スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『薔薇色のブー子』感想

薔薇色のブー子

クソ腹立つ。リアルの方で。

豪華俳優陣の起用の仕方が酷い。
脚本が酷い。(これに関しては監督特有ではあるが。)
主役のさしこもこれまた酷い。勿論演技が。

ここまで酷過ぎて笑える映画は、最近だと、この監督の独壇場なのではないか。

恐らく色んなところで様々な評論・感想屋は言っているだろうから言うまでも無いっちゃあそうなのだが。
福田監督は、映画に向いていない。

私が観た中では、唯一『俺はまだ本気出してないだけ』だけが、まともな映画に見えた。
そしてその映画はクソつまらなかった。

福田監督の脚本や演出は、悉くが深夜のTVドラマに限り有効であり、映画とは死ぬほど相性が悪いのだ。
これは流石に監督自身も解っている事だろう。

ただ今年の映画『明烏 あけがらす』を見た限り、「あれ?解っ…てる?の…かな?」と困惑してしまう。
つか解ってたとしても、どうにかするつもりは無いのかも知れないし、その手の能力が全く無いのかも知れない。

監督のほぼ全ての映画に言える事だが、それが深夜ドラマだったら誰も文句は言わないと思う。少なくとも激減する。
このブー子も特にそうだ。

さしこファン向け限定と言われてしまう内容では、そのファンか監督しか満足出来ない。
いやいやこれは全国公開の映画である。
幾らなんでも、酷過ぎる。一応、言っておくが私は福田監督のファンですらある。しかしこの映画は酷い。

笑える場面はある。
しかしそれだけである。

笑える場面があると言うだけの映画が、果たしてどのような評価を受けるのか、さして考えるまでも無い。

そして公開2週で打ち切りと言う結果は、完全に妥当である。




・薔薇色のブー子 - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%96%94%E8%96%87%E8%89%B2%E3%81%AE%E3%83%96%E3%83%BC%E5%AD%90


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ねーやん

Author:ねーやん
さーせん。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。