口裂け女2 感想

n_633tced0284rpl.jpg

和ホラーの傑作。良作。

評判良いので視聴。
高評価もなるほどと頷ける内容、少なくとも前作(物語としての繋がりは無い)よりは遥かに高密度で安定している映画。

多少無茶な箇所はあるものの(自分の代わりに犠牲になった妹を急にあっさり見捨てる姉など)、ありえなくはないとも思えるし、かつそこが目立つほどに他が上手く纏まっている。
1つ1つを丁寧にドラマ仕立てているので、勢いだけのホラーとは一線を画す、意外な脚本力、良作。

得体の知れない怖さ『化け物』が、実は身近に溢れる人間味の傾きから生じているというストーリーは、実直なホラーと言うよりはどちらかというとサスペンスに近い。
なので、従来のホラーやスプラッタ、モンスターパニックを期待すべき作品ではない所もまた本作のサプライズな魅力である。

特に口裂け女誕生のラストシーンは、好きなものは最後に食べる派の人間にとって、よだれの止まらないカットである。



と思ったら、予告編に入ってた。。。いやそこは本編にとっておくべきでしょ。

・口裂け女2 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8F%A3%E8%A3%82%E3%81%91%E5%A5%B32
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ねーやん

Author:ねーやん
さーせん。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
リンク