『ザ・シークレット』感想

ザ・シークレット

辞典とか日めくりカレンダーの類。
嘘を書いてる点は大きくマイナス。



兎に角読むのがしんどい。
特に私の場合は、てっきり小説だとばかり思っていたので、中々に難儀な一冊だった。

タイトルにもあるように序盤はやたら「秘密」「秘密」と強調してくるが正体は「引きよせの法則」である。
心底ガッカリした。

法則に関してそこまで詳しくないので、一応飛ばし飛ばし読んだのだが、結局は意味が無かった。
恐らく法則をそこそこでも知っていれば読む価値は無いと言っていい。

そして何より大事なことなのだが、この本は全く面白くない。
色んな人間が思い思いの文章を書き綴ってそれを纏めただけの本なので、面白い方がおかしいのだが、辞典や日めくりカレンダーを使用する感じで読むのが妥当なのだろう。

またこれ系の啓発ものは、賛否が激しく偏るのだが、この本もまた信者とアンチの下らない闘争が評価などで見られる。
この本に書かれてある法則に限った話ではないが、こういうものは本質を理解して自分に生かすかどうかと言う話であり、それ以上でもそれ以下でも無く、いちいち心頭するものでは無い。と思う。

この本に書かれてある事実だけを抜き取れば、それは別に魔法でも宇宙の謎パワーでも何でも無く。
ただ単に欲しい物へのアンテナの張り具合に他ならない。

もっと具体的に言えば、欲しいものを常時チェックしているか、時々チェックしているかの差を言っているに過ぎない。
当たり前に前者の方が、より欲しいものに近付きゲットするチャンスも増えるだろう。それだけの話である。

ただ残念ながら、この本には凶悪な嘘が書かれてある。
アマゾンなどの高評価をある程度見てみたが、この嘘について言及しているものは無かった。何故だろう。

その嘘とは「願うだけで欲しいものが手に入る」と言った仕様も無いものではなく、偉大な先人として作中紹介されている人達の話だ。
例えば、シェイクスピアが詩で、ベートーベンが曲で、ダ・ヴィンチが絵で、ソクラテスやニュートンが書籍で、その法則を示しているとこの本には書かれてある。
さらには各宗教や昔の文明にもその教えがあるとし、紀元前3000にも石にそれが刻まれていると書かれてある。

それなんてMMR?

こんな本をご大層にしかも大真面目に評論してあげくに星5の高評価とかふざけ倒してるとしか思えない。
仮にこの本のお陰で大成したとして、それは個人のステータスであって、決してこの本の評価では無いのだが、何故かそれを感想する訳だ。アンチもだけど。
あ、アマゾンの話です。


・Amazon.co.jp:カスタマーレビュー: ザ・シークレット
http://www.amazon.co.jp/product-reviews/4047915572/ref=cm_cr_dp_see_all_summary?ie=UTF8&showViewpoints=1&sortBy=helpful
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 読んだ本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:ねーやん
さーせん。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
リンク