映画『超高速!参勤交代』感想

超高速!参勤交代

とりま文句なし。
突っ込み所は満載な時代劇。

この映画は凄い。
脚本の時点で第37回城戸賞を全審査員満点で受賞といった実績があり、この映画は骨子とも言える部分から既にプロ審査員の太鼓判を押されている。
つまり例えどんな映画に仕上がったとしても、確実にその道の一定の評価は受けるのである。
むしろ(その事実を知らず)脚本を低評価しようものなら、素人ならまだしも仮に名の知れた批評家だった場合、「脚本のなんたるかを何も解っていないうんこ」のレッテルを貼られてしまう訳だ。これは酷い。いや凄い。

売れるか否か、面白いか否か、好き嫌いは別にして、批評家は脚本について何らかのアプローチで光る部分を見出さなくてはならないのだから大変である。

しかし。
ただ、この映画に関しては、その肝心の脚本が素人目にして良く出来たものであると判断するしか無い。流石は満点受賞作。
勿論受賞を知っているから素晴らしく感じるのではない。言うまでも無いがプロでも何でもない感想屋が受賞云々を気にして感想の結果を変える事は断じて無いからだ。何の意味も無い。

突っ込み所は満載と上記したが、それは言わば時代劇だからと言っていい。
フィクションや突っ込み所が無くては、それはフィクションではない。時代劇である以上、様式美やお約束であり、楽しむ要素の一つでもある。

殺陣にやや不満が、と言うよりチープな演出が目立つものの(もしかしたらそこもまた時代劇の醍醐味なのかも知れないが)、主役佐々木蔵之介の抜刀は付け焼刃にしては及第点の型の良さが光っていた。
家来の五人衆の活躍もコメディと殺陣の二段構えで丁寧に用意されており、ここだけでも脚本の行き届き具合が確認出来る。

近年の時代劇では、確実に頭一つ抜きん出た、秀逸なお薦め映画である。




・『超高速!参勤交代』2014年6月21日(土) 超高速!ロードショー
http://www.cho-sankin.jp/
・超高速!参勤交代 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B6%85%E9%AB%98%E9%80%9F!%E5%8F%82%E5%8B%A4%E4%BA%A4%E4%BB%A3
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ねーやん

Author:ねーやん
さーせん。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
リンク