『10 クローバーフィールド・レーン』感想

10 クローバーフィールド・レーン

個人的には好みと言いたいが……。

先ず、日本の広報。あれは無い。
もうほんと、何だろう。何がしたいんだお前ら。
頼むから滅んで下さい。


内容は、確実に賛否別れる。そして賛は少ない。と思う。
特に前作の続編として見るファンは多いと思うし、その方向で見れば先ず間違いなく落胆する。
勿論後々で、前作とのある程度明確な繋がり(特にタイトルに態々クローバーフィールドを持ってきた訳)が、監督から説明されるかも知れないが、このままではタイトル詐欺を疑われてもおかしくない。
個人的には「クローバーフィールド」と言う単語は無い方が良かった。
その方が、実は細かい部分でエイブラムスワールドとして繋がっている事が解り、ファンは嬉しい筈だ。

と言っても、ARGなどを追ってきた相当熱心なファンにとっては、タイトルはご褒美のようなものかも知れないが。

上記はあくまで前作との繋がりを意識した感想だが、単純な映画としても、これは中々感想に難しい。
それも中盤までと終盤でジャンルが変わるくらいの展開があり、どちらを主軸としても中途半端な消化不良感は否めないからだ。

中盤までのサスペンスの答えとしてのラストは、予想出来得る範囲とは言えやや乱暴過ぎるし、ラストありきの映画としては地下生活が冗長に感じる不安がある。
正直サスペンス部分は、それだけで乗り切っても良かったと思えるくらい中々出来が良く、ラストはラストでいささか雑な造りなので、ここも評価が賛否別れる要因となるだろう。

特にラスト部分は、前作の怪獣かそれに極めて近いシルエットのクリーチャーが良かったのではと思う。
あれが悪いとは言わないが、既存の作品と被りまくりで、むしろそっちの方と繋がってるんじゃないかと邪推するばかりである。




・映画『10 クローバーフィールド・レーン』公式サイト 6.17(金)全国公開
http://10cloverfieldlane.jp/
・10 クローバーフィールド・レーン - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/10_%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89%E3%83%BB%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%B3


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:ねーやん
さーせん。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
リンク