スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インターステラー 感想

インターステラー

愛って言っちゃうもんなー。

つか、これ3時間もあったんだ。

まじかー。
間違いなく途中で寝ちゃうタイプの地味な映画だったんだけど。すんなり最後まで見れちゃう訳だ。質の差だろうか。

内容がハードなだけあって、科学考証が基盤だろうその映像美や表現は、大作の割りに超地味で、その辺をなんも知らん人が娯楽映画として見たら、爆睡ぶっこく類。

劇中で、愛こそ全て的な、愛が奇跡を生む的な、愛こそ科学だ的な、ハードSFぶっ壊しなセリフがある為か、いや実際そんな風にしか感じられないだろうシーンもあり、かつ根本なテーマに親子愛があるもんだから
親子愛に涙する感動映画です。とか言っちゃうバカなレビュー多いんじゃね?な危惧はある。特に日本人の女子()

違うだろ。絶対ぇ違うだろ。いやそうなんだけどwむしろそう感想すべきじゃねぇだろ。


=以下、そこそこネタばれです。=

こういったハードSFっぽい雰囲気映画で、よくよくよくあるのが「この公式は間違ってる」とか「そうか逆か」などの”偉大な公式の否定”。
この映画でも主人公クーパー(マシュー・マコノヒー)の娘マーフィ(ジェシカ・チャスティン)が、とある公式の前提である仮定を「両手を縛られて戦うようなもの」と、その研究に人生を費やしてきた老博士に指摘する場面がある。

確かに、いくら偉大な天才であろうと間違いは犯すし、発見された公式が全ての時代で正しく機能する訳では無い。
そして勿論、映画という精々が2~3時間の尺で、その荘厳な歴史を覆さないといけないのだから、唐突に突拍子も無い閃きをストーリーとして必要とするのも解る。

しかし、そんな程度の思いつきはそれまでの長い科学史の中で何百何千の天才たちが指摘し模索してきた筈である。
それでも科学は変わらなかった(公式は見直されなかった)と言う背景がこの映画のそのシーンの直前まで脈々と存在するからこそ、マーフはその時気付く事が出来たのである。

では何故マーフが気付けたのか?

その部分がそれまでの、或いは現在の科学(ひいては先人達を)をリスペクトしているかどうかで変わってくるのだが、本作では、かなりよく練られていて非常に私好みだった。

といっても説明不足感が至る所で容赦なく発揮されるので、元々科学がSF系に興味ない人は、マッハで置いてけ堀を喰らう手筈。

ただ、気になったのが、あんな恒星間航行ほいほいやっちゃう未来の話にしてはメカデザインや理論がやや古臭い点。
いや科学な数式や定理は100年程度では錆付かないのでまあいいのだが、何あのロボット。
ジェイムスン教授かサイレント・ランニングのドローンレベルの古典具合。いやモノリスかなぁ。

好きか嫌いかで言えば、超好き。
あの懸命だけどクソ遅ぇ歩行スタイルとかwwどう見ても役立たず感丸出しなデザインすげぇ好き。
そのクセ、重要な場面では軽々しくトランスフォームして有能さを見せ付けるギャップ。
その変形後デザインも「水場でそれ?!」と突っ込ませる気満々の流石ジョーク度60。

全体的には地味なのも手伝って、何処かノスタルジックな雰囲気を感じる不思議な映画ではある。


ちなみにwikiにはネタばれ全開のストーリーが書かれているので注意。




メイキング(必見)



・映画『インターステラー』オフィシャルサイト
http://wwws.warnerbros.co.jp/interstellar/
・インターステラー - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%A9%E3%83%BC
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

インターステラー [Interstellar] (2014 USA)

希に難解すぎて何回も観たくなる映画がある。SunHeroの場合、最初のケースが1968年公開の「2001年宇宙の旅」だった。テレビで初めて見て、終盤で展開される映像美に魅了され、CGとかVFXとか無かった時代にどうやって撮影したのか、不思議で仕方なかった。その上、そもそも…

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ねーやん

Author:ねーやん
さーせん。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。