スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『極道大戦争』感想

極道大戦争

デコトラに轢かれてブチ切れるカエルに爆笑ww

あー…マジかクソw
面白かったわこれ。

久々に三池監督全力のクレイジーな作品。
マッドマックスもそうだったが、監督のやりたいようにやるとこうなるって言う見本であり、非常に好みが別れるだろう一本。
 ※改めてマッドマックスはウケ過ぎだと思う。バランス悪過ぎ。

極端な話こんな映画を観ようってんだから、突っ込みをgdgd抜かすクソ評論気取りのカスは一人もいない筈。
事前情報で充分どんな映画かは判断出来る訳だ。
評価するなら面白かったかどうか、好きか嫌いかで語るべき。残念ながら私は大好物。ガチで騙された人はご愁傷様。
ただね、この映画、三池節としてはまだ弱い方ですよ。

=以下、ネタバレです。=


脚本と言うかストーリーラインの大まかなプロットは、映画を観なくても解っちゃうくらいなので、個人的には語る意味が無い。好きなとこ挙げるとキリ無いし。

先ず俳優陣が良い。
主役の市原隼人やヒロインの成海璃子がこの映画には場違いとも思える程がっつり熱演し、リリー・フランキーとでんでんは悉くフランク。それが役柄にマッチし、若者と大人の対比として、うん関係ないなこれ。
そして高島礼子やピエール瀧ら豪華な彼らを勿体無いとすら思える使い捨て気味の放り投げっぷりの監督。あと坂口茉琴ね、この存在感w

わるもん側もかなり良い。
特にチョイ役なんだろうと思ってたヤヤン・ルヒアンが割と最初から最後まで出ててかなりがっつり活躍するので嬉しい限り。
ザ・レイドで見せたシラットの切れ味抜群の格闘アクションを序盤からフルに堪能出来て、しかもラストでの市原との決選は、どつき合いのプロレスと言う、もう最高です。この勿体無さwww
しかも二人ともゴリゴリに鍛え上げてるから一撃の重みが伝わると言うか、説得力あるんだよね。無駄に尺あるけど、このシーン本当好き。
三元雅芸(KAERUくんの中の人)もかなり良くて、最強のテロリスト(テロリスト?)の二つ名に恥じぬ無双っぷり。キレッキレで容赦の全く無いアクション。バットフルスイング。
着ぐるみの時点で卑怯なのに、超強ぇわガドリングガンで撃たれても平気だわデコトラに轢かれても平気だわ手榴弾で飛ぶわ超能力使うわww最後脱いじゃうしねwww

クッソ寒いギャグもね。入れれば質下がるんだよ?でも入れちゃうw

最高でした。この映画。
締め方もすげぇ好き。

=他感想への愚痴=(クリック開閉)





・映画「極道大戦争」公式サイト
http://www.gokudo-movie.com/
・極道大戦争 - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A5%B5%E9%81%93%E5%A4%A7%E6%88%A6%E4%BA%89


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

極道大戦争 ★★★

バイオレンス、コメディー、ドラマなど多彩なジャンルの作品を手掛けてきた三池崇史が監督を務め、『ROOKIES』シリーズなどの市原隼人を主演に迎えた本格アクション。不死身のヤクザの正体が実はヴァンパイアで、彼に憧れて極道の道に進んだ主人公が遭遇する思いも寄らな...

『極道大戦争』をトーホーシネマズ六本木5で観て、ダメな時の三池だふじき★★

五つ星評価で【★★久々に三池らしいドンと思いきった失敗作】 やっちゃった三池崇史。 という感じで、ごくごく普通につまらない。 「噛まれたら、みんなヤクザ。」というコピ ...

「極道大戦争」

2015年・日本/日活=ハピネット、他 配給:日活 監督:三池崇史 脚本:山口義高 製作:由里敬三、藤岡修、久保忠佳、奥野敏聡 企画:千葉善紀 バンパイアのヤクザに噛みつかれた人間が次々とヤクザ化して

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ねーやん

Author:ねーやん
さーせん。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。