『エクス・マキナ』感想

エクス・マキナ

こういうものは男女逆でこそ見たかった。

アンドロイドの無機質な美しさを、それでも生理的動物的に見せたい場合、やはり女性型に頼るしかないのだろうか。
特に映像となると、情報がほぼ視覚だけに限定される為、性別が男性では、訴えたい表現が困難に写るのかも知れない。
美少年という選択もありはありだが、セックスを描写するとなると、様々な制限が圧し掛かり余計な問題が発生してしまうだろうし。

そうして、どうしてもノーマルな、言うなれば在り来たりな退屈極まりない”絶世の美女”が誕生する。

残念ながらテーマも、それがストーリーも、目新しい要素の融合こそ見られたものの、古典から点在する既存なレベルをなぞっただけのものに過ぎず、余程この手のSF作品を知らない人以外は、どんでん返しな展開を期待するしか、見所を模索出来ない気がする。
そして意表を突く期待された何かは一つとして無く、予定調和だらけの、悪い意味でため息の出るラスト。
勿論上記した視覚的な部分や、一定の涼しげな静的ドラマ進行が退屈させない仕組みを助けてはいるが、それも全ては、客のジャンルやテーマへの拘りやリテラシーに頼ったかなり薄く弱いものであり、つまりこの作品だけのパワーでは決して無い。

それが悪いとは言わないが、極めてオリジナリティな内容に欠けるこの映画は、ハイクオリティではあるもののSFとしてはB級の域を出ない。

とは言え、低予算でこれほどのSFを今風にさらっと作っちゃうんだから羨ましい。
間違いなく日本でも出来る類の映画なので、余計悔しい。




・映画『エクス・マキナ』公式サイト
http://exmachina-movie.jp/
・エクス・マキナ - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%83%9E%E3%82%AD%E3%83%8A

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:ねーやん
さーせん。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
リンク