スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

300 帝国の進撃 感想

WS000867.jpg

ただただ贅沢。

=以下、多少のネタバレを含みます。=

たった300人の兵隊で1万の軍隊とケンカしたヒゲのオッサンの続編。
前作は、もうかっけーはえろいはで、あまりの酒池肉林ぶりに血湧き肉躍った観客の殆どがその後むちゃくちゃセックスしたのは記憶に新しい。

今回も、おんなじ。

もう、おんなじである。

オッサンのヒゲが多少薄くなったくらいで、クオリティは全くと言っていいほど変わらず、お金の掛かり具合に呆然とする。圧巻だ。

前作300を見た人はほぼ全てだろうが、私もまた本作に非常に期待寄せていた人間の一人である。
兎に角、残虐な殺し合いと貪るようなセックスが見たかった。大変満足である。

中でも世界最古の女海賊と言われる『アルテミシア』が映画の出演オファーを受けた時点で、大満足なのである。
パイレーツオブカリビアンシリーズでも実現しなかった、豪傑で痺れる最高の女が大暴れする訳だ。

正直エヴァ・グリーン扮する彼女の存在感や役割は主役すら霞む食いっぷりである。
ダブル主演と言っていいアルテミシアと主人公テミストクレスのセックスと戦闘のシーンは、もっとくれ!と思わずにはいられない。

前作と同じく、歴史やフランクコミックを知らずとも観に行って損をしない映画である。


ただ、惜しい点というか、妥協点がいくつか。
1つは細かいのだが、スパルタ王女が妙に強い点。
”気が強い”ならまだ解るんだが、敵もそんな弱くないだろうに、でも先陣切ってスパスパやっつけちゃう。
スパルタほどの国で女王やってんだこんくらいあたぼーよ。と言う人はいるだろうけど、前作でも気丈な場面はあっても剣の腕を披露する場面や、鍛え上げた戦士にも負けない描写は無かった気がする。(あったとしても前作7年前だぜ忘れてるよそんなもん。)
なので、いきなり強いと違和感ありありで、その辺は説明不足に感じた。
60d7f07b61b908168e76531982990190.png
女王がKick-Ass 2の神取忍な感じだったら、誰も文句は無かったろう。
といってもちょい役で、しかも盛り上がり最高潮のラストシーンの一部に過ぎないので、気にする方が野暮ではあるが。

そしてもう1つは、変態キング。
前作で神を名乗ったコイツが今回も出るのだが、私はこのハゲも楽しみの1つだったので少し残念なのである。

本作では、女傑アルたんと共に変態キング誕生の秘密など、敵側の情報が詳しく描写される。
特に変態キングは何やらとんでもない魔術的なアレをたらふくキメこんで、「神となった」と劇中で語られる。(ナレーション系の説明なので設定的に人間を超えてるっぽく。)
観客にも解り易い様、姿形が(多分大きさも)劇的に変わるのである。(普通の青年が⇒あのハゲに。)
まるでTBCのナオミの様な変貌に、ほんまに神やったんや!自称なだけのハゲやなかったんや!と私は大喜びであった。


こんなもんワクテカせずにはいられんやないかっっ!!

きっとすっげぇ威光がギリシャを恐怖に落し入れ「奴は本当に神なのか!」とかあって、変態キングにんまりみたいなん来るぜ!とか期待した。

1ナノ秒もそんなの無かった。
あんな禍々しくも神々しく変身シーンやっといて、なんも無ぇよ。むしろ配下のアルたんから無能扱い。


一応、前作の様に、今回も続編を匂わす終わり方だったので、もしか次があれば神様大爆発かも知れない。
しかし2の段階で、原作ギリギリっぽいし、あったとしてもまた数年後か……。楽しみである。




・映画『300 帝国の進撃』オフィシャルサイト
http://wwws.warnerbros.co.jp/300movie2/
・300 〈スリーハンドレッド〉 ?帝国の進撃? - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/300_%E3%80%88%E3%82%B9%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%AC%E3%83%83%E3%83%89%E3%80%89_%E3%80%9C%E5%B8%9D%E5%9B%BD%E3%81%AE%E9%80%B2%E6%92%83%E3%80%9C
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ねーやん

Author:ねーやん
さーせん。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。