが下ネタだが、うんことちんこ、ゲロに放屁に盛り沢山。完璧である。

若い世代のエチュードに最適化されても可笑しくないレベルの作品。


追記:
一応書いておくと「ゾンビーワールドへようこそ」ってタイトル自体は決して嫌いじゃない。
ただ内容と合わな過ぎて吐き気する。




テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

プロフィール

Author:ねーやん
さーせん。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
リンク