スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

THE NEXT GENERATION パトレイバー 第3章 感想

poster2 (2)

ガンアクションとおっぱい。

人気あるのかないのかよく解らん実写シリーズ第3弾。
どのシリーズから見ても大丈夫と謳う割りに3章にしてもう、前後を章で別けちゃってるし。まあ商法展開としては解らんでもないんだが。

この3章見て改めて思ったんだけど、動いてない方のレイバーってやっぱオモチャみてーな質感だね。
パトカーとかと比べるとどうしてもチャチさが目立つ。CGだとそんなでもないんだけど。

・エピソード4「野良犬たちの午後」
軍ヲタが光る内容っぽい。
監督の辻本貴則氏は第6回ガン・アクション・ムービー・コンペティションで受賞するほどのそっち系能力者ではあるらしく、ep2でもある種の拘りを見せてはいるんだけど。

これは軍ヲタ云々とは別個なんだろうな~。
いや寧ろヲタだからこその、このチープさ加減なのか、アクションもそうなんだけど、C4やライフルの特殊的な使い方諸々が、想像のっつーか中二妄想の域を出てないっぽいんだよね。
要は詳しい人が見れば失笑レベルの演出。
主役の1人である佑馬が軍ヲタで、出てくるC4やM240について造詣を披露する場面があるんだけど、それ以降の展開と対比させる為の演出としか思えない。
つまりミリタリー要素はあくまで全体像のコメディを満たす小道具の1つであって、軍ヲタや本職を唸らせる、本格をジャンルとした話じゃないんだな、と。
いや、知らんけど。

話としてはかなり好き。
好きだけど、突っ込み所満載。
テロリストがコンビニに立て篭もるっつー話なんだけど、そも警察に見つかったっぽいからって立て篭もる必要性ゼロじゃんよ。とっとと逃げりゃいい、じゃなくても指名手配犯なのに。訳が解らない。
絶対あのコンビニでなくてはならない理由が欲しい。

上記したけどアクションも、1つ1つは面白いと言えるけど、やっぱ必然性に乏しいんだよなー。突入すんの1人だし。
格闘だってやる必要無い。カーシャがライフル以外に銃を装備していれば済む。何で?確かに特殊部隊じゃないけど、AK用意出来るんなら他も揃えられるだろし。
何故そうであるのかの説明1個も無い。

勿論、タイトルからもお察しの何かしらオマージュは散りばめられている模様なので、全部そうなのかも知れないが。

・エピソード5「大怪獣現わる 前編」
ゲストにして主役の松本圭未氏がやたら身体を張ってて(セミヌード)もうちっと若かったらなーという感想は野暮として、なんか良かった。
真野恵里菜や太田莉菜に乳見せろやとまでは言わないが、お色気を一手に引き受ける役が大御所ってのも、何かこう、これも演出?なんかのオマージュなのか。解らない。

後編見てじゃないと感想は纏まらないので、今回は、やっぱもうちっと若くておっぱいぼいんな主役が良かったと思いました。いや松本圭未さん悪くないすよ?




・THE NEXT GENERATION パトレイバー
http://patlabor-nextgeneration.com/
・THE NEXT GENERATION -パトレイバー- - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/THE_NEXT_GENERATION_-%E3%83%91%E3%83%88%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%83%90%E3%83%BC-
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ねーやん

Author:ねーやん
さーせん。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。