つかゾラ博士の磁気テープ6万メートルて短くね?計算してみた。

先ず”人間の脳(主に記憶容量)は凡そ何TB(テビバイト)に値するのか。”を一読あれ。

と言う事で一番軽い4TBで話を進めたい。数千TBだと無理だしな。
特にチャッピーはUSBメモリ使用なので4TBなら現実的に入れ込む事も可ではある。
つかwikiにドングルって書いてるんだけど、データ記録したのはメモリだよね?ドングルと兼用してんのかな。ま、いいや。

しかしゾラ博士に至っては、設定であるコピーした時代が時代な為か、もっともっと更にスバ抜けて乱暴だ。
何しろディスクですらなくテープである。記録そのものが成功していたとしても、基本的にランダムアクセスが不可能である為、果たして元の意識をトレース再現できるかどうか疑わしい。
無理矢理ランダム性を模倣するにしても、途方も無い数の思考パターンをやはりテープに記録更していなくてはならずその上計算も厄介、とてもじゃないが6万メートルで足りるとは思えない。

考証云々はマニアさんに任せるとして、コンピュータ用のオープンリール使用、幅2インチの6250BPIとして計算してみた。
6万メートル⇒約19万7000フィート⇒約236万4000インチ。

で、計295億5000万BPI
つまり0.0033594460546738TBとなる。
3.4GBの方が解りやすいなこれ。

なんだよ…やっぱ全然長さ足りてねぇよゾラ博士!!www

脳容量が4TBなら35兆1843億7208万8832ビットやから約2億3456万2480フィート。
つまり7149万4644メートル要るよ!!
7万㎞だよ博士!軽く地球一周するよ。
2400フィート(直径40センチ)のオープンリールなら約9万7734巻要るよ。すごいのかよくわかんねーわw

2015年現在であれば、容量220TBという化け物磁気テープが出現しているので4TB程度、超楽勝。
ゾラ博士55人分収録出来るとんでもない優れもの。

でもやっぱランダムアクセス出来ないから人格や思考のトレースは難いと思うんだよ博士。
つか何で70年?ずっと磁気テープのままなん?ディスクにコピーしなさいよ。

=関連=
・『チャッピー』感想
http://eilithcrown.blog.fc2.com/blog-entry-243.html
・人間の脳(主に記憶容量)は凡そ何TB(テビバイト)に値するのか。
http://eilithcrown.blog.fc2.com/blog-entry-244.html

=参考=
・磁気テープ - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A3%81%E6%B0%97%E3%83%86%E3%83%BC%E3%83%97
・記録密度 - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A8%98%E9%8C%B2%E5%AF%86%E5%BA%A6
・オープンリール - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%97%E3%83%B3%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%AB
・磁気テープ装置の技術的進化と将来の展望 : 富士通
http://storage-system.fujitsu.com/jp/lib-f/voice/vol08/
・世界最大容量1巻あたり220TB 磁気テープの高容量化技術を開発!
http://www.fujifilm.co.jp/corporate/news/articleffnr_0972.html


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:ねーやん
さーせん。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
リンク