スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キャプテンハーロック -SPACE PIRATE CAPTAIN HARLOCK- 感想

n_618drtd03700rpl (1)

どこが駄目なの?これ。


日本は全力で大コケした映画らしい。
CMが悪かったのか、少なくとも私は期待はおろかあんまり興味も無かった映画である。
そもそも世代が違い、この原作を知っているか否かの差は、観客動員数の初動を大きく左右する要因では無いだろうか。
つまり、私のように知りもせず興味も大して無い人間に対してもっとアピってお祭りであるかのように錯覚させる必要があったはずだ。

実際、似たようなコンセプトのキムタク版ヤマト(2010)などは、何度もCMされ、その予告動画のクールさから私は絶対劇場入りしようと決心した程である。(結果行っていないのだが。)
勿論原作ヤマトは存じているがやはり世代ではない。

映画の日本での評価は小栗ロックもキムマトもどちらも似たようなものであるが、興行的にはかなりの差がある模様。
実に勿体無い限りである。

内容は、キムトよりも更にオリジナルのストーリー。
すなわち中身そのもの自体の感想は、世代(というよりは原作を知っているか)によって、そこまで変わるものではない。
※作品全体としての評価は別。

私はその、2001年制作のファイナルファンタジーを髣髴とさせる様な物語や舞台の壮大さクオリティに「日本で受けないわけだ」と不振の理由を確認した。
ただ、日本でこそ振るわないものの(あくまで興行的にであり批評は割れている)世界ではまあまあ稼いでおり、かつ評価は非常に高い。
 ※FF映画も、評価そのものは悪くない。私も何度か見ているくらい割りと好きである。

その為に、私はこの映画の何が駄目なのか。まるで解らない。結構、好きだもの。

あと、声。
実写の「荒川アンダー ザ ブリッジ」もそうだったのだが、全く気付かなかった。小栗旬、すげぇ違和感無し。
私は俳優が吹き替えなどをやるのはあまり好きではない。なぜなら下手だから。
基本的に餅は餅屋に任せるべきと思っているが、合う人は合うんですね。(ちな、嫌いな人もいる模様)




・『キャプテンハーロック』2/21 Blu-ray&DVD発売
http://harlock-movie.com/
・9/7(土)公開『キャプテンハーロック』公式サイト
http://www.toei-anim.co.jp/movie/harlock/boarding/
・キャプテンハーロック -SPACE PIRATE CAPTAIN HARLOCK- - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%97%E3%83%86%E3%83%B3%E3%83%8F%E3%83%BC%E3%83%AD%E3%83%83%E3%82%AF_-SPACE_PIRATE_CAPTAIN_HARLOCK-
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ねーやん

Author:ねーやん
さーせん。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。