劇場版アニメ『クミとチューリップ(アニメミライ2015)』感想

クミとチューリップ

若手の育…成……何だって?

解ってはいる。
解ってはいるのだが、如何せん手塚プロが参加するような企画なのか?と目を疑うと言うか、そんな感じ。

内容もとてもじゃないが若い感性とは思えない。
と言うよりは手塚らしさを全面に出した、言わば古めかしい作品。

単純にサイレントなアニメが、逆に新しく思えるのは良いポイントだと思えるが、それもまた温故知新なのであって、決して新しい発想や発見、もしくは息吹では無い。
若手のアニメーターそのものは制作に参加しているのだろうけれど、たった4つの作品枠しかない企画で古参の代名詞が登場するのは見る側としては感想に悩ましい。

手塚因子の継承は態々アニメミライでなくとも充分に見定められる。

映像作品としては直球で直線的、確かに面白い試みだが、この企画には合わない。
そう思えてしまう内容なのが残念ではある。


・アニメミライ[ animemirai ]
http://animemirai.jp/kumi.html

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ねーやん

Author:ねーやん
さーせん。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
リンク