テケテケ&テケテケ2 感想

■テケテケ
n_630apd1317rpl.jpg
割とライトなホラー。

白石監督作品なので油断は出来ないが、作風としては純粋なB級ホラー。に見える。
アイドル主演という事もあり、内容は小中学生をターゲットにしている様なライトな印象を受け、えぐめのグロは一切無く、マニアックな濃い設定なども特に無い。

カップルや友達同士、家族と一緒にキャーキャー言って楽しめる映画。

WS000180.jpg
個人的には、途中からこのリエ姉ちゃん目当てで鑑賞。

WS000181.jpg
「枕木一つ無ぇよボケ!」
在る筈のものが見当たらないので八つ当たりするリエ姉ちゃん。

WS000182.jpg
「ちくしょう!どうなってんだよ!」
いなくなる筈のテケテケがまだいたので苛立つリエ姉ちゃん。

WS000183.jpg
ラストシーン。
おっぱいぷるぷるしてるリエ姉ちゃん。

注:ネタバレ(クリックで開きます)



■テケテケ2
n_630apd1318rpl.jpg
頑張った結果のギャグ。

直接的な続編と言う事で連続鑑賞。
ネタバレになるが、主役が交代しているので予想こそ付くものの、余りにもあっさりと、前作の主人公が殺される。
その驚くべき速さ、せっかちさに、久々にホラーで驚いてしまった(普通に恐怖)

今回も華やかな女子たちを起用し、ライトな内容。
前作と同じく友達や家族と楽しめる映画である。

1つ気掛かりだったのは、続編とはそれだけで、観客からは前作とモロに比較され、より際立った部分を求められる所。
その為、どうしても期待に応えなくてはならないのが命題でありセオリー。
大抵はその過度な期待が、制作側の意欲に勝り、続編は振るわない。本作はどうか。

それに対し白石監督は「被害者を増やす」という、まあまあ簡単な回答を用意。
テケテケの真相と共に、一応は観客の満足度を満たすのでは。

ただ、被害者が多い為死に様のバリエーションも増やさなくてはならない。
単調な殺戮の繰り返しでは、ホラーというジャンルのしかも続編を見る為に、態々劇場まで足を運んだ客たちの腹は満たせない。

それ故、致し方ない事ではあるのだが、一部ギャグにしか見えないシーンもある。

注:ネタバレ(クリックで開きます)






・映画『テケテケ』&『テケテケ2』公式サイト
http://artport.co.jp/movie/teketeke/
・テケテケ (映画) - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%86%E3%82%B1%E3%83%86%E3%82%B1_(%E6%98%A0%E7%94%BB)


追記:
つーかDMMの「テケテケ 1&2 デラックス版」のレビュー酷すぎるしwww
鑑賞前は読まん方がよかです。超ネタバレ。しかも超雑。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ねーやん

Author:ねーやん
さーせん。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
リンク