スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画『黒執事』感想

黒執事

食わず嫌いは勿体無い。

主に腐に人気とされる漫画を原作に、キャスト非難暴風の中、泥沼の実写映画化。
原作は腐を狙った内容ではあるものの、決して腐向けオンリーではなく、その為、果たして腐に占拠されたマーケットで良かったのか判断付きかねる所ではある。
少なくとも「腐向けかよ、じゃあいいや」とBLお断りな人間は腐以上に多く存在するのが事実。
こればかりは作者と編集の采配に委ねるしか無い現状なのだが、ファンタジックなギャグ作品として腐以外にも密かな人気を博している部分があるのもまた事実である。
強烈な方の腐成分が、その他の開拓を潜在的に邪魔している状態は、非常に勿体無いと言わざるを得ない。
 ※ちな、当方原作・アニメ未視聴。

さて、映画である。

俳優として3年振りの復活と言う、水嶋ヒロは流石の存在感。
役作りとしての雰囲気、立ち振る舞い、アクションと申し分ない。
原作ブレイクとまで言われたこの映画をして、ファンも納得せざるを得ない、現状で用意出来る最高ランクの俳優だろう。

他の配役もまあ、及第点として、なんで剛力?

美少年を女性が演じるという暴挙は、日本では結構よくある事ではあるが、余りにも安直ではないか。
この配役に、例えば”美少年に扮した実は女子”といった意味(これも安直だが)などが含まれていなければ、ゴリ押しだのなんだのと揶揄されても何も文句は言えない。

とか言ってすいませんでした。
前情報なしで見ました。


で、結構、普通に面白かった。
前評判が悪過ぎてハードル下限超えてたのが、逆に良かった訳で。

ヒロ斉藤や敵役、メイドさんもアクション良かったし、優香の意外な熱演ぶりもかなり好印象。谷間も良かった。
脚本にもあんまり無理は無かった気がするし、ミステリーとは言えないまでも、解り易い展開運びに、大小問わず着いて行ける流れ。
エピローグが冗長なきらいはあるが、全体的に概ね良かったと言える。

余程ソリッドな嫌悪でも無い限り、ちゃんと観て評価したい映画である。




・2014年6月4日 ブルーレイ&DVDリリース|映画『黒執事』公式サイト
http://wwws.warnerbros.co.jp/kuroshitsuji-movie/
・黒執事 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%BB%92%E5%9F%B7%E4%BA%8B

=参考=
・黒執事 (くろしつじ)とは【ピクシブ百科事典】
http://dic.pixiv.net/a/%E9%BB%92%E5%9F%B7%E4%BA%8B
・今日もやられやく 『黒執事』第17話のセバスチャンとシスターのまさかのSEXシーンにファン涙目
http://yunakiti.blog79.fc2.com/blog-entry-2235.html(リンク切れ?)
⇒https://web.archive.org/web/20121208213728/http://yunakiti.blog79.fc2.com/blog-entry-2235.html
・黒執事・第17話: 異常感想注意報
http://teo.cocolog-nifty.com/column/2009/02/post-a9cf.html
・『黒執事』#17その執事、奉納 - ことばあそびばこ
http://d.hatena.ne.jp/bookilog/20090210/1234248999
・黒執事についてです。黒執事が「腐女子向け」と言われるのは何故ですか... - Yahoo!知恵袋
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1419430309

・【悲報】実写版黒執事、主人役に剛力彩芽wwwwwwwwww:MAG速
http://magsoku.blomaga.jp/articles/7140.html
・実写映画化『黒執事』に剛力彩芽さん出演でファン激震「ふざけんな」「怒りしかない」|ニュース&エンタメ情報『Yomerumo』
http://news.merumo.ne.jp/article/genre/1169711
・Twitter / 検索 - #黒執事実写化反対の人rt
https://twitter.com/hashtag/%E9%BB%92%E5%9F%B7%E4%BA%8B%E5%AE%9F%E5%86%99%E5%8C%96%E5%8F%8D%E5%AF%BE%E3%81%AE%E4%BA%BArt

・【まじかよ】水嶋ヒロさん「実写版黒執事、ネガティブな声がほとんどない!」 監督「原作ファンにも堪能していただけています」 : はちま起稿
http://blog.esuteru.com/archives/7468547.html
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ねーやん

Author:ねーやん
さーせん。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。