『リトルウィッチアカデミア 魔法仕掛けのパレード』感想

リトルウィッチアカデミア 魔法仕掛けのパレード

更に続編を作る気があるのなら秀作。

私は前作『リトル ウィッチ アカデミア(アニメミライ2013)』を絶賛している。
あれは約30分作品だったのだが、2時間に引き伸ばしてもTVシリーズでも通用すると豪語した。
同じアニメミライ2013でやはり秀でた作品だった『デス・ビリヤード』はその後TVシリーズ化され、独特の雰囲気を壊さないまま人気作品として終了した。

私は全く知らなかったのだが、アミメミライ劇場公開後、ようつべの方で英語字幕の付いた動画全編が期間限定無料公開されており、海外から相当の絶賛コメントが続編希望とともに送られたらしく、それを経て第2弾の着手となったようである。
てっきり元々シリーズを視野された企画と思っていただけに、少々驚いた。
しかも資金はクラウドファウンディングである。ガチやん。

この劇場版第2弾は、全くもって完全にファン・ユーザーの力で企画されていたのだ。そしてそれが実り、完成された映画。これは本当に素晴らしい。

ところで本編への感想だが。
ぶっちゃけ前作と余り代わり映えしなかった内容だけに、不思議な感覚である。
短いあらすじだと、どっちがどっちだか解らなくなるんじゃないだろうか。それ位、脚本のプロットは似ている。

ざっくり書けば、”憧れの魔女を目指す落ちこぼれのアッコが、学業的なピンチを脱する為、巨大な敵を倒し、打ち上げ。”こんな感じ。
”なんやかんやありつつ紆余曲折の末、仲間と結託し”を追加しても良い。兎に角、あまり変化が無い。

ただこれは劇場版と言うジャンルで、1発ファンサービスをしようと言うのだから、致し方無いと言えなくもない。
要するに最悪第1弾の良さをトレースしなくてはならないのである。そんなプレッシャーがあったかも知れない。そしてそれは正しい。
なにより完全にファンの力で発生した企画なのだから、製作陣が自由気ままに遊び倒せる作品では無いのだ。この辺りは観客として推して図るべきであろう。

しかし第1弾の焼き直しに近い第2弾であるものの、それでもこの後に更に続編がもし作られるのなら、これは良い中継ぎと言える。
クオリティそのものは前作を凌駕する程高く、ファンがこのアニメに期待してやまない要素がたっぷり詰まっているのだから。

ただこの第2弾の製作経緯を考えると、少なくとも続編の構想は無いだろう。

これが第1弾か、もしくは、更に続編がある作品なら、文句無く秀作、いや傑作の作品。
しかしそうでない場合、この第2弾を映画単品として評価するとなると、どうしても1ランク下げざるを得ない。




・映画『リトルウィッチアカデミア 魔法仕掛けのパレード』公式サイト
http://littlewitchacademia.jp/
・リトル ウィッチ アカデミア - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%88%E3%83%AB_%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%83%83%E3%83%81_%E3%82%A2%E3%82%AB%E3%83%87%E3%83%9F%E3%82%A2

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ねーやん

Author:ねーやん
さーせん。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
リンク