スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『空海 KU-KAI 美しき王妃の謎』感想とスーパーヒトシくん

空海 KU-KAI 美しき王妃の謎

う~ん・・・駄作かなぁ。
これはこれで…やと思うけど、やっぱ冒険の旅が欲しいんやろね。



=以下、まあまあネタバレです。=

正直あんまり興味無かったんだけど、オカンに誘われ鑑賞。
原作(未読)が夢枕獏だったので、エロいの入ってたら気まずいなぁと思いつつ、PGとかレイディング系表記無いのでファミリーでもいけるんかなと。
思いきや初っ端にセックスシーンあるけど。
みゆきち親分の喘ぎとか何か珍しい仕事が聞けたので、ちょっとだけお得感があった。
しかもみゆきの扮するにゃんこに誑かされる娘がキティ・チャンと言うそれがどーした。

そんでタイトルなんだけど、う~ん。
まあ空海さん一応主役なので、日本タイトルに不満は無いんだけど、逆に原題、英題に空海の文字無いんよね。意味解らん。まあええか。
原作未読やからどうにも反論出来ないけど、そもそも空海が活躍する原作の映画化やろ?ならタイトルに空海あっても問題無いと思うんよ。ちょい役って訳でもないし。そんなボロクソ言う事かなぁ。

ただ、チケットにも「にゃんこ物語」みたいなの書かれてるので、ポスターの「美しき王妃の謎」と見比べて「今から見るの違う映画じゃないよね?まさか」とか不安はいっぱいだった。

タイトル詐欺だの予告詐欺だの結構言われてるし、ウチのオカンも「てっきり空海が色んなとこ回って冒険する話やと思ってた」とか見終わった後言ってて、この感想書くにあたって、このタイトルとポスターと予告から何故そんな期待が出てくるんや?と不思議だったのだけれど。
ぐぐったら納得。

これや。


『日立 世界ふしぎ発見!超人 空海 唐留学の謎に迫る!』
こんなん公開日にやってたんか……。


不思議発見あるあるやなw

で、阿部寛、出て来ないのかと思った。

内容に関しては、これもう~ん。少なくともミステリとして見ると確かに解り辛い箇所があるかなと。
特に人物配置とか中国史に明るくないと中々キツイ。
謎解きそのものは大して難しくも無く、その為いまいち解答のカタルシスも薄いんだけど、何よりCGが至る所で活躍するので、どれが本物でどれが幻術なのかマジで解り辛く、ミステリ部分どうでも良くなっちゃうかも。

吹き替えに関しては、無問題。
字幕で見たいとか猛者見かけるけど、セリフとかすげぇ多いから、ただでさえ理解に難儀するのに、余計しんどくなりかねなくね?別枠でってことかな。
確かに吹き替えしか無いのはどうかとも思う。

あとカメラワークが気になった。なんか酔う。下手か。




・映画『空海-KU-KAI-美しき王妃の謎』公式サイト 2018年2月24日(土)ロードショー
http://ku-kai-movie.jp/
・空海-KU-KAI- 美しき王妃の謎 - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A9%BA%E6%B5%B7-KU-KAI-_%E7%BE%8E%E3%81%97%E3%81%8D%E7%8E%8B%E5%A6%83%E3%81%AE%E8%AC%8E

・バックナンバー|TBSテレビ:日立 世界ふしぎ発見!
http://www.tbs.co.jp/f-hakken/bknm/20180224/p_1.html
・『世界ふしぎ発見』第1466回 超人「空海」 唐留学の謎に迫る!百田夏菜子大正解! | まとめまとめ
http://matomame.jp/user/nagisa/1c43dcfd35ad2cc0dd63
・弘法大師・空海の生涯、唐留学の謎に迫る! 日本に持ち帰った意外なものとは? 「世界ふしぎ発見!」 - music.jpニュース
http://music-book.jp/music/news/news/176976

