OVA『イリヤの空、UFOの夏』感想

イリヤの空、UFOの夏- 東映アニメーション

描写不足のはんぱ無さぱねぇ。

ラノベ界でボーツミーツガールの金字塔と評価の高い本作品。
残念ながら原作は未読なのだが、知人に薦められOVAの方を鑑賞。

全体を通して説明や描写不足に感じるはしょり箇所が目立ち、全く理解不能と言う訳ではないが、悪い意味で原作を読みたくなる。
カットされているシーンは、一部フラッシュバックのように差し込まれる事もあるが、基本的に視聴者の想像力と補完力が試される造り。

ただ多分、原作はもっと細部が解るのだろうし、映像化するに辺り何とか文章的表現を避け、演出でそれを試みた姿勢は評価したい。
そして何より全6話視聴した結果として、評価され支持されるだけの面白さは確かに在った。


=以下、ネタバレ各話感想です。=

■1話
先ず、冒頭で路頭に迷う。
こういう訳の解らない主人公は、本当に苦手で嫌い。私が十代の頃にこれを見たとしてもやはりポカンとなっただろう。

主人公:浅羽直之が、無駄に浪費した夏休みのせめてもの思い出に学校のプールに忍び込み、そこで不思議な少女に出会うのだが、ここまでは別にいい。
その直ぐ後、パトカーのサイレンが近付き、それに気付いた浅羽が少女とプールを出ようとすると、大人の男が一人「帰る時間だ」とタオルを持って近付いてくる。
そして彼らと別れるまで、終始浅羽はその男にメンチを切り続けるのである。

意味が解らない。
何故、浅羽は男に対し敵愾心剥き出しだったのか。

例えば、男が高圧的、または厳しい態度で浅羽や少女に接したのであれば、納得は行く。
もしくは少女が怯えた態度になったり、良くない変化を見せたなら、守ろうとする態度として説明は付く。

しかし男は極めて落ち着いた大人の態度であり、1ミリも不安を煽る登場をしていない。
寧ろ少女の方で「大丈夫、知ってる人」と説明され、その上どう考えても不法侵入の浅羽に対し男は「俺も昔よくやった」と寛大。

深い状況説明をされず蚊帳の外扱いと言った事を差し引けば、悪い事を自覚してやった悪ガキが、大人に見つかっても反発し続けた。ようにしか見えない。
少なくともあの状況で男に対しメンチを切り続ける浅羽には、気持ち悪い感想しか抱かなかった。

■2話
浅羽とイリヤのデートイベントなのだが、1話の出会いからイリヤがほいほいデートをOKするまでの経緯がほぼすっぽりカットされている為、そこまで仲良くなった後なのか、ガチで行き当たりばったりだけど意外にもOKされたルートなのか解らない。
浅羽の下駄箱に猫やラブレターが入っていたり、「鼻血噴出してぶっ倒れるなんていつもの事じゃん」と浅羽が軽口を叩くくらいなのである程度の逢瀬は重ねた後なのか。
と言ってもイリヤから浅羽への感情は最初からMAXに近かったし、監視のねーちゃんが「この間のシェルター」と言っている辺り、大した時間経過はしていないっぽい。

部長♂と浅羽妹のガチ殴り合いは好き。

■3話
一向に話が進行しないのはいいとして、浅羽がイリヤやその周辺に対し何の不信感も疑問も持たないのは不可思議過ぎる。
部長や、浅羽に好意を抱く須藤、同じクラスの生徒たちや先生一同は普通に不信がっているにも関わらず、同じように疑問を抱く視聴者の心情と全くリンクしない浅羽は、感情移入を前提とするラノベ世界での主人公としてやはり気持ち悪い。
一応、前回、イリヤに対し質問し(仕方がかなり歪だが)イリヤも回答するシーンがあり、彼女の内情を知りたいけど聞くのは悪いと浅羽が吐露するも、それは主人公でありかつイリヤにゴリゴリに関わっている一般人として、余りにも聞き分けが良過ぎるのではないか。

■4話
ようやくストーリーが動きを見せ、各方面で意地のぶつかり合いも見られる。
浅羽がボッコボコにされるシーンはくっそうけるw
よくある構図なのだが、どっちの意見も頷けるだけに普遍的かつ熱い展開である。

■5話
計画性の無い逃避行の末路として感情の爆発は解る。
それを考慮してもやや突発的で、浅羽の場当たり的過ぎる稚拙な八つ当たりが、若さと言う部分だけでは到底許容出来かねる類に写る。
ここでは特に、描写の積み重ねがあって初めて視聴者は主人公たちの心情に乗っかれるのだが、それが全く足りていない為、ただ浅羽にヘイトを集めるだけの展開になっている点は残念。

■6話
兄ちゃん老け過ぎっしょ。心労?

締めとしては、概ね良かった。
ボーイミーツガールの良さは保障されてるし、世界観の補完的説明も一応ある。

小説として完璧であるなら、それはラノベ(それも若い世代向けの)としてハード過ぎるのだろうし、このレベルの文密具合が濃さとして求められるのだろうと、おぼろげに解った。
勿論これはアニメであるから原作を読めばまた違う感想を持つ可能性は大いにあるが。

■総括
セカイ系と言うジャンルがあって、それに準じた話を作るとすれば、歪であれラストに収束せざるを得ない予定調和は仕方無いとしても、個人的に蒙昧な犠牲ENDは大嫌いなので、面白かったが嫌いな話だった。
ラノベでかつセカイ系であれば、無論の事致し方ないを通り越して寧ろそれが需要の結果だとは思うものの、それでもイリヤと言う少女一人に全責任を押し付ける程、周辺世界が疲弊して見えなかったのは、世界観の描写として如何なものかとも思う。
敵エイリアンやその辺りが文字通り一切見えなかったのは、それがセカイ系と言われる所以でもあり、局所的一定の評価しか受けられない理由でもある。

是非、原作の方も読んでみようと思う。




・-イリヤの空、UFOの夏- 東映アニメーション
http://www.toei-anim.co.jp/animeister/iriya/
・イリヤの空、UFOの夏 - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%AA%E3%83%A4%E3%81%AE%E7%A9%BA%E3%80%81UFO%E3%81%AE%E5%A4%8F


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:ねーやん
さーせん。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
リンク