スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

劇場版アニメ『音楽少女(アニメミライ2015)』感想

音楽少女

絵は良い。

=以下、ネタバレです。=

先ず、ノリが完全に『中恋』で、うすら寒い。
あれはあれで非常に見る人を選ぶが、少なくとも私は嫌いじゃなかった。だがこの映画はアウトレベル

自分達だけは楽しいバカ大学の宴会芸を見せられてる気分になり、このテンションは”それでも付いて行ける人のみ”の領域である。
シリーズものならばまだ段階を経て飲み込む事も可能だが、単発の短編でしかも劇場版である。
上述した『中恋』を楽しめた私ですらギリでムカつくレベルであり、一般の人などは消し炭も残らず一瞬で爆散蒸発する事だろう。

一応このアニメミライ枠は、若手のアニメーターを育成する名目の結構大事なプロジェクトである。
予算内で好きに遊んでいいよ!と言うものでは決して無い。

これがアニメーター見本市ならば、まだ実験的な作品として歓迎されたかも知れない。私ならバカだなぁと苦笑で済ませる。

しかしこれは曲がりなりにも映画(としての作品)である。
このような一見さんお断りな内容では、とてもじゃないが映画として評価するには値しないと強く思う。正直特典OVAとしか思えない。

確かにそもそもこのアニメの企画の根っこは、単純に映画とは別の所から発生している。
それらを全て踏まえた側の方ならば、このアニメはむしろ純粋に楽しめるものだろう。
※私は残念ながら元の方を全く知らないので、一般的な感想に著しく傾いています。

だがそれでも手放しで褒められる点が、絵くらいしか無いのは痛い。
作画や動画のレベルはずば抜けて高いと言えるが、それだけなのである。

もしかしたら内容など必要ないのかも知れない。
求められていないのかも知れない。
若手が担当したアニメーションがきっちりと動いている事を確かめられるだけでいいのかも知れない。

本当に、それでいいのだろうか。

作品としての完成度や面白さは、他の作品に任せて、このアニメだけ端休めでいいのだろうか。
内輪だけが満足するもので良かったのだろうか。


■評価
作画 A+
動画 AA
脚本 未評価(未提出の為)

総合 未評価


・アニメミライ[ animemirai ]
http://animemirai.jp/ongakushoujo.html
・StarChild:音楽少女
http://www.starchild.co.jp/ongaku-syoujo/
・Cosmic record
http://cosmic.surpara.com/music_girls.html

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ねーやん

Author:ねーやん
さーせん。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。