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

劇場版アニメ『ノーゲーム・ノーライフ ゼロ』感想

ノーゲーム・ノーライフ ゼロ
腕力で捻じ伏せて来る映画としては嫌いじゃない方だった。

アニ豚様専用映画。
それは前提なんだけどやっぱ納得出来ない箇所が多々ある。

つかポスター、どんなレベルのエグさしとんねん。

TVで慣れていた筈なのにキモイ。要所要所でこれでもかとキモイ。鬼キモイ。ゲロキモイ。クソキモイ。
一旦視聴ストップして「ん゙ん゙ん゙ん゙ん゙ん゙ん゙ん゙~!!」ってなる。
TV放映も遥か過去なので大分忘れてしまったって事だろうか、そこそこ面白かったと記憶しているんだが。少なくとも私は最終回まで見ている。
何故こんなにも耐えられないのか。絶対に無いがこれがもし映画館での鑑賞だったら私は全身汗だくになって失神していただろう。

主人公がロリっ子にプロポーズするとこ、マジで驚愕したからね。
ドン引きなんですけど。


マジでなに?アレ?なんで急にプロポーズしてんの?間すっ飛ばし過ぎでしょ?バーカーなーのー?
出会った瞬間から主人公がロリに惚れてたなら長い片思いが実ったとも言えるけど、ああもうこれただの好みの問題だな。オレが無理なだけか。ペドとか虫唾が走る。

TVでも色々納得出来ない展開あった気がするけど、この映画でもそれがてんこ盛り。
ほんとこの手の主人公補正チートファンタジーって、苦労とか努力とかのバランスおかしいんだよな。

っつか主人公てマジでロリと出会うまで何にもしてなかったん?
48人殺したとかってマジで自分がリーダーだから生き延びる為だけに殺してるやん。マジやん。この辺、もうちょっと何かレジスタンスな活動してるとこ欲しい。
もしくは過去に死ぬほど頑張ったけど駄目だった系のやつ。全部試して全部駄目で夢も希望も無いって全滅ルートしか無いって知っちゃって内心絶望してんだけど、仲間の為にリストラ隠して公園で時間潰すお父さんみたいなさー。
その解釈で合ってる?すげぇ解りづれぇ。

ロリもロリで、終戦出来得る情報持ってて、何で今まで使わなかったん?こっちも出会った瞬間に一目惚れみてーのしてて、そんでいつか主人公に使って貰おうと秘匿し続けてきたとか?
ロリグループだけじゃどうしようもない情報だったとか?細部が解らんのよね。まあ使おうにも感知されちゃって云々があるのかな。

あとエルフのシーン、マジで嫌い。TVの時もそうだったけど、一ミリも意味の無い、裏の裏の裏の裏の裏を読んでました系。寒過ぎるわ。ホンマきもい。なんなんあれ。
単に「知ってました」を後から言うだけやからクソしかないやん。完璧な後出しジャンケンなんぞドヤ顔で見せられても困んねん。ちゃんと読み合ってくんねーかなー。雑過ぎてもう堪らんわ。

ただまあ、何だ。
同じアニ豚専用アニメとしてはSAOと比べファン層が大人ではある。自分や作品のジャンルをちゃんと把握している点は、その質として評価出来るっつーかSAOの方が異常なのか。
色々ぐぐってみたけど「一般人でも絶対泣ける」とか無茶な感想は一切無かった気がする。

で、その泣ける部分だけども。

ラストで強引に持ってかれる。
泣かせる為だけに揃えたキャラ設定や配置なのが、どこまでノイズに感じるかで変わると思うけれど、好きな人は泣ける。間違いなく。
良いシーンが特に後半沢山あった。
ロリが決死で天使に挑む作劇は、そこにいくまでも含め脚本的にかなりの力技なのだが、演出としてのアクションシークエンスが素晴らしいので文句が出ない。
主人公が「こんなもん引き分けじゃねぇ」と嘆き、姉が偉業を達成したのに悔しいと泣くシーンも、一貫したテーマを終始描ききっているこのアニメだから、その感動にシンクロする訳だ。

正直、脚本は穴だらけだと思う。
しかしその細かい矛盾や主人公補正をそれでも腕力だけで畳んだ構成は見事だと思う。

同じような、ロボ子と人間の恋愛を無理矢理描いた『プラスティック・メモリーズ』がただの歪だったのに対し、こちらもやっぱ豪腕だとしても「何故これをしないのか」の部分が決定的に違う。(こっちは細部だが、向こうは軸)

あと、いくつかの感想でも挙がっていたけど、劇中に終始出て来るチェスが主人公周りを暗喩(っつーかそのまま)してて、あまりにもまんま過ぎるけど2回目以降の鑑賞時に注意すると新しく何か解るかも知れない。




