『マックス・スティール』感想

マックス・スティール

アメコミなヒーローかと思ったら特撮の方だった。いやそれも違うか。

ここまでお金を掛けたハリウッドヒーローものでここまで脚本がゴミなのは珍しい。
特にメカ宇宙人のユーモアセンスは、日本の特撮に出てきても可笑しくないある意味極めて幼稚なキャラクターである。可愛いのは可愛い。デザインも良し。

しかしそれが証明であるかのように、根本的なシナリオもかなり雑で幼稚であり、それが悪い訳では無いのだが、完全に子供向けである。
そのクセ、外見が大人の鑑賞にも堪え得るかのような出来栄えをしており、実際鑑賞した時のギャップはデカいと思われる。

しかもじゃあ子供向けに徹しているかと言えば、そうでも無く、特に悪役の魅力の欠片も無いしょぼさは、子供向け特撮としてもアウトである。

スーツデザインなど悪くない部分もあるし、無駄にクオリティ高いのが実に勿体無い。
もう終わってるけど、正直、劇場で見る価値はゼロ。




・映画「マックス・スティール」公式サイト
http://max-steel.jp/
・Max Steel (film) - Wikipedia
https://en.wikipedia.org/wiki/Max_Steel_(film)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ねーやん

Author:ねーやん
さーせん。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
リンク