スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GODZILLA(2014) 感想

e7312452.jpg

感無量な系譜。

=以下、僅かなネタバレを含みます。=

久々にスクリーンで見たいと思っていた映画。
CM動画や各地での賞賛の記事を目にする度、武者震いのような興奮でいても立ってもいられなかった。

ハリウッドらしく、エセ日本部分はあるものの、だがそこは最早様式美といっていいレベルだろう。
寛容な観客はそれも味だと笑ってくれるに違いない。

そして意外だった脚本。
てっきりゴジラだけが登場し、人類を貪った後、米軍と戦い健闘空しく敗れ去るのかと思っていたがまるで違う。
オリジナルにあった反核テーマや絶対的な存在としての脅威はそのままに(反核部分は、やや薄味)
それでいて、どちらかと言うとゴジラシリーズにあるように、人類の味方とも側面出来る活躍を見せてくれる。

それも早々に出現する敵が、いやが上にも期待を高まらせ、ラストの咆哮でのカタルシス。

エメリッヒ版が悪かったとは言わないが、これぞゴジラ。
特に日本人の見たかったゴジラとは正にこれだという作品。

変な話、日本がいくら頑張った所でこのような贅沢なゴジラには間違いなくお目に掛かれない。
レジェンダリー・ピクチャーズ社とエドワース監督にマジ感謝。
続編にも意欲的なようで、来たる日本公開での賞嘆が待ち遠しい。
クローバー・フィールドのような顛末は御免である。




・映画『GODZILLA ゴジラ』公式サイト
http://www.godzilla-movie.jp/
・ゴジラ (2014年の映画) - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B4%E3%82%B8%E3%83%A9_(2014%E5%B9%B4%E3%81%AE%E6%98%A0%E7%94%BB)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ねーやん

Author:ねーやん
さーせん。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。