スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゼロ・グラビティ 感想

poster2_20140802035126515.jpg

溜息の出るシンプルな映像美。

基本背景が真っ黒なので全体が引き締まっていて、シンボルとなる中心点が浮き彫りの構図が映える。
地上の夜とは違い、大気の無い宇宙空間(を意識した作り)だからこそ見たいものはハッキリと見え、カットやカメラワークの絶妙な働きもあって、違和感もストレスも全く無く、動き回る画面を全体像で把握出来る素晴らしい作り。

完全に3D推奨、スクリーン推奨な映像美である。

宇宙空間で作業中の主人公ライアン(サンドラ・ブロック)たちが衛星の事件に巻き込まれ、デブリ衝突により宇宙へ弾き飛ばされる。
何も無い空間で姿勢を制御出来ないまま1人孤独に漂流するライアン。通信も途絶え、減り続ける酸素。
何の助けも期待出来ない中で、ライアンはどうなるのか。
宇宙空間での孤独な絶望と、僅かな希望を1つ1つ繋ぎ生還しようと抗うSFヒューマンサスペンス。

ただし、宇宙が好きでも何でもない人が、スリルとサスペンスだけを求めて見て良い映画ではない。
映像美こそ凄まじいが、地味極まりないストーリー。
サスペンスという言葉に期待出来るほどの展開は皆無であり、劇映画ではあるものの、ドキュメンタリーとして視聴した方がまだ的確である。

更にはSFとしても微妙な立ち位置の作品でありで、宇宙に詳しくなくとも首を傾げる箇所がいくつか出てくる。
これについてはここが詳しく、また映画としての見解も参考になる。

しかしそれらは些細な粗探しであり、野暮なツッコミと言うもの。
この映画はただ秀麗な映像美に酔いしれ、単純だがそれ故絶望感が味わえるストーリーを味わえば良い作品。
難しく考える類の映画ではない。



予告

スピンオフ

・映画『ゼロ・グラビティ』オフィシャルサイト
http://wwws.warnerbros.co.jp/gravity/#/home
・ゼロ・グラビティ (映画) - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BC%E3%83%AD%E3%83%BB%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%93%E3%83%86%E3%82%A3_(%E6%98%A0%E7%94%BB)

=参考=
・映画ゼロ・グラビティについて : 宇宙開発と共に 宇宙技術開発株式会社
http://www.sed.co.jp/tokusyu/gravity.html
・消火器、下着──映画「ゼロ・グラビティ」のあのシーンはアリ? 宇宙開発のプロが解説 - ITmedia ニュース
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1403/14/news118.html
・「ゼロ・グラビティ」のスピンオフムービー「Aningaaq」がネットで全編視聴可能に - GIGAZINE
http://gigazine.net/news/20131121-zero-gravity-spin-off-aningaaq/
・ゼロ・グラビティ大反省会!これは映画館で見るべき映画だよね・・・ネタバレあり : IT速報
http://blog.livedoor.jp/itsoku/archives/35659714.html
・映画『ゼロ・グラビティ』の反響がすごいことになってる…! - NAVER まとめ
http://matome.naver.jp/odai/2138665923584472001
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ねーやん

Author:ねーやん
さーせん。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。