スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マン・オブ・スティール 感想

n_6161000447479pl.jpg

これはドラゴンボールZですわ。

=以下、ネタバレ全開です。マジ注意。=

冒頭でのクーデターの場面や、父ちゃんの「なんか思ってた以上に強くなってんな、お前」という主人公への発言から、てっきり異星人グループはそこまで超絶パゥワがある訳でなく、圧倒的な科学力でスッパマンと戦うのかと思っていた。

超強ぇじゃん。敵ww

すぱまんとタイマンで互角に殴り合えるし非情だしCQC極めた軍人だし。
しかも多人数で兵器持ってて(割にはあんまり使わない)そんでいきなり地球丸ごとを人質に取っちゃうっていう。
普通に勝ち目無い状態。

でも地球兵器がまったく効かない訳でもないし、地球の大気環境がポイズン(死にはしない)っていう微妙なパワーバランス。
※スーツが故障してチカラが弱まった所にミサイル直撃して気絶する田中少佐。

それにそんんんなに辺りを気にせず戦うすぱまん。
視界に入れば意識はするんだけど、必要犠牲と割り切っているのか人名優先では無く場所も移動しない。
勿論、スッパマンは1人なので、どう考えてもあれだけの惨事で死傷者0は有り得ないし、敵を排除すればそれだけ危険は遠ざかる。殲滅優先は止む無しと言えるのかな。

なので、地の利も手伝っていい感じに互角。

面白かった。楽しめた。
設定やら何やら結構改変してる部分あるだけに、原作やシリーズのスーパーマンを大事に抱えてるファンは、賛否あるとは思うけど、新しい。最後のキスは要らんが。

兎に角ね、バトルシーン。これに尽きる。正直脚本・構成とか何やかんやは、知らん。バトルだよバトル。
このゴリゴリに殴りあうの、たまらんのだが。
緩急付けたスピード感。ボロボロに壊れるビル郡。
かめはめ波撃たないだけで、地球育ちの孫悟空。ドラゴンボールZなんだよね。これ。
※他レビューでも同じ事書いてる人いてワロタ。

アニメからのインスパイアという意味では、ザック監督はインタビューなどで鉄腕バーディーを挙げているけど、スッパマンのキャラを想像すると孫悟空に辿り着いちゃうなぁ。
(いや、DBを意識しての作品ではないのは理解してます。)
ともあれ、日本のアニメ・漫画ってすんげぇな。


あと、胸のマークについて語る場面でヒロインが「じゃあこういうのはどうかしら」と例のヒーローネームを口にする時に、言わせねーよ?と言わんばかりに喰い気味に邪魔が入るとこ好き。
まあ、その後兵士が普通にスーパーマンて言っちゃうんだけど。




・映画『マン・オブ・スティール』公式サイト
http://wwws.warnerbros.co.jp/manofsteel/index.html
・マン・オブ・スティール - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%AA%E3%83%96%E3%83%BB%E3%82%B9%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%AB
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ねーやん

Author:ねーやん
さーせん。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。