映画『人狼ゲーム』VS『リアル人狼ゲーム』 感想

人妻でFカップの友人Yに「人狼おもろいよ借りなよバカヤロー」と乳首の浮いた薄着で言われ、何がバカヤローなのか解らないまま蔦谷に行った私。

と、そこで手が止まる。

『人狼ゲーム』『リアル人狼ゲーム』

どっちだ・・・?
奴の言っていた人狼はどっちだよ。

まあ、新しい方だろうとパッケ裏を確認。
どっちも2013年である。バカな。潰しあってどーすんだ。余程気になる人じゃない限りどっちかしか見ないぞ。
結局どっちも借りたけど。


■人狼ゲーム
n_966fmdr9529rpl.jpg

原作小説かなぁ。
人狼ゲーム (竹書房文庫)
でした。

ヒロインとかの言い回しが何か作為的。「序盤戦」とか「リスクを犯すとは思えない」とか。
文章だったら違和感ないのかもだけど、映像で見るとリアル離れして感じる(いや離れていいんだが)あえての演出だとは思うけど。

でも、バトロワやソウの二番煎じ的な低予算映画なんだけど、意外に全然良かった。
上記したセリフはあれだけど、特に演技がいい。若いのに頑張ってる。
人狼は誰か、なミステリ要素もまあまあなので、割と満足する映画。

ただ肝心の、というか根っこの謎(真犯人、目的・動機など)が1ミリも解明されないので、もやもやする。

原作は最近続編が出ているので、ちょい気になる。


・12.25(Fri)DVD発売 桜庭ななみ主演 映画「人狼ゲーム」公式サイト
http://jinro-game.net/


■リアル人狼ゲーム
n_684bwd02266rapl.jpg

原作の無い方。
さらに低予算っぽい。っつーかB級に拍車が掛かってる。
タイトルに「リアル」がついているだけに、こっちは更に「リアル鬼ごっこ」にも乗っかっている節操の無さ。
単純に差別化したかっただけかも知れないけど。

先に演技の光る人狼を見ているだけに余計にそう感じるのかも知れないが、演技酷い。マジ酷い。
大根は置いといても、舞台でもないのに大振り過ぎて異常に安っぽく感じる。
もうね、最初の犠牲者の時点で、ノリがB級過ぎてめんどくさいし。何故死んだのか。事故なのか殺人なのかも解らないまんまだし。

1回目の投票の時に、各自言われるままにきちんと鎖を巻いて施錠までする所を見て「ああ、これは私向きの映画じゃない」と確信。だめだイライラする。
無印の方は、それぞれに殺しあう自然的な(恨み等の)理由も無く、無差別に選別され殺されない為に殺すしかなく、しかも自分達の手で殺なくてはならない制約があったけども。
こっちは、そんな説明別に無い(後から「自分達で殺してください」追加)
ぶっちゃけ犯人に従う理由あんまない。脱出手段とか抗う方法模索する感じがいまいちなく、ゲームに従順。何で?
自分が人狼認定されるリスクを犯してまで犯人探しする必要ある?

”そうしなければならない”って絶対的な理由が希薄。
※従わなかった場合のペナルティ追加。あと出しジャンケンずるい。

どうせクソなら何か一個だけでも秀でた所あればなぁ。
グロもないわエロもないわ。

これ続編映画あるんだwww
地雷って解ってて踏むってことは結構リターンあるんかの。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ねーやん

Author:ねーやん
さーせん。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
リンク