『KARATE KILL/カラテ・キル』感想

KARATE KILL カラテ・キル

文句あったらいけない気がする。

低予算小規模のB級ですさかい。的な言い訳が最初に付くタイプの映画ではあるものの、面白いなぁ。
更にはどうしても「好きな人は好き」程度でしかないカルトな印象も強いけど、好きなんだよなぁ。

重要なのはA級になろうとしてる差し掛かっているB級なのではなく、あくまでB級の枠を全く超えない範囲のB級なので、思い切りが良いんだよね。
少なくとも私が好きなB級映画は、みんなそう。
演出としてA級っぽく見せかけたり良い意味で騙そうとしてる映画はいいんだけど、A級を謳って中身はB級なクソは駄目。嫌い。死ね。

で、この映画は全力でB級を突っ走る珠玉のエンタメ。


=以下、ネタバレです。=

言うても思ったより面白かった程度ではあるんよ。

ポスターで期待値UPさせてる割に、ちゃんとB級アクション物としてきっちりケジメてるっつーか。何か、ちゃんとしてた。
ポスター詐欺なんて腐るほどあるからね。
あの誇張されたポスターから滲み出る成分が、割と悉く内容に反映されてるので、B級映画として誠実にぶっ壊れてやろうとする姿勢が素晴らしい。

しかも主人公が使う格闘技が、古武術に相当するかなりニッチな空手なので、この映画ならではの突出した拘りもある。しゅごい。贅沢。
すげー前に観たタイトル忘れたけど安岡力也が主人公にボッコボコにされてた映画で、骨法が出て来たんだけども、メジャーじゃない武術出ると、テンション上がるよね。
それも付け焼刃なアクションじゃなくて、きっちり師範代のマスターが主役やってるもんだから、ハヤトて誰だよ!ってなる。良い意味で。そこそこ男前なのも良し。
演技も存外悪くなくてですね。これは設定が良いから無理させないポイントにもなってて、脚本の勝利だと思うんだけど。だって俳優としては素人ですよ?いやイベントなりショーなりとかはやってるんだろうけど。

それ関係だと、やっぱどうしても妹役の演技がお遊戯会なのが微笑ましく、おっぱいは最高なんだけれど、印象が弱い。
せめて客かラスボスにやられてるシーンくらいは用意しても良かったんではと。手下が乳揉んでるのを配信しつつそれをラスボスが覗いてリスカオナニーって妙なシーンはあったけどさw

あと、ヒロインが微妙なブスでスタイルもだるいってのは、個人的にうーん。個人的にね。
下っ手くそな演技で徐々に主人公に惹かれていって夜中に湯気の立つ筋肉見て我慢できなくなってセックス!って流れは大賛成ですが。せめてこっちにもおっぱいあればなー。

こんな風に褒める要素しかない映画でもっとアクションについてダラダラと書きたいんだけど、壮絶に長くなりそうなので割愛します。
特訓シーンとか緩いパルクールとかあの細かいとこの動きすげぇ好き。

悪役も全然悪くないんだけど、とっ捕まったあと眼帯ねーちゃんに犯される主人公とかあったら俺得だったなぁ。100%要らんシーンだけど。




・映画「KARATE KILL/カラテ・キル」公式サイト
http://karate-kill.com/
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ねーやん

Author:ねーやん
さーせん。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
リンク