スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イントゥ・ザ・ストーム 感想

イントゥ・ザ・ストーム

意外な程王道。

動画などのCMが結構バカなので(セリフやカットのチョイスとか)、ちょいB級なやり過ぎシーンがあるのかなと思いきや、普通。
POVを入れている所も実にB級っぽいのだが、それが特にストーリーに深く関わってくる訳でもなく(関わってるっちゃあ関わってるけども)、終わってみれば存外普通のツイスターである。

ディザスタームービーなのだが、バッタバッタと人が死んでいく訳でもなく、グロめのカットも無い。
建物は壊れまくって人も飛んでいったりするが、結果、映画としての凄まじい被害っぷりは、カタルシスという意味で少なめ。

激しいセックスやヌードも無く、主人公の淡い恋愛と家族関係をベースに、竜巻ハンターが意味も無く絡んでくると言った、極々普通の有り触れた定番の話。
そういった意味では、96年の「ツイスター」の方が一枚上手に感じる。多分。っつーかあんま覚えて無いけど。
脚本の綺麗さ巧さはこっちのが上なんだけれど、うっすいやん?

例えば、今とにかく竜巻映画が見たいとなれば、改めて態々ツイスターを見るか、こちらを見るかとなれば、折角なのでこちらを…といった選択にはなる。

ただ、こんな丸出しの焼き直し的王道にしなくても、もっと特化的に凝っても良かったのではと思える、クラシカル過ぎてある意味勿体無い作品。
竜巻シーンは決して迫力不足ではないので、その辺は合格と判断出来るが、それでも全体的なマイルド感は否めない。

それでも、他の竜巻映画には無かった(多分)、装甲車タイタスと竜巻のバトルは、B級要素を満たしてくれる重要なフックであり、個人的には楽しめた。


つーか、ラストシーンはどうなの。
クレジット後の方が良くね。




・映画『イントゥ・ザ・ストーム』 オフィシャルサイト
http://wwws.warnerbros.co.jp/intothestorm/
・イントゥ・ザ・ストーム - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%88%E3%82%A5%E3%83%BB%E3%82%B6%E3%83%BB%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%A0
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ねーやん

Author:ねーやん
さーせん。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。