カルト(2013) 感想

n_1137oed10008rpl.jpg

クトゥルーVSホストぬーべー。
白石監督の真骨頂とも言えるとんでもないラストが用意されている映画。

モキュ風にやるから、ややこしいんだよなこの監督はw
※私は予告動画等の予備知識無しで鑑賞。

特に前半はどっちなのか区別付かないから、ノンフェイクとしてみるには程度の低いエフェクトや演技を真顔で見るはめになる。まあそれも白石監督作品の醍醐味ではあるが。

しかし40分を過ぎた辺りで出てくるヒーローで事態は一変。
私は笑いを堪えるので精一杯だったが(大好物過ぎて)、少年漫画を読むような堪らない質感がある。

ただ、公開前にどんな風にCMされていたかで、監督を知らない観客の評価は変わる。
公式サイトなどを見る限りでは、まあまあ内容に触れる動画などで予習は出来るので、そんなに「偽者くさい」系の勘違い批評は少ないだろう。多分。
つーか、予告動画見ない方が絶対楽しめるだろこれ。

続編超希望。




・映画「カルト」
http://wfield.co.jp/nexthorror/cult.html
・カルト (映画) - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%AB%E3%83%88_(%E6%98%A0%E7%94%BB)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ねーやん

Author:ねーやん
さーせん。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
リンク