スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画『脳漿炸裂ガール』感想

脳漿炸裂ガール

足りないものは何か。

劇中流れる主題歌(映画の原作である)を聴いていて、ふと、あんま関係なくね?と思った。

それもその筈である。
この映画の原作は小説?だが、更にその小説の原作がニコ動などで人気のボカロ曲らしく、その曲の歌詞は、内容的にはほとんど意味が無いものであった。
 ※”実はあの歌詞って適当に書いたんですよ。-マイナビニュースより-” 
この歌が何を表現しているかは聞き手の想像に任され、それ故の自由性が、この映画、もしくは原作小説に反映されている訳だ。

つまり極端な話、原作の曲とこの映画との接点は、材料が同じと言う一点のみであり、視聴者によっては全く異質の物語に感じる可能性もある。
あくまで曲から感じ取ったピースを、映画(小説)に組み立てただけであり、それと曲との印象が違っていても何ら不思議は無いのである。


=以下、ネタバレです。=

この映画は、デス・ゲームがベースの物語であり、展開はお察しの通り。
国内外でその設定・ジャンルは既に飽和状態であり、映画を鑑賞する観客にとって、これほど食傷を痛烈に感じ入るモノも無いだろう。

確かに『脳漿炸裂ガール』というパンキーなタイトルや、歌詞の一部分からの組み合わせで、何か物語で一発かましてやろうとすれば死遊さんに頼ってしまうのも解らないでもない。
両者の相性自体はどちらかと言えばかなり良い方だと思う。

しかし、小説は読者の想像力のベクトルや差異が多大に作用する分まだ良いとしても、映画としてのデス・ゲームはオーバーキルに近い。
ニーズの段階で、ほぼゼロである。
ただ、若い子達には人気であるから、ポケモン・妖怪ウォッチやヒーロー物宜しく、子供専用のジャンルと化しているきらいもある。

そう言った意味で、この映画もまた、極めて若い人たちに向けてのものであり、私のようなオッサンが的確な感想を言える訳では無かった。


演技は中々良い。
ダブル主演の二人も、周りの若い役者たちも、存外熱演。思ったより全然良かった。

脚本は割りと最悪。
TVドラマか、もしくは漫画ならば、許容出来る範囲だが、映画として見るとかなりキツイ。
背景となる設定のおかげで全部のシーンがギャグでしか無く、シリアスなシーンも、格好付けた演出(Wハナが銃をお互いに構えて羽シャワー)も、やたらめったらチープに感じる。
こう言った所は、低予算だろうがビッグバジェットだろうが関係なく、全責任は脚本力にあるので、言い訳は出来ない部分である。

例えば「脳漿を打ち抜き前頭葉を麻痺させる銃」とか言う一発ギャグは、ロボトミーを元にしているのだろうけれど、その大雑把な外科手術に対する悪影響も対外的に描くべきである。
エリートを選抜する為のデス・ゲームにしては稚拙で偏執的過ぎる面接テストも(しかもそれが割りと直接的に国の支配権に達する)、列挙するのが面倒臭い程色んな説明が圧倒的に足りていない。

上気したような背景・設定は、完全にギャグやジョークの領域であり、それらが組み合わされた物語に不必要なシリアス要素は不協和音以外の何でもない。
あれだけ小気味良く白い脳漿?を撒き散らせ女子がぶっ倒れていく好演出をしておいて、何故あんなクソみたいなおままごとをシナリオするのか、疑問である。

ゾンビ映画もかくや、なギャグコメディで良かったんだよ。勿体無い。




・映画『脳漿炸裂ガール』公式サイト||全国大ヒット上映中!!
http://noushou.jp/
・脳漿炸裂ガール - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%84%B3%E6%BC%BF%E7%82%B8%E8%A3%82%E3%82%AC%E3%83%BC%E3%83%AB

=参考=


・人気ボカロP「れるりり」に聞く「脳漿炸裂ガール」が生まれたワケ、そして「ニコニコ超パーティーII」へ (1) 若い世代のブームが理解できないのは、クリエイターとして末期なのかもしれないと思った | マイナビニュース
http://news.mynavi.jp/articles/2013/04/06/reruriri/


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

脳漿炸裂ガール [初日舞台挨拶・池袋編] (2015日本)

「東京無国籍少女」の舞台挨拶が終わると、オーブンの中に居るような暑さの渋谷の街を、最短コースで渋谷駅に向かった。山手線で池袋へ直行だ。シネ・リーブル池袋で行なわれる「脳漿炸裂ガール」(以下「のうしょう」)の初日舞台挨拶上映を鑑賞するためだ。 シネ・リー…

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ねーやん

Author:ねーやん
さーせん。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。