スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

漫画『フリンジマン』感想

WS000138.jpg

セックスを描かないエロ漫画。
の面白い方。


面白いかどうかで言えば、かなり面白い方に入る。
リアルとファンタジー、そして男と女の建前と本音。その描き方はセンスが光り、しかもギャグ・コメディである。巧いと思った。
残念ながら4巻を以って打ち切りとなってしまうのだが、最終回までのそのスピードは初回から衰える事無く突き抜け、立派に散った。

しかし、である。

ギャグとエロは食い合わせが悪くバランスが難しいと、三ツ森あきら氏が以前言っていた気がするが、この作品はそこが巧く配置されていたとは到底思えない。
いち漫画として、と言うよりいち青年誌漫画として確かに面白いのだが、その部分、要はエロとギャグの成分バランスには、かなりの偏りが見られた。

ただ、それが悪い訳では無い。
普通にギャグコメディとして面白いのだから、不用意なエロは文字通り不必要である。本来は。
しかしてこの漫画はテーマがテーマである故に、そのエロ部分、もっと言えばセックスを描かない事には終われないし、基本的に「描かない」と言う選択肢は無い。
愛人である。浮気や恋愛では無い。妻以外の女との継続したセックスが根底のテーマなのである。

面白いから良いのだが、4巻もあってセックスに至るまでのチャンスはたったの2度であった。
面白いから良いのだが、しかも引っ張るだけ引っ張って結局セックスせずに終了する。それも内1つは愛人話とは関係無い。
何故セックスしなかったのかについては説明がちゃんとあり、そのどちらもがキャラクターやストーリーに関係したオチやギミックになっており、心憎い。

またエロはエロで完全に省いてある訳でも無く、妄想などで多少補完されている辺り、プロとしての言い訳・逃げ場が垣間見られる。

個人的には、まだまだ続けて欲しかったが、もし続いていれば、セックスは避けようが無かっただろうし、それが面白くなったかどうか解らない。
割と面白いまま終われた「セックス無しのエロ漫画」ならば、作品としてはこれで良かったのかも知れない。

例えば読了後の感想は『下北GLORY DAYS』に近いものがあった。
しかし『ぬけぬけと男でいよう』が不倫のセックスをアホほど描いた作品だったとすれば、『下北』は不倫話では無いが、意図的にセックスを隠したペラいクソ漫画だったと思える。
『ぬけ男』はこの『フリンジマン』の対極では決して無いが、最近読んだものの中では真っ先に「セックスを描いた不倫漫画」として思い浮かぶ。そういう意味では対極に近い。

そして『下北』に近いものは『東京大学物語』や『桜通信』等がある。どちらもセックスを真っ向から描き、恋愛漫画として面白い。
下北が一切の面白さを欠いた漫画だった訳では無いが、あの完全なるエロ漫画設定で省かれるセックスは歪過ぎて、初っ端から何を描きたいのかその根本足るテーマすらまるで伝わって来ないものだった。

あるものだけを描きたいが為に、その他世界を予定調和塗れにし、酷く捻じ曲がった内容になっているのにも関わらず表装だけを小奇麗にして感動を謳うクソも沢山世にはある。
最近では例えば『プラスティック・メモリーズ』がその最たるクソなのだが、クソはクソなりの軸があるからこそ、そこだけに集中するファンは、歪な部分を無視出来るである。
『下北』はそれとは真逆であり、最初から最後まで何一つ軸が無く、ストーリーとして面白く感じる部分が無くは無かったにしろ、最悪エロ方面で頑張っていれば荒唐無稽な設定も確実に生かせ、種類あるキャラクターも満遍なく動かせた筈。
その証拠ではないが、テコ入れのように無造作にエロをぶち込んだ話がある。

この『フリンジマン』もエロに関しては下北を彷彿とさせるオミットっぷりだが、虚実を巧みに制御した軸があり、エロの隠し方も一線を画す秀作だったと結論したい。


・漫画『フリンジマン』公式ページ « ヤングマガジン公式サイト|無料試し読みと作品情報満載!
http://yanmaga.jp/contents/fringe_man/

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ねーやん

Author:ねーやん
さーせん。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。