スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レーカン! 最終回感想。稀に見る視聴者サービス。

r13.jpg

終始、温かく優しい周囲に和まされる物語。
心霊のダークサイドを徹底して排除した、嫌いな人は大嫌いであろう、ホラー系が苦手な人でもそっち系を楽しめるアニメ。

前回の12話が、普通ならば最終回に相当するストーリーであっただけに、今回の最終話は、蛇足とも取れかねない打ち上げである。
なんやったらDVDBOXの特典OVAとかの内容である。
しかしその采配は、見事としか言いようが無い。

特にこのレーカン!は、日常系であり、確固たるゴールを目指して切磋琢磨する物語では無い。
言わば主人公周辺のだらだらとした”いつもどおり”を描く事こそ本分であり、特殊な事件、出来事は、あくまで日常を彩るオマケに過ぎないのである。
ドラえもんの劇場版が決して彼らの日常でないのと同じく、このレーカンの12話もまた、最高潮の盛り上がりであるが故に最終回には相応しくない。
つまり、ドラえもんがいなくなる話は、ドラえもんとしての終焉であるが、決して”ドラえもんの日常”としての最終回にはなりえない。日常系は、それが継続しているから日常系であり、ジャンルとして最終回以降も物語は終わらないのが、その本質なのである。

とは言え、普通は日常系と言えど最高潮を最終話にもってくるのは定石である。
そこを敢えて外し、その後の、定番ならエンディングでオマケ程度に流すエピローグを丸々1話提供する姿勢は、日常系としての極みであり、かつ視聴者サービスの行き届いたお客様第一の仕事と言える。感服である。


・レーカン! 公式ホームページ|TBSテレビ
http://www.tbs.co.jp/anime/re-kan/
・レーカン! - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%AB%E3%83%B3!


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ねーやん

Author:ねーやん
さーせん。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。