ゾンビ大陸 アフリカン 感想

n_626if120670rpl.jpg

正統派ゾンビの哀愁。


ショッピングモールでの篭城から始まり、都会、島、精神病院、近未来、エロスにコメディ。
やり尽くした感のあるゾンビ映画で、ここにきてドストレートな正統派である。

タイトルで解るとおり、舞台はアフリカ。
未開と言っていい土地でゾンビたちに囲まれる主人公の話。

とてもシンプルで硬派な内容なので、最近のポップなゾンビに慣れた人、もしくはそれしか知らん人には、多分退屈で物足りない映画だと思う。

しかし、逆に新鮮に感じた人ならば、それはゾンビセンサー的に正しいと言える。
それこそがロメロゾンビの正当な血脈だからだ。走るのは邪道。
バリエーションの一種としては全く無問題なのだが、同じ恐怖でもジェットコースターとお化け屋敷程の違いがある。
本作は、群れをなしたゾンビがじわりと近付く定番のお約束満載。

ヘッドショットで成すすべも無くぽんぽん崩れ落ちるゾンビの哀愁。
そしてそのゾンビ程度に成すすべも無く滅び行く人間社会の哀愁。

正に正統派。
漢の浪漫。



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ねーやん

Author:ねーやん
さーせん。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
リンク