スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ゾンビ・リミット』感想

ゾンビリミット

最悪の改題。

確かにZさんを冠した方が、間違いなくそれ好きな方たちの食指は反応するだろう。
しかしこの作品に関しては、かなりの高確率で改題は間違いであると言える。

原題である『THE RETURNED』の方が、改題に比べ映画としての完成度が増し、そして内容に沿ったサプライズは映画の冒頭から弾き出された筈だ。
基本血みどろになるゾンビ映画が苦手な人でも、ドラマ性の豊かな作品だと解り、安心して観られた筈だ。
そしてゾンビを愛する人もまた、意外なゾンビ物として、この映画を記憶に留める筈だ。

勿体無さ過ぎる。
バカじゃねぇの。

と思うほど、よく出来たB+級映画である。

ゾンビ物としてはやや異色の、と言うより、視線を変え、ゾンビ物としての問題をより人間側にシフトさせた、余り見ない物語。
近しいものはあるにはあるが、ここまでゾンビ色の薄いゾンビ物は滅多に無い。

要するにゾンビ世界における、人間の問題、ドラマである。これが面白い。
ややアンラッキーな方向にご都合主義が展開するきらいはあるものの、”こうなったらそうなるであろう”的人間の脆さが、中々に新鮮である。(よくあるっちゃよくある話なんだけども。)
昨今のゾンビ=ウィルスな物語の最先端と言える。

それだけに惜しい。

ゾンビと名が付けば、ゾンビ嫌いな客は来ず、そしてゾンビの活躍を期待し来たファンは肩を空かされる始末。散々だ。
本当に勿体無い。


改題した人は猛省し、爆発して下さい。





関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ねーやん

Author:ねーやん
さーせん。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。