スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オカルト(2009) 感想

71HgXjp.jpg

フェイクドキュメンタリーの至高。
前情報無しで見るべし。


以下は若干ネタバレなので、映画を見て。とりあえず見てw




これは白石監督作品のほぼ全てに言える事だが、どっちか解らんからね。
「ノロイ」でもモキュメンタリーの傑作みたいな事書いたけど、あっちは”事実かも知らん”と言う遊びが秀逸な出来栄え(正直マジに騙されるとは思わんが)
こっちは明らかにフェイクを好んだ作品。

観光地で起きた通り魔事件の関係者たちが、事件後に聞こえるようになった”声”や身辺で起こる”奇跡”、そして謎の紋様。
生き残った被害者である江野祥平を密着で取材するクルーたちが遭遇する、様々な怪奇現象。
調べを進めるうちに判明する、紋様と符合する古代文字の意味。声の意味。
江野が聞く”神”が指令する恐るべき計画。衝撃のラスト。

手法が手法なので、内容のリアルさが尋常じゃなく、ちょっとマジでどきどきする程。倫理的に。
一番気がかりだった演技も、断然ノロイよりも上手で、役者が良かったんだろうと思う。
こういった撮影でよくある事なのかは知らないが、街中などの撮影時にエキストラを使わない所もリアリティを増す演出で好ましい。
それは、ここにも書かれてあるが、偶然の写り込みや自然な人間の言動を利用出来るという利点があり、普通の映画であれば不自然でイレギュラーな存在も、リアルや日常を切り取ったドキュメンタリー手法の場合だとそれ自体がワンシーンになる。

派遣を転々とするネットカフェ難民の主人公もさることながら、完全にフェイクだと割り切った作りにも関わらず、現実的な存在感が観客を映画に強引に引き込む。

心霊やUFO、オーパーツ(そんなのあった?)に神話・宗教、予知夢とあらゆるオカルトを詰め込んだ、テーマパーク。
ただ、超地味w

白石監督の映画に度々登場するクトゥルーなキーは今回も健在。
「九頭呂岩」とか。もうなんかわくわくするw

特に主人公江野の行き先がブラックまっしぐらなのが、恐怖を先行していて良かった。
ラストシーンも白石監督を知るものなら、思わずニヤリとしてしまう。こうでなくては。
 ※否定的なレビューでは、特にラストが気に入らない人が多い模様だけど、劇中の怪奇現象シーン見たらどういう作品か予想付くだろしww

ただ、最後の「白石くーん」のあとのセリフが全く聞き取れない。
そういうもんなのかも知れないが、気になる。

追記:
個人的には「白石くーん、助けてー」が近いと思うのだが。
ヤホーの回答だと「約束やでー」に聞こえるらしい。
ちなみに質問者は私ではない。




参考:
・『オカルト』
白石晃士監督インタビュー: 映画芸術

http://eigageijutsu.com/article/115758311.html
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ねーやん

Author:ねーやん
さーせん。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。