スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

邦画『人狼ゲーム ビーストサイド』 感想

人狼ゲーム ビーストサイド

最悪の劇中ロック。

主役がイカれたロケンローラーと言う事で、皆殺しのマリアを思い出した。
無論、何の関係も、似てもいない。

いい感じの消化不良感を楽しめた前作から引き続き監督を同じくした完全なる続編なのだが、大まかな設定だけの続編であり、登場人物などは総入れ替えなので、純粋な続編(特に前作の続き)を期待する人にはちと向かない。

前作でもそうだった演出や出演者たちの演技は、今回もめざましく光り、監督と演技指導の力なんだなと再度感じた。(勿論演者自身の力でもある。)

内容もタイトルにある通り、人狼側を主軸とした作りになっており、中々新鮮である。
ゴア・グロ成分もかなり控え目で、それでいて凄惨な現場をきちんと演出出来る点は流石。

特に主役の由佳(土屋太鳳)の不穏な壊れっぷりを最初から最後まで貫いた、その狂気の演出・演技は、観客の憤りと不安を引き出すには充分過ぎる威力である。

一貫しているようで一貫していず、また壊れていないようで壊れている。
その無茶苦茶さ加減は幾らでもアート()に逃げられただろうにそうしなかった所は評価に値する。

ちなみに、劇中歌は主演の土屋太凰自らが作詞作曲したらしく、音痴という役の設定もあってか、まずまず最悪の歌である。無謀さと狂気が滲み出ていて中々イライラさせられる所がGOOD。




・3.20(金)DVDリリース!映画『人狼ゲーム ビーストサイド』公式サイト
http://jinro-game.net/
・映画『人狼ゲーム ビーストサイド』オフィシャルブログ
http://ameblo.jp/jinrogame-movie/
・人狼ゲーム (映画) - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%BA%E7%8B%BC%E3%82%B2%E3%83%BC%E3%83%A0_(%E6%98%A0%E7%94%BB)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ねーやん

Author:ねーやん
さーせん。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。