TVアニメ『昭和元禄落語心中』感想 セックスを逃げない硬派なナンパ

WS000013.jpg

クソ面白い。信じられない。

歴史に名を残すとまでは言わないが、確実に名作や傑作としてアーカイブされる作品。
この素晴らしさ、面白さは、落語に全く興味ない人こそ、より如実に感じるだろうから、アニメの質として本物だと確信出来る。

これはアニメでないと出せないものだ。
実写ドラマや映画では多分、絶対出ない。制約多過ぎて。

だが逆に惜しまれるは”アニメ作品”である事。
これは長年のジレンマでもあるが、出来得る限り広く知って欲しいと思うレベルの高い作品も、それがアニメと言うだけで一線を引くクソ一般層には伝わり辛い事実。
残念ながら差別跋扈するクソパンピーに認知されなければ、所謂オタク・マニアの世界で評価されるだけのいつものアニメでしかないが、その審査員達には見向きも吟味もされることすらない。
勿論その前に、クソテンプレの蔓延るラノベアニメ業界や脳味噌の無いクソ豚どもに一石投じる価値は大変に大きいが。

製作サイドの並々ならぬ情熱と真剣が、声優オーディションの部分からも伺える。完成度に至っては言うまでも無い。

恐らく落語好きからは、これを本物と比較し駄目だと言う者も出てくるだろう。噺家として落語としてのみの批判である。
原作の漫画とは違い、アニメは実際に演じる訳だから単純な比較は容易である。そして実際、このアニメの噺自体はそこまで高価なクオリティでは無いだろう。これは素人には解らない領域だが。

しかし、そうではない。その評価は果たして正しくない。
これは正確には落語ではなく、アニメである。アニメで落語を表現しているのではなく、それを含めた周辺を物語っているに過ぎない。ドラマなのである。
いくら落語に詳しいスタッフが結集し、噺家に監修を任せても、ある程度は近付くだろうが、本物に敵う筈も無い。演出を捏ね回しても同じ事である。

それでもだからこそ本物に近づけようとする奮闘は評価すべきなのだ。
極端な話、落語の部分は誤魔化しても良いのである。
例えば、実写映画『BECK』では天才的声質を持つ主人公の歌を”流さない”演出で話題になったが、あれをやり過ぎだとしても決して逃げでは無い。

もっと言えば落語をやる必要すら無い。
この『昭和元禄落語心中』の本質は主人公周りのドラマであって、落語そのものではないのだから。
濡れ場に突入した途端にセックスを丸々カットする作品が多くあるように、朝チュンしてしまっても全く構わない”本筋とはぶれない”作品なのである。
無論本当に落語をバッサリいったのなら、このアニメが傑作扱いされる事は絶対に無かったと断言出来るが。
しかしてこのアニメはそのセックスを真っ向から描き、下手したらモザイク無しの生本番をかます恐るべき根性の塊であった。
これを、この男気硬派を評価せずして一体何を評価するのだろうか。

では内容は、肝心の部分はどうか。これも良い。
落語を知る声優やそれを補う演出の落語感が下敷きにある為、落語家・噺家のドラマとして本物だと信じられるのである。この辺は良い意味で背筋が凍る思いがした。

原作者の雲田はるこ氏はBL畑出身で、しかもこの原作自体がどちらかと言うと女子向けBK寄りであり、作風にそれがよく出ている。
正直個人的にゴキブリの多発する腐周りは相性が良くなく、また超巨大なヘイトを抱えている。
このアニメに至っても女子向けと聞いていただけに、しかも落語である、期待値は皆無。そのギャップも心憎い。
「火の無い所に煙を立たす」と言われるBLなんぞはパンツラノベよりも遥かに低俗で陳腐下劣極まりない世界ではあるが、確かに耽美として破格に良質だと言える作品もまたあるのだろうと、このアニメを通して錯覚する次第である。
原作者は、よくよく勉強したのだと思う。アニメだけではここまで仕上がらない。
よくできた原作と、よく出来たアニメスタッフが合致し、それでここまで出来る。このアンサンブルが素晴らしい。

以上はOADから6話までの感想である。
ここからが本番と言っていい。このまま”面白い”アニメであって欲しい。

TVでの第1話は掴みとしてはかなり良かった。
ダイジェスト感のあるカットは確かにあったものの、1時間とは言えここまでキャラクターの性質と世界観や物語の方向性をのべつまくなしにそれでいてしっかりと視聴者に覚えさせる構成は中々出来るものではない筈だ。
ただカットされた部分は、非常に重要な部分でもある。
6話まで視聴した方でまだOADを見てないのであれば是非ともご覧あれ。
1話の特性として2~6話の話を噛んでいるからこそ味の解る部分が出てくる。そしてTV版ではカットされたシーンでより深みが増す事請け合いである。




・アニメ「昭和元禄落語心中」
http://rakugo-shinju-anime.jp/
・昭和元禄落語心中 - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%98%AD%E5%92%8C%E5%85%83%E7%A6%84%E8%90%BD%E8%AA%9E%E5%BF%83%E4%B8%AD

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ねーやん

Author:ねーやん
さーせん。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
リンク