映画『D坂の殺人事件(2015)』感想

D坂の殺人事件

ただのSMポルノ。

江戸川乱歩最大のヒットキャラである明智小五郎の初出演作『D坂の殺人事件』の映画化作品。
ファンは勿論、明智すら知らない方にも、おすすめできる映画だといいが……。

映画が始まって10分程で『屋根裏の散歩者』も兼用している物語だと解る。
どちらも明智が出ており、かつ短編であるからミックスし易いのだとは思うが、残念ながら推理モノとして深みが出ている訳ではないから、単純に2時間を持たせる為なのだろう。

正直、エロとして特化されただけの映像作品である。
祥子という謎の女優見たさに観賞すればそれで良い。それ以外の、特にミステリとしての価値は殆ど無い。

ただ、D坂を原作とした映画は1998年にもあるが、ミステリ部分でもエロ部分でも、この2015年版は98年版に勝らない。
ミステリ部分はまだ良いとしても、18禁版を別にリリースするほどの2015年版がエロの面で劣るのはどうなのか。

主演女優が悪いとは言わないが、98年版の主役である真田広之の色気は、おぞましさと見惚れの狭間を捉えた妖艶の域である。
SMとは言え直接的な演出ではその時点で勝ち目は無かったか。

ちなみに小生、18禁版は未視聴。




・映画『D坂の殺人事件』公式サイト
http://d-saka.com/
・D坂の殺人事件 - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/D%E5%9D%82%E3%81%AE%E6%AE%BA%E4%BA%BA%E4%BA%8B%E4%BB%B6


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ねーやん

Author:ねーやん
さーせん。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
リンク