映画『魔女の宅急便(2014)』感想

魔女の宅急便

意外に良かった。(粉みかん)

=以下、まあまあネタバレです。=

先ず、ジブリが圧倒的過ぎて「アニメと比べ原作寄り」とか感想しかねない危険な香り。
そして原作厨やジブリ厨の意見は多分1アトも参考にならない。
ちな当方原作未読。

それくらい現存する情報に左右される観賞スタイルになりそうなだけに、結果「意外に良かった」と着地する事請け合いではある。

端的に観想するならば、私もやはり、意外に良かったと思うのである。
キキ役の小芝風花はとても13歳には見えないものの、初主演でこの好演ぶり。
おソノ役の尾野真千子も良く、他の役者も違和感あれど直ぐに慣れる程度。

飼育員の無駄な毒やマツコDXの意味不明な演出も、普通にウザく、ストーリーの小規模感は勿体無い部分てんこもりではあるが、概ね仕方無いと思える。

この映画を観て改めて解る事は、邦画はこれが精一杯の現状なのだと言う事。
清水監督の起用とその手腕は”意外に良い”と言う感想をゴリゴリ引き出すだけの効果を齎している。
この辺は同じくVFX監督(御幣有)の著名である山崎監督や三池監督が担当した場合、果たしてこのまあまあの評価貰えたかどうかも解らない所が面白い。
 ※三池監督版は観てみたい。

すなわち”ジジとカバのCGしょぼい説”は妥当な評価ではあるものの、それは肥えた舌による無いもの強請りに過ぎない点である事を側面として理解していなければならない。

そして、それは何もCGだけに限った要素ではない。
例えばあれだけ極悪に魔女を差別排斥していた衆人環境が、キキが1匹の子カバを救った程度(有り得ないほど命懸けだが)で見事に掌返してしまうストーリーとしての唐突感としょぼさ、がある。
魔女の呪いが流行る直前にフィーバーしていた事も相まって、STAP騒動とダブるダブる。(STAPに関しては逆転ないままだが。)

このシークエンスは確かに酷い。
しかしそれは、そういった一般的なミーハーで無責任なヒト的流れを、ほぼ克明に描写したかなりリアルなシーンだから酷いと感じるのである。
映画として作りが悪いのではなく、描いたものが容赦のない悪意とそれに対しての圧倒的な無理解なのであり、あの軽薄な移り変わりのシーンは見事としか言いようが無い。

勿論、どうせ大勢の観衆の心理を揺さぶるのだから、演出的にせめてジブリの飛行船シーン並みの迫力を期待したい気持ちは解る。子カバ1匹て何だよと。
ただその救出シーンは、上記したがギャグではあるものの有り得ないほど命懸けであり、ワンシーンとしては普通に力が入ったカットになっている。
その感じのエピソードがいくつか並んで魔女の評価が変わっていくなら及第点の展開だが、映画1本108分では1エピソードが限界なのもそこは観客が譲るべきだと思いたい。

つまり、人間心理の揺れ幅を無視したっぽいポンポンと展開する記号的な起承転結も、人間の流動具合として観れば、充分にあるあるの領域だと思える。
その愚行と迫害を何の後悔も反省もなく、めでたしめでたしで終わりな所も、業の深さと底の浅さ頭の軽さを表現したホラー監督清水崇と邪推するのは、個人的な感想である。





・映画「魔女の宅急便」公式サイト
http://www.majotaku.jp/
・魔女の宅急便 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AD%94%E5%A5%B3%E3%81%AE%E5%AE%85%E6%80%A5%E4%BE%BF
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ねーやん

Author:ねーやん
さーせん。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
リンク