ビーチ・シャーク 感想

ビーチ・シャーク

雑に転がせるのがB級。されど。

ビーチが舞台なのに、セックスはおろかポロリすら無しと言うある意味タイトル詐欺な映画。
ヒロインも学者という設定なのに無駄にガタイがよく、ちょっとしたレスラーである。
しかもこのガチムチヒロインが唯一に近いおっぱい要員であるのだから、エロ期待で観るのは禁物だ。
WS000151.jpgWS000150.jpg
乳揺れもあるし、まあまあ良いモノをお持ちではある。

テーマから役者からストーリーから何から何まで全てチープで一点に特化されたものがB級映画。
暇つぶしにはなったと客に思わせる事が必須であり、その為エロとグロはお約束とも言っていい装備。
それでも、カルトまではなくともよくできたB級は多くあり、しかしその逆もまたそれ以上に多く存在するジャンルではある。

本作品は、その後者に値する残念なB級だが、突っ込みどころに困らないと言う点では醍醐味の一つをクリアしてはいる。(当たり前だけど。)

ただそのボケは、あえての演出なのだが(多分)、その”あえて”が御座なりに見えてしまう作品は、やはりB級と言えど質の悪さを感じてしまう。
一応暇つぶしにはなる映画ではあるので、ギリギリ及第点ではあるが。




・ビーチ・シャーク - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%93%E3%83%BC%E3%83%81%E3%83%BB%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%82%AF
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ねーやん

Author:ねーやん
さーせん。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
リンク