・映画『ノーゲーム・ノーライフ ゼロ』 オフィシャルサイト
http://ngnl.jp/
・ノーゲーム・ノーライフ - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%82%B2%E3%83%BC%E3%83%A0%E3%83%BB%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%95

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

劇場版アニメ『夜明け告げるルーのうた』感想

夜明け告げるルーのうた
良作だけどポストジブリから脱却出来ていない。

別に湯浅監督がポストジブリを担う人材やまたそれらを期待される人では無い事は自明の理であり、私もよく知っているつもり。
そしてこの映画もまたそれを直球で狙ったものでは無いだろうとも思う。


=以下、恐らくネタバレです。=

それでもポスターの段階からジブリ臭が酷く、内容や演出面もまた擬似ジブリと目されるシーンが多々あった。
勿論それは悪い事ではないが、ただでさえポニョの影がチラつくテーマで、あの演出(パパ登場シーンとかさー)は避けようが無かったのだろうか?
じゃあ、あれはわざとであるとしてアンチテーゼなのかアンサーなのか、もしくはオマージュなのか解らない。
こちらはそれらが全く解らないから素直に「すげぇジブリっぽい」と思うしかない。これはマイナスなんじゃないの?大丈夫?パクリとか騒がれない?

まあ、いいや。

作画や動画は特にアクションっつーかダンスシーンは湯浅節全開(脚本は良く解らない)のでその辺を期待する人は、満足出来るのでは。

ある種、湯浅監督にしては珍しい、キッズ・ファミリー向けな映画だけあって、ミスリードも解り易く風呂敷を畳むストーリーテリングは、見事な領域。

ただ、2点。気になった。
1つは人魚に恨みを持っていた(勘違いからの逆恨みだが)あの2人ね。
最後は多分救われたとして、結構エグ目の仕打ちじゃね?
婆さんも言ってたけど、早いとこ事情説明に来いよ!w遅ぇよ!
何で今まで来なかったのか一切説明無いので、そこは欲しい。低レベルの人魚は深夜でもお陰岩から出るのしんどいとかさ。あったかなぁ?
ジジィのカーチャンは何度か会いに行ってるっぽい描写あったけどね。何でか化物ルックだったんでジジィに認識されてなかったっぽいけど。それも不自然だよなー。
可哀想過ぎるんだよねあの2人がさー。どーとでもなっただろうに。

もう1つは、最後の人魚消失シーン。
一応、直前に神主?(坊さん?)がセリフで予言説明してたけど、雑過ぎでしょ。
結局何であんな急に全部消えたのか解らんし、戻って来ない理由も不明。最後のは良く解らんしな。

めっちゃ盛り上がってた所、一瞬で消える流れとかかなり好きなだけに、何か勿体無い。
は?何?ってなるのは画面のキャラたちとシンクロするから瞬間的には最高なんだけど。脚本的にはあの訳解らん按配が丁度良いのかなぁ。

あ、もう1つあった。
人魚じゃないよね?アレ。
あまり詳しくないので人魚系にヴァンパイアな属性があるのかどうか知らんけど、日光に弱いとか噛むと眷属化とか完全にヴァンパイアなんだが、その辺の類似性とかも何の説明も無いし、気になった。
元ネタがヴァンパイアなだけで、特別意味は無いんだろうけれど。

あと、これはこの映画を感想・評価する人間なら絶対書かねばいかんのだが、伊佐木パイセンとフグ田くんの公園ベロチューが無駄にエロかった

歌は別に普通だった。
それが良い部分なんだろうけど微妙に下手っつーか普通な人が歌う感じなので、なんだろう。所謂演出なんだよな。いや多分それが良いんだよ?
でも同じく演出込みの素人っぽいパートで「恋の歌」目的でサントラすら買った『たまこラブストーリー』と比べると、弱い。

つーかキックハートの続編はよ。




・映画『夜明け告げるルーのうた』公式サイト
http://lunouta.com/
・夜明け告げるルーのうた - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%9C%E6%98%8E%E3%81%91%E5%91%8A%E3%81%92%E3%82%8B%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%81%AE%E3%81%86%E3%81%9F

