『V/H/S ファイナル・インパクト』感想

VHS ファイナル・インパクト

こうなるともう全然ホラーじゃ無い。

過去2作では、廃墟へ入った為にVHSを延々と見続けなければならない呪いに掛かるってストーリーテラーがいたのだが、今回は無し。
もしかしたら私が気付かなかっただけで、それぞれのエピソードには何らかの繋がりがあったのではと考えるくらい、関係なく別個。
完全にただのオムニバスと化しているだけに、各物語を繋げるエピソードにも、かつて辛うじてあった薄い意味すら無い。

だからと言って別に悪くはないのだが、シリーズものの続編として見るには肩透かし感があった。
そもそもVHSというタイトルに違和感を覚えるほど、内容されるビデオはVHS規格から遠く、それを以ってファイナルと付けた可能性もある。

ちなみに、VHSシリーズと言えば(2作品しかないが)エロ・グロ・ホラーにジャンルされる作品だったが、今回はそのどれもがほぼゼロに近く、あくまでテイスト程度の要素に過ぎない。
これもまた、このシリーズの終焉を示唆した部分なのかも知れない。


=以下、ネタバレは多分してない。=


・Vicious Circles
最後の方は、ノワールな雰囲気を出していて期待出来るかもと思わせ、結局雰囲気だけだったみたいな。そんな感じ。
考察するだけ無駄な内容で、仮に意味があったにせよ、適当に食い散らかしても同じの撮れそうなレベル。
デウスエクスマキナとしても陳腐極まりなく、まだ丸投げで終わった方が、他のエピソードの悪魔的パワーを想像出来て統一感も出た可能性すらある。


・Dante the Great
兎に角カメラワークが酷過ぎる。
余りに巧過ぎてPOVである必要性が全く無いのは痛い。特に神の視点のようなカットが多かったのは頂けない。
この辺りは『クロニクル』のように謎パワーで誤魔化せば良かった気がする。

話は普通。可もなく不可もなく。

マントを巡るアクションと、ゴアは面白い。
ただもう少しチープなCGを抑え目にして貰えると、リアルなマジシャンっぽさは出せた筈。
まあ、そもそもダンテが下手くそと言う設定なので、解り易くはあるが。


・Parallel Monsters
割と正統派なホラー。
並列世界側との微妙な違和感からのクライマックスは、マンガチック故にギャップがあって、ここはかなり好みが分かれる部分だと思う。
個人的には好み。

ただ、短編とは言え決定的に違う部分へ持っていくシークエンスが足りていない点は、実に勿体無いところ。
人によっては唐突だからこそ良いと感じる要素も否定出来ないが、展開としてはもう少しじわじわと責めて欲しかった。

しかしあのギミックを考えると、やはり狙った上での唐突感なのだろうなとも思える。


・Bonestorm
POV回答枠エピソード。直球のGoPro。

内容は、謎。
短編なので詳細は解らなくても別に構わないのだが、オチに関して納得行く答えを観客として全く用意出来ない。
この危機をどう乗り越える主人公!みたいなものでも、派手に登場して一瞬でジェノサイドというものでもなく、殆ど含みを持たせてないのは不思議。
ラスボスが主人公達を追いかけるイメージすら湧かず、あの後、他の転がった死体を喰って巣に帰る気がしてならない。

ゲーム的と言うか、ゾンビ的と言うか、雑魚がわらわら湧いて出る類でよくある主人公無双も、よくあるだけに食傷。
確かに仲間2~3人やられるけど、もう少し強さの説明が欲しい。


↓今なら無料で観れます。
・V/H/S ファイナル・インパクト|GYAO!|映画
http://gyao.yahoo.co.jp/player/10046/v00079/v0000000000000000132/



・V/H/S Viral (2014) - IMDb
http://www.imdb.com/title/tt3704538
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ねーやん

Author:ねーやん
さーせん。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
リンク