シロメ 感想

n_1051sdpr1023rpl.jpg

モモクロがアドリブに挑む怪作。

低予算つっても映画一本使ってプロモ出来るモモクロって結構アイドルとしてはでかいんだな。AKB一択かと思ってた。すまん。

しかしどこまでがマジなのか。

白石監督ときどきニヤついてんだもんよw
役者の演技に笑ってんのか、モモクロになのか。

一応、監督お得意のフェイクドキュメンタリー。
この映画の要は主役達であるモモクロ。彼女らがこの企画のはどこまでを知ってるのか、にある。
アドリブバリバリなのだが演技もあるので、ホラー撮影とは知ってても、何が起きるかは知らされてないみたいな感じだろうか。

要はうすうす気付いているドッキリ。

兎に角、ホラー映画とか、いや映画としては内容的に成り立ってないので、白石監督というだけで借りた人、覚悟すべし。
いやちょっと待って、買っちゃったよ俺ってなギャンブラーの行く末は知らん。
そう言った意味では、クソ映画であり、全く面白くない。盛り上がりも無い。マジうんこ。

モモクロファンとかなら、まあ見れる・・・のか?
TVの稚拙なクソドッキリみたいで、映画としては逆に新鮮で、私はまあまあ楽しめた方。
どこかのレヴューで「映画というより、DVDの特典映像みたい」とあったが、ほんこれw

仕掛けも半端なので、どうせならバッチバチのドッキリにすべきだったんじゃないかと。
色々無理だったのかなぁ。

ただ、シロメの前で歌って踊るのは笑った。


予告編見て、イケルと思ったら玉砕で。


・シロメ - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%AD%E3%83%A1
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ねーやん

Author:ねーやん
さーせん。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
リンク