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

『新宿スワンⅡ』感想

変換 ~ 新宿スワンⅡ
普通のアウトロー物としての面白さ。

三池監督は二人も要らないと思うのだが、業界がそれを求めてそう成らざるを得ないのか、好きだからやってるのか、二人どころか足りてないのか解らない。
要するにこの手の商業娯楽ケンカ映画は、それも日本映画としてそこそこA級規模のバジェットで造るとなると、こういった器用性が求められるんだろうなとは思う。
ぶっちゃけ品川監督がこの辺を埋めれば良いのにとか思うんだけど、あの人は変な向上心が強いから無理なのかな。器用だしこの手の映画向いてると思うんだけどな。


=以下、ネタバレかもです。=

前作よりは舞台が広がってて、狭苦しく感じないのは凄く良かった。
役者も良かったし、アクションも良かった。突出してどうってのはないけど、悪い点も無かった感じ。

良くも悪くも超普通。面白かったんだけどね。
浅野氏が出てるだけで画面が映画っぽいので、この辺は映画として消費するに足りてる部分。劇場インする価値はあるっつーか。

で、普通に面白かった故の不満点が結構ある。
キャラ、バイレンス、エログロ、そのどれもが健全であんまりアウトローしてない点。
強いて言えば暴力はそこそこだったと思うけど、みんな良い子ちゃん過ぎない?原作からそうなのかな。
まあ敵側のボス浅野くんからして実は良い子だから、しゃーねーっちゃしゃーねーんだけど、部下は部下で無茶するけど上を尊敬してる系だし。
やーさんもやーさんで、そこまでクソじゃねぇし。
一応、シャブ関連もあったけど、ただの自業自得だし、唯一金子くんが不穏な空気でミスリードかましてたけど、見え見え過ぎる上に、やっぱ何も無いし。
特にエロがね。何でエロ一個も無いんよ。つか山田さんどうなったの?ちゃんとセックスしたの?

脚本の不備については、何をか言わんや。
こういったバカ娯楽映画が初めての人は、さぞ面食らった事だろうが、こんなの普通。いや私が麻痺してるだけだけども。

ちゃんとしたものを求めて、特に映画としてきっちりしたものをって人には向かないし、そも見ちゃ駄目。
ドラマでよくあるバカで下らない整合性の欠片も無い、謎と不思議、そして欠陥脚本だらけの物語。

今更、何でこんなもん面白いと思っちゃったんだろうって感じてきたけど。
まあ適当に書くブログはこんなもんだ。




映画『新宿スワンⅡ』公式サイト
http://ss-2.jp/
・新宿スワン - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%B0%E5%AE%BF%E3%82%B9%E3%83%AF%E3%83%B3

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

『マイティ・ソー バトルロイヤル』感想と『梟の城』とツェッペリン

マイティ・ソー バトルロイヤル
こんなキャラやったっけ。。。

いや全然面白かったけどね。
監督とかも初耳で、コメディ畑の人らしいけど、よくこんな脚本で通ったな。

前2作のソーが、どんなキャラだったのか思い出せなくなる程、ジョークを言いまくる彼。
多分バランス的にやり過ぎだと思うくらいギャグ要素が入ってんだけど、段々それを期待しちゃう感じになる。私は好き。
これがマイティ・ソー最終回なんだから、ぶっ飛んでる。頭可笑しいw

キャラの活躍のバランスも良くて、ここで変に出しゃばられたら嫌だなって所とか、コイツが無駄に無双したら嫌だなって所も、いい感じにブレーキ効いてるっつーか。

ただ、既存キャラの扱いが、ギャグと同じで雑だったんよねw
オーディン父さんとか助けに行ったらサラ~って消えるし。え?あれ死んでるん?みたいな。マジで良く解らん最期w
ソーの友達4人もさー、瞬殺てwww
ヘラが有り得んくらい強いのは解るんだけど、出て来た瞬間くらいに殺されてさー。ギャラ関係?忙しくて2秒くらいしか出演出来ませんとか?うーん。
一応、浅野くんだけちょっと頑張るけど、態々日本から呼んどいて2秒で殺されますじゃああんまりだな~つって出番増えたとかかな。。。
ま、結局さくっと殺されるんだけどね。
で、確か女の子も1人いた筈なんだけど、出てない。いつの間にか有象無象と一緒くたにSATSUGAIされたって事か?とか思ってたら、役者が忙しくてそっち系らしく、キャラはあの場にはいなかったらしい、と。以後出るのか不明。
ナタリー・ポートマンとも知らん間に破局してるしね。
映画は面白かっただけに、この辺が残念。

あと、ツェッペリンの移民の歌が流れるんだけれど、町山さんのラジオで「ジミー・ペイジはウルトラケチだからなかなか音楽を使わせない」とか言ってて、え?!って。

引用(町山智浩)レッド・ツェッペリンはギタリストのジミー・ペイジというウルトラケチ人間がいまして。(中略)なかなか音楽を使わせないんですよ。
特にこの『移民の歌』とか『胸いっぱいの愛を』とか『天国の階段』とかヒット曲は使わせないんですよ。
-町山智浩『マイティ・ソー バトルロイヤル』を語る-


いやいやいや、記憶が確かなら『梟の城』で使って無かったっけ?とか思い出して。

~梟の城で移民の歌を聴いたような気がする人々~
・映画「梟の城」のネタバレご容赦のあらすじと感想 - summersunday’s blog
http://www.summersunday.net/entry/fukurounoshiro
・曲名を教えて下さい(>人<)。以前『梟の城』(中井貴一さん出... - Yahoo!知恵袋
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1042072040
・映画「梟の城」のサウンド - BIGLOBEなんでも相談室
https://soudan1.biglobe.ne.jp/qa287264.html
・804. 御法度(99)/梟の城(99)|同世代名画館DX
https://ameblo.jp/koji1917/entry-11169559828.html
・キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!! | ふたばちゃん保管庫
https://futabahokanko.com/thread/img/b/res/448240597.htm
・B級映画の要素として・冒 - 二次元裏img@ふたばログ保管庫 いもげばこ
http://imgbako.com/204206752.htm
・アベンジャーズ AVENGERS マーベル・シネマティック・ユニバース MCU 176 [無断転載禁止]©2ch.net
https://mint.5ch.net/test/read.cgi/cinema/1490767856/

で、その予告CM。

間違いなく移民の歌やけど、違うwww

そういえば昔『梟の城』の予告で「移民の歌」そっくりの曲が使われたけど、結局劇中では使われてなかった。
-古くさいぞ私の音楽の趣味は。 - 唐沢俊一検証blog-


カバー?サンプリング?
一応、布袋くんが98年に「SUPERSONIC GENERATION」でカバーしてんのよ。梟の城は99年公開。
タイミング的にこれか?とか思って聞いてみたけどこれも全然違う。

じゃあなんなんよこの曲ww
wikipediaとかには何の記載も無い。
もしかもしか「Ride The Sky」の方か?と聞いてみるもやっぱ違うし。

で、ぐぐる。

テーマ曲がツェッペリンの移民の歌だと思ってたらただの盛大なパクりだったって知って驚いた気持ちが蘇りました。
-梟の城 inuさんの感想 - 読書メーター-

チョイ昔の映画『梟の城(ふくろうのしろ)』のTVCMで流れた、レッド・ツェッペリン『移民の歌』パクリ曲を聞いた時思い出すなあ。
-ヒネッテユート・カフェ:So-net blog-

988 :名無シネマ@上映中 (ワッチョイ 3b62-ns+n):2017/04/13(木) 00:22:41.62 ID:Zg0Zjyp80
>>774
梟の城の予告編に使われたのは移民の歌じゃなくて謎のパクリ曲だぞ?
-アベンジャーズ AVENGERS マーベル・シネマティック・ユニバース MCU 176 [無断転載禁止]©2ch.net-

同じく予告で使用されている「あぁぁ~あ~」という箇所ですが、映画会社によると予告用のオリジナル曲とのことです。
-梟の城 (1999) ≪ 音楽 映画 ≪ サントラ.jp-



ただのパクリかい!



・マイティ・ソー バトルロイヤル|ブルーレイ・DVD・デジタル配信|マーベル公式|Marvel
http://marvel.disney.co.jp/movie/thor-br.html
・マイティ・ソー バトルロイヤル - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%BB%E3%82%BD%E3%83%BC_%E3%83%90%E3%83%88%E3%83%AB%E3%83%AD%E3%82%A4%E3%83%A4%E3%83%AB

・移民の歌 - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A7%BB%E6%B0%91%E3%81%AE%E6%AD%8C
・梟の城 - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A2%9F%E3%81%AE%E5%9F%8E

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

プロフィール

ねーやん

Author:ねーやん
さーせん。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。