劇場アニメ『AURA~魔竜院光牙最後の闘い~』感想

AURA 魔竜院光牙最後の闘いa

何がなんだかよく解らなかったけど、よく解った。

随分前に見てたけれど、見返して感想書きたくなった訳です。
ちな原作は未読。

=以下、ネタバレですよ=


オープニングの戦闘部分がフリになっていて、私は結構最後(屋上シーン)まで「良子は、もしかしてガチ?」と思っていました。
結局は妄想見る少女だったんですが、そう思わせといて実は……な展開だと思ってたので、未だに納得出来ていないです。(理由は後述。)

原作の頃から対比されていたらしい『中二病でも恋がしたい!』がありますが。
アレは中二病に対して、もう、溶かしたチョコレートに蜂蜜を混ぜてそれを砂糖にかけて食べるレベルの甘々で、それを許容出来さえすればコメディとして楽しめる良質のアニメでしたが。(原作未読。)

こちらは真逆に中二病に対してすこぶるリアルな扱いの作品で、これほど心を揺さぶられるのは久々です。
中二病患者と卒業直後者のリアルタイムで微妙な、なんやったら揺れ動く心情や、周辺のそれらに対しての関係が容赦なく描写される部分は痛々しいほどに見事で、作者の方は間違いなくそっち寄りなのだなあと実感させられる内容でありました。
でなければ余程どっぷり取材を重ねないと無理でしょう。多分。

個人的には名作的な位置の内容だと思います。
少なくとも、ドン・キホーテに始まる歴史ある中二病系統の中で、特にラノベの中では屈指の自虐カタルシスを含んだ作品です。

ただ、基本的に主人公一郎と良子の物語を中心に描いているので、他の部分がやや疎かに感じる程度に説明や描写が不足している点は否めない感があります。

特にクライマックスの屋上シーンは、あまりにも非現実過ぎてシュールですらなく、未だに良子=ガチ説は有効なのでは?と思うほど、有り得ない舞台になっています。(あくまで現実的に考えて。)
勿論作品テーマがテーマなので、ガチな訳ないのですが、女の子一人でこっそり出来上がる規模の秘密基地じゃないのは確か。その辺の説明は劇中では終ぞありませんでした。
それに一郎以外の人間があそこで介入しないのも不可思議ですし、せめて担任が他を止める描写か、一郎が「俺に任せて絶対に他の人は駄目です」的な事言ってくれりゃーそれでいいのに。何で何も無い。

壮大な雰囲気を出したかったのか解りませんが、それまでの出来る限りリアルに徹していた物語にいきなり亜空間を持ってこられると、ガチ説もオレの脳内で急浮上しますよそりゃ。
あそこは非力な女の子が精一杯頑張って築いた最後の砦レベルの感じで良かったんじゃないかと思います。
(一応、良子側の家庭環境などは物語上出て来て無い為、実は巨大なパワーを持つバックボーンが潜んでいるのではと邪推も出来ますが……。)

もしかしたら、この物語も結局はアンリアルなフィクションに過ぎねぇんだよ甘えんな!と言うメタファーなのかも知れません。
そう考えると、元中二病の一郎が暴力に屈しないメンタルを備えていたのも、担任がいい奴なのも、ヒロイン良子がクソ可愛いのも、姉ちゃんが美人で怖い頼れるのも合点がいきます。

とにかくヒロインの良子が可愛い。これは卑怯です。
アニメや漫画の宿命なのでしょうが、モブ顔や不細工じゃ、絶対駄目なんでしょうね。誰も見ないし。それでもモブ顔なら作風として完璧でした。
※実際オタク系に美人がいない訳ではないのでしょうが。

対して不良?っぽいギャル弓菜は美人でスタイルも良さ気でしたが、これはそうでなくてはなりません。
対比的な意味も含めリアルなら人気あるギャルなんぞ美人で正解です。人に見られる事を対外的に意識した女子ですからコスメなどで余程の不細工でなければ最悪見た目だけ細工出来ます。
ですがヒロイン良子が頗る可愛い為、本来ここで比較されるべき見た目のリアルは本質とは異なり、その言動・性格の対比のみに限定されています。アニメ・漫画の限界でしょうか。
そのキャラクターの対比も、原作の良さとは少し違う語り口になっているらしく、落とし所なのかも知れませんが。

最後に姉貴さんが言うセリフが実に印象的でした。(確か『宇宙兄弟』にも似たようなセリフがあった。)

「過ちを犯した人間じゃなくて、更生に成功した人間だとは思ってやれないのかよ!実の親が!!」

泣きました。




・劇場アニメ『AURA~魔竜院光牙最後の闘い~』公式サイト
http://www.marv.jp/special/aura/
・AURA 〜魔竜院光牙最後の闘い〜 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/AURA_%E3%80%9C%E9%AD%94%E7%AB%9C%E9%99%A2%E5%85%89%E7%89%99%E6%9C%80%E5%BE%8C%E3%81%AE%E9%97%98%E3%81%84%E3%80%9C

・北へ。の国から:今すぐ見に行くんだ! 映画『AURA 魔竜院光牙最後の戦い』 感想
http://yukikaze.otaden.jp/e273578.html
・劇場アニメ「AURA 魔竜院光牙最後の戦い」感想:とある暇人の感想日記:So-netブログ
http://honnokimochi.blog.so-net.ne.jp/2013-05-25

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:ねーやん
さーせん。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
リンク