『仮面ライダー1号(2016)』感想

仮面ライダー1号

記念作品として上出来。

リアルタイム世代ではないけど、藤岡弘、氏の変身ポーズ、ライダーパンチにライダーキックの気合、テンション上がるわ。
クッソかっけぇ。

特に最近の平成ライダーシリーズは全く知らんので、私が、その辺のリテラシーやルールに欠ける視聴者である事は間違いない。
だから、ゴーストが敵にボコられて→場面変更→命辛々助かってる。この件が4~5回あった時はびっくりしたが、どうにかこうにか頑張ったんだろうと解釈した。
本郷の居場所が何故解るのか、その前に敵の居場所知ってんのかとか、他は置いといてもノバショッカーただの荒っぽい会社やんけそこは一回警察挟んどけやとか、そもそも麻由て誰やねん!とか。

例えばこれがシリーズものだったら、如何に子供向けとは言え恐ろしいが、これは記念作品。はっちゃけ祭り。
1号もゴーストたちも、敵さんのゲスト陣もかなり活躍するし、武田幸三クソ強ぇしw

豪勢なフルコース、満喫しました。




・仮面ライダー1号|東映[映画]
http://www.toei.co.jp/movie/details/1206732_951.html
・仮面ライダー1号 (映画) - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BB%AE%E9%9D%A2%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%80%E3%83%BC1%E5%8F%B7_(%E6%98%A0%E7%94%BB)

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:ねーやん
さーせん。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
リンク