劇場版アニメ『かっちけねぇ!』感想

かっちけねぇ!

かっちりした王道ファンタジー。

主人公の抱える悩みとファンタジー要素がストーリーで絡み、昇華する。
絵は若干古臭いと言うか手塚スタジオ丸出しだが、ベースが和風なので既視感ともまあまあ戦えるし、普遍的スタンダードな概要は誰にでも解り易く、短編として誠実である。
それでいて、家族構成などで語られない部分も描写する配分は流石。
エンドロール後のオマケパートも個人的に好き。




・あにめたまご 2016
https://animetamago.jp/2016/
・若手アニメーター育成プロジェクト - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%8B%A5%E6%89%8B%E3%82%A2%E3%83%8B%E3%83%A1%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%BC%E8%82%B2%E6%88%90%E3%83%97%E3%83%AD%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%82%AF%E3%83%88
スポンサーサイト

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

劇場版アニメ『風の又三郎』感想

風の又三郎

存外な傑作の域。

まさかこのタイトルから、これほど傑作なアニメが作られるとは。
意外や意外。

絶対クソつまんねぇだろうと思っていた。
原作が悪いわけでは全く無いが、この手のこう、なんて言うか国語の教科書に載ってる類の文学作品みたいなものは教習用的に感じられ好きになれない。

この作品のキモはラストに集約される訳だが、これほどファンシーな世界観で描いておいて、だからこそ対比で浮かぶリアルさは、どうしようもなくセンシティブに突き刺さり、作り手が味わわせたいノスタルジーを成功させている。

ドラマとして結局は何も無い。結局は何も無いのだが、それがこの作品をこの30分単体で完結させており、その仕組みや流れが自然で、ある種、涙すら誘う。

ほろ苦さにすら届かない、この読後感。
非常に文学的で、それでいて現代的なそして伝えたいアプローチにシフトさせた手腕は見事。

ただノスタルジー部分は傑作だと思うものの、原作的な要素は薄く、どちらかと言うと原案に近いと言える。




・あにめたまご 2016
https://animetamago.jp/2016/
・若手アニメーター育成プロジェクト - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%8B%A5%E6%89%8B%E3%82%A2%E3%83%8B%E3%83%A1%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%BC%E8%82%B2%E6%88%90%E3%83%97%E3%83%AD%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%82%AF%E3%83%88

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

劇場版アニメ『カラフル忍者いろまき』感想

カラフル忍者いろまき

子供にはウケが宜しいかと。

クレしんのような湯浅監督作品のような、キャラクターデザインとアクション演出が見所。

ぶっちゃけるとそれだけしか無い。
っつーか間違いなく完全な子供向けである為、逆にそれだけで良いとも言える。
なので以下の件などは全く気にならなかった。
・主人公一家とボロ屋の関係が解らない件。(他人の空似なのか)
・父親が最初から殿と呼ばれている為、後から出た鎧の意味が全く無い件。
・何故避難しなかったのか。
・何故扉を半開きにしたままだったのか。

個人的には若く可愛らしいカーチャンが出て来ただけで、一応の満足感は得ている。




・あにめたまご 2016
https://animetamago.jp/2016/
・若手アニメーター育成プロジェクト - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%8B%A5%E6%89%8B%E3%82%A2%E3%83%8B%E3%83%A1%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%BC%E8%82%B2%E6%88%90%E3%83%97%E3%83%AD%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%82%AF%E3%83%88

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

プロフィール

ねーやん

Author:ねーやん
さーせん。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
リンク