貞子3D 感想

sadakohonposmain.jpg

なんだギャグ映画か。ホラーかと思った。

3Dと付いている事からも解かる通り、商業第一の産物。
とりあえず何か流行ってるし3Dでやりてぇなと思った上層部が貞子を復活させるという内容。
俳優とお金の無駄遣い。(もしかしたら儲かったのかも知れないが。)

こういった映画は、むしろ楽しんで作って貰いたいと感想してしまう。
どうせ一流のホラーなんぞ作れっこないのだ。贅沢に遊んで欲しかった。

こんな恐ろしくつまらない映画なんか、子供騙しにもならないのに。

折角、主役に超能力少女を持ってきていて、大したバトルにもならず、かと思うと侍のような抜刀術を見せたり、決めポースを無駄につけたりする。
ホラーもアクションもラブロマンスも脚本も適当で半端。
何故?と言い始めると止まらない。こういうアトラクションだと思ってしまえばいいが。

最大の難点は全然貞子違う所。
テケテケ見てんのかと思った。




・貞子3D - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B2%9E%E5%AD%903D
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ねーやん

Author:ねーやん
さーせん。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
リンク