スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『セッション』感想 くそったれ

セッション

余りにも清々しいくそったれで面白かった。

当時全く興味が無かったので、今更鑑賞したのだけれど、とても面白かった。

前評判や論争は腐るほど聞かされていたので「誰々さんが批判してるからクソ、見ない」だのは一生やってろ宗教野郎(語弊あり)としか思わないが、その辺りの賛否も映画と並び凄く面白く拝見出来る。
それだけ内容が素晴らしく賛否されるに値すると言うことである。

ただ、こう言う小規模だけど突き抜けてクオリティを一種獲得している映画は、何らかの受賞を経て盛り上げて欲しいと思う反面、獲ったら獲ったでこんなクソ映画にこん畜生と嫉妬に近い何かが、胸を直撃する。何で?


=一応、ネタバレです。=

確かにフレッチャーは鬼バンマスではあるけど、そこまで酷くも無かったので、どちらかと言うと聞いてたより鬼じゃなかった印象。
決して怖くない訳じゃないけど、「鬼」としてはかなり柔らかい方だこんなの。
だからこそだろうけど、そんな事より何より、人としての矮小さと執念深さでの狂気が際立って怖い。きもい。やだ。完全にサイコ。
現実に幾らでも存在するホラーだから怖かった。見てる分には笑える怖さなんだけども。

そうなると何でこんなクソサイコ野郎が羊の皮を被っている訳でもないのに、平々凡々と教師やってられるんだろうと疑問が。全米さんで一番の音楽大学の教師ですよ?ありえない。
いや表向き超温厚だけど、大会前とか極まった環境でのみ地獄のうんこ野郎と化すなら、まだ解る。けどこいつ最初から全開だよ。角と牙と涎と勃起もろ出しですよ。
生徒から自殺者まで出してしかもそれを交通事故死で惜しい人を亡くした~つって美談風に態々涙流して嘘語る凄まじい脳みそしてんのよ?

何でニーマンがチクるまで、何も制裁無かったの?不思議。
たまたま今まで生徒全員がフレッチャーに何されてもびびって縮こまる玉無しだったのか、ハラスメント食らってでも何やったら自殺してでも習う価値をハゲに妄信してたのか。どっちもかな。
一応ニーマンが復讐するし、叩けば出る埃は世間的にアウトだって証明される世界ではあったんだけど、バランス悪いなぁ。

要するに、この予定調和の為の歪さが、ある種のファンタジーとか、マンガでしかない為、リアルな映画としては観れない。面白いんだけど。

話題と言うか、この映画のキモとしてキャッチにされている終盤の9分強は、純粋に凄いとしか思えない。
勿論アレを、あれこそがジャズだ音楽だと監督が訴えてる訳でもないだろうし、観れば解るが愛や救いとかそんなものは一切無い。
あそこにあるのは突き詰めた末の業であって、強引にでも競争に勝ったピーキーな、言ってみれば完全純粋悪が描かれてると思う。
どんな手を使ってでも掴んで極めたクソ野郎の禍々しい美しさ。ある種チートな偽者に過ぎないが、とてつもなく凄く美しい部分は本物と変わらない。

綺麗なものは綺麗。凄いものは凄い。

あのテクニックがもっとレベルの高いものだったなら、その界隈でも「クソだが凄い」と褒められたかも知れない。
と言っても観客は私のような素人が殆どだろうから、あれの程度と呼ばれる技術でも、十二分に凄いと感じられる。

ところで気になって仕様が無い箇所がある。
これは突っ込み所として各レビューで散々言われてる部分なのだが、終盤ハゲがニーマンを陥れる舞台。どういう心境の変化があったんだろうハゲに。

教師やってた頃は、ゴキブリが出ても、潰すと聖域汚れるから脅して逃がすみたいな、ある程度は音楽家としてのプライドが見え隠れしてたのに。
ニーマンをハメるシーンだと、ゴキブリを聖域に招き入れて聖域ごと燃やすみたいな、もう音楽家ですらなくただの復讐マシーンと化してたのは、疑問。ああうん、端から音楽家としてはクソだけどね。

それは前述した、それまで報復や制裁を一切受けてこなかったハゲを強調するシーンでもあるから、ここまで観てて、絶対最後にそれを払拭するカタルシスがあると私は思い込んでいた。

つまりあの凄まじいクライマックス9分強。の後に、何かあるんだとばかり。

てっきり演奏終わった直後、余韻が響く刹那にハゲの頭をスティックがへし折れるほど殴りつけるもんだと。
スダダダ…ダンッ ぐしゃぁあああ!!で暗転みたいな。

正直、え?ここで終わるん?と思った。

まあでも、宇多丸氏もいってた通り、あそこが彼らのピークだと思うけどね。




・映画『セッション』公式サイト
http://session.gaga.ne.jp/
・セッション (映画) - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BB%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3_(%E6%98%A0%E7%94%BB)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ねーやん

Author:ねーやん
さーせん